企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

職場のモヤモヤ解決図鑑
【第3回】新卒採用の面接官を任されたけれど、若手には荷が重い……

職場のモヤモヤ解決図鑑

自分のことだけ集中したくても、そうはいかないのが社会人。昔思い描いていた理想の社会人像より、ずいぶんあくせくしてない? 働き方や人間関係に悩む皆さまに、問題解決のヒントをお送りします!

漫画:新卒採用の面接官を任されたけれど、若手には荷が重い……
志田 徹(しだ とおる)
志田 徹(しだ とおる)
都内メーカー勤務の35才。営業主任で夏樹の上司。頼りないが根は真面目。口癖は「う~ん…(無言)」
児玉 夏樹(こだま なつき)
児玉 夏樹(こだま なつき)
社会人3年目の25才。志田の部下。ネットとサブカルが好き。仕事はビジネスライクにこなす。

いきなり新卒採用の面接官を依頼されてしまった児玉さん。志田さんは「人事も一緒だし大丈夫」と言っていますが、児玉さんは不安をぬぐい切れないようです。突然履歴書を渡されても、どんな立場で読んだらいいか迷ってしまいますよね。児玉さんが安心して面接当日を迎えられるよう、面接官に求められる役割を考えてみましょう。

面接の目的って?

面接とは、企業が求める人物を探す場であるだけではなく、企業の魅力を応募者に伝える場でもあります。応募者への質問を繰り返しながらマッチングを図るのが、面接の主な目的です。

そのなかで面接官に求められるのは、「見極め」と「口説き」です。

見極めで自社が求めている人物かを探る

見極めとは、目の前の応募者が「欲しい人材像」にマッチしているかどうかを判断することです。質問に対する応募者の回答を掘り下げ、人柄や適性を探ります。「一般常識はあるか」といった基本的な事柄から、企業文化に沿った「挑戦心」「自立志向」といった適性の確認、各部署に求められる「専攻分野での取り組み」「営業向きの行動力」などを判断します。

口説きは志望度を上げるために不可欠

口説きは、応募者の不安を取り除き、自社への志望度を高めさせる行為です。このとき気をつけたいのが、一方的に会社の魅力を伝えるだけでは不十分であること。応募者が企業・仕事に求めることに合わせた、適切な情報を伝える必要があります。

見極めと口説き、どちらも面接官の大切な役割ですが、見極めは面接の初期段階で、口説きは最終段階に近づくほど重要性が増す傾向にあります。また、見極めの役割は面接に参加するすべての社員・人事に求められるのに対して、高度なコミュニケーション術を必要とする口説きは、多くの場合、部門の上長や人事部長がその役割を担います。

人事は私に何を求めているの?~自分の役割を確認しよう

面接官を依頼されたら、まずは人事や上司など依頼してきた人に「なにを期待しているか」を聞いてみましょう。若手社員が新卒採用の面接に加わる場合、児玉さんのように、応募者に近い立場からの見極めを求められるケースが多いようです。

場合によっては、「若手社員の仕事内容を伝えてほしい」「仕事のエピソードを話してほしい」とサポートの役割で呼ばれることもあります。その場合、事前に「今の仕事内容」「仕事のやりがい」「苦労したこと」などを整理しておくと面接の質疑応答がスムーズに進みます。

求める人物像を確認する

もう一つ大切なことは、あらかじめ人事に「会社の求める人物像」を確認することです。自発的に行動できる、協調性が高いなど、応募者に求める要素は部署や職種によっても異なります。

細かく要件を定めていることもあれば、「一緒に働きたいと感じる応募者を教えて」と言われることもあるでしょう。応募者をこの先一緒に働く可能性のある仲間として見るのも、採用の「見極め」の一つの方法です。

いざ面接!何をしたらいいんだろう?

基本的な面接の流れ

まずは基本的な面接の流れを確認してみましょう。

  • アイスブレイク
  • 応募者の自己PR
  • 自己PRや履歴書に基づいた企業からの質問
  • 応募者の回答を基に、求める人物像に合わせて話を深堀り
  • 応募者から企業への質問
  • 企業から応募者へ、合否連絡のタイミングや選考の流れを連絡

学生の緊張をほぐすためにも、面接冒頭で流れを説明するといいでしょう。また、面接官が複数人いる場合は、誰が進行役となるのかを事前に確認しておきます。

面接では聴く姿勢を大切に

面接の際は、応募者の会話を遮らず、聴く姿勢を持ちましょう。相手が委縮しない雰囲気をつくることが大切です。また、答えにくい質問を受けてもごまかさず、正直に事実を伝えることが応募者からの信頼感を得ることにつながります。

若手といっても、応募者からすれば企業の立派な一員です。落ち着いて会話に向き合いましょう。

【まとめ】
  • 面接の本質は、応募者と企業をマッチングさせる「見極め」と「口説き」
  • 面接の前に、自分の役割、そして自社の求める人物像を確認しよう
  • 面接本番では、応募者の緊張を和らげるために冒頭で流れを説明しよう
  • 面接は、聴く姿勢をもって真摯に対応しよう

後編では、応募者の人柄や適性を引き出す上手な質問についてご紹介します。

あわせて読みたい記事

参考書籍

「最高の人材」が入社する 採用の絶対ルール(著 : 釘崎清秀+伊達洋駆)
「最高の人材」が入社する 採用の絶対ルール
著者 : 釘崎清秀+伊達洋駆
出版社 : ナツメ社
編集部コメント : 初めて採用に関わる人でも、面接の本質をわかりやすく理解できる入門書。「面接でありがちな印象の悪い質問」「見直すべき面接シート例」なども収録しています。
「聴く」技術が人間関係を決める(著 : 宮城まり子)
「聴く」技術が人間関係を決める
著者 : 宮城まり子
出版社 : 永岡書店
編集部コメント : 「聴く」を易しく教えてくれます。あいづちの打ち方や、相手の言葉を引き出す質問の仕方も掲載。
採用学(著 : 服部泰宏)
採用学
著者 : 服部泰宏
出版社 : 新潮社
編集部コメント : 採用を学びたい人の定番!面接をきっかけに関心を持った方は、ぜひ手に取ってみてください。
ワーク・ルールズ!(著 : ラズロ・ボック、訳 : 鬼澤忍、矢羽野薫)
ワーク・ルールズ!
著者 : ラズロ・ボック、訳 : 鬼澤忍、矢羽野薫
出版社: 東洋経済新報社
編集部コメント : 最後は採用に限らない幅広い内容の1冊。世界最先端、Googleの人事について紹介しています。

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です
  • 参考になった0
  • 共感できる0
  • 実践したい1
  • 考えさせられる0
  • 理解しやすい2
オススメ3
最新順 | 人気順 | 古い順
キングペンギンさんが理解しやすいでオススメしました
東京都 HRビジネス 2020/05/29

 

*****さんが実践したいでオススメしました
東京都 情報サービス・インターネット関連 2020/05/28

 

*****さんが理解しやすいでオススメしました
東京都 情報処理・ソフトウェア 2020/05/19

 

3件中 1~3件を表示
  • 1

編集部注目レポートのバックナンバー

カギは「企業の繁栄」と「労働者の幸せ」の両立
組織の強みを引き出す、法との向き合い方
慢性的な長時間労働に歯止めをかける時間外労働の上限規制、雇用形態によらず仕事内容に見合う待遇を設ける同一労働同一賃金、そして、企業が職場のパワーハラスメント防止...
2020/07/08掲載
有賀 誠のHRシャウト! 人事部長は“Rock & Roll”
【第6回】人事部とリーダーシップ(その2):リーダーの役割
さまざまな課題を抱える、人事部長。常に明るく元気に突き進んでいくにはどうすればいいのか? さまざまな企業で人事の要職を務めてきた有賀誠氏が、課題解決のためのヒン...
2020/07/06掲載
タナケン教授の「プロティアン・キャリア」ゼミ【第8回】
ウィズコロナのいま、求められるキャリア開発支援とは?
令和という新時代。かつてないほどに変化が求められる時代に、私たちはどこに向かって、いかに歩んでいけばいいのでしょうか。これからの<私>のキャリア形成と、人事とい...
2020/06/22掲載

関連する記事

新卒採用の裁量には「人事部門の計画」が最も影響する
『日本の人事部 人事白書2020』から、採用に影響を与える要素の調査結果を紹介します。
2020/07/07掲載人事白書 調査レポート
職場のモヤモヤ解決図鑑【第4回】
新卒採用面接、応募者に何を聞けばいいのかわからない
自分のことだけ集中したくても、そうはいかないのが社会人。昔思い描いていた理想の社会人像より、ずいぶんあくせくしてない? 働き方や人間関係に悩む皆さまに、問題解決...
2020/06/02掲載編集部注目レポート
株式会社村田製作所:
応募者の入社意欲や面接満足度をどう高めればいいのか
テクノロジーで採用面接のコミュニケーションを“見える化”した村田製作所の取り組み
人材の採用難が深刻化する中、採用力強化に直結する「面接力の向上」を課題とする企業は少なくありません。しかし、面接官と応募者が閉じられた空間で対面し、定性的なレビ...
2020/02/25掲載となりの人事部
酒場学習論【第4回】八戸の洋酒喫茶「プリンス」とエンゲージメント、リファラル採用
いかにも入りにくい外見の酒場に意を決して入り、そこが本当に“酔い”酒場だったとき、酒呑みとして最高の幸福感に包まれます。この店もそうでした。初めて訪れた街、八戸...
2020/01/22掲載編集部注目レポート
配属先を意識して選考を行っている企業ほど、社員の活躍割合が高い
人事担当者に「新卒の選考に際して、入社後の配属を意識しているか」「入社後の活躍割合」を聞いた。それらの相関関係を探ると、配属先を意識して選考を行っている企業ほど...
2019/07/26掲載人事白書 調査レポート

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

記事アクセスランキング

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


ウィズコロナ時代の働き方改革<br />
デジタルシフトで変わる!店舗が実施した非対面の人材開発、職場コミュニケーションとは

ウィズコロナ時代の働き方改革
デジタルシフトで変わる!店舗が実施した非対面の人材開発、職場コミュニケーションとは

新型コロナウイルスの感染拡大は、店舗事業者に甚大な影響をもたらした。さ...


ピンチをチャンスに。<br />
新型コロナウイルス対策を機に中小企業も時代を見据えた働き方へ

ピンチをチャンスに。
新型コロナウイルス対策を機に中小企業も時代を見据えた働き方へ

働き方改革が進むなか、2020年4月から施行された中小企業の時間外労働...