企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

Report

インターンシップで優秀な学生に出会ったら、多くの企業が「個人的な関係を維持し、継続的にアプローチする」と回答
~ 「2016年卒採用」を見据えた、インターンシップの取り組み状況を調査 ~
2014/10/10

『日本の人事部』では、全国のビジネスパーソン(経営者、管理職、人事担当者 など)に対して「インターンシップ」に関するWEBアンケートを実施し、その結果をまとめました。 (調査期間:2014年8月4日~8月17日、回答社数:230社)
2016年卒の新卒採用から、日本経済団体連合会(経団連)の「採用選考の指針」に基づき、「広報開始」が2015年の3月以降、「選考開始」が8月以降に後ろ倒しになります。従来より3ヵ月後ろ倒しされることで、企業の採用活動にも大きな影響が及ぶことが予想されますが、企業は「インターンシップ」の実施についてどのように考えているのでしょうか。「今年、大学3年生(大学院1年生)を対象としたインターンシップを行うかどうか」のほか、「今年のインターンシップの目的」「インターンシップで会った学生の中に優秀な方がいた場合のフォロー」「インターンシップ後の学生へのアプローチ方法」について、『日本の人事部』読者にうかがいました。

今年、大学3年生(大学院1年生)を対象にインターンシップを行う企業は54.8%

「今年大学3年生(大学院1年生)を対象としたインターンシップを行うかどうか」という質問に対する回答は、「行う」(54.3%)が最も多く、次いで「行わない」(22.3%)、「未定」(23.4%)という結果になりました(図表1)。行わない理由として多かったのは「マンパワーが不足しているため、学生をケアする余裕がない」や、「プログラムを考えるための時間がない」など。インターンシップの有効性は認識しながらも、そのために時間を割くことが難しい企業の実情が明らかになりました。

■図表1 インターンシップの実施状況
図表1 インターンシップの実施状況

多くの企業がインターンシップを重要な“選考プロセス”として認識

「今年インターンシップを行う目的」について聞いたたところ、「会社の認知度を上げるため」(40.5%)との回答が最も多く、以下、「自分が求めるタイプの学生を見つけるため」(21.4%)、「大学との連携を強化するため」(19.0%)と続きます(図表2)。インターンシップを、重要な「選考プロセス」の一つとして考えている企業が多いことがわかります。

■図表2 インターンシップの目的は何か
図表2 インターンシップの目的は何か

インターンシップの選考では、スペックや属性よりも「やる気」「意欲」を重視

「インターンシップの選考で最も重視するもの」という質問に対しては、「本人のやる気、意欲」(31.7%)、「特に重視するものはない」(19.5%)という回答が上位になりました(図表3)。細かいスペックや属性を重視するのではなく、実際に会って本人のやる気や意欲を確認した上で、結論を出す企業が多いことが分かります。実際、ご回答いただいた方からは「多くの学生と出会いたいので、あまりフィルターはかけたくない」「弊社との相性を見極めた上で判断したい」などの声が多く聞かれました。

■図表3 インターンシップの選考で最も重視するもの
図表3 インターンシップの選考で最も重視するもの

「個人的な関係」を維持することで、優秀な人材に継続してアプローチ

「インターンシップで会った学生の中に優秀な人材がいた場合、フォロー(働きかけ)で最も重要なもの」という問いに対しては、「個別面談(接触)の機会を設ける」(23.8%)、「受け入れ部門の担当者が個人的に関係を維持する」(21.4%)、「インターンシップの内容(結果)をフィードバックする」(21.4%)、「交流会を実施する」(19.0%)、「人事担当者が個人的に関係を維持する」(7.1%)などが上位を占めました(図表4)。インターンシップを通じて出会った優秀な学生に対しては、「個人的な関係の維持」を中心に、戦略的にアプローチしていることがわかります。

■図表4 学生へのアプローチ方法
図表3 学生へのアプローチ方法

回答結果はこちら→  http://jinjibu.jp/special/enq.php?fid=NJ-2014b

【調査概要】
調査対象  :全国のビジネスパーソン(経営者、管理職、人事担当者 など)
調査期間  :2014年8月4日~8月17日
調査方法  :WEBアンケートによる回収
有効回答社数:230社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事にコメントする

この記事に対するご意見・ご感想のコメントをご投稿ください。
※コメントの投稿をするにはログインが必要です。

※コメントのほか、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)がサイト上に公開されます。

※投稿をしたコメントは、『日本の人事部』事務局で確認後、掲載されます。投稿後すぐには掲載されませんので予めご了承ください。

編集部注目レポートのバックナンバー

「休み方」をどう考える?――年次有給休暇を中心に
働き方改革関連法によって年5日の有給休暇取得が義務付けられたことで、「休むこと」に大きな注目が集まっています。 休み方に関しては、「企業が用意する制度」と「従...
2019/11/06掲載
「酒場学習論」第1回
赤羽「まるます家」と酒場での学び
古今東西、人は酒場で育てられてきました。上司に悩み事を相談した場末の酒場、仕事を振り返りつつ一人で呑んだあのカウンター。あなたにもそんな記憶がありませんか。株式...
2019/10/25掲載
「パワハラ防止法」だけじゃない 2019年前半ハラスメントの注目情報
2019年5月にハラスメントに関する法改正が行われ、「パワハラ防止法」が成立。『日本の人事部』では、2019年前半の「ハラスメント」に関するトピックをピックアッ...
2019/08/01掲載

関連する記事

インターンシップを効果的に実施するポイントと
外部ソリューション活用のヒント
新卒採用の成否を握る重要ポイントになりつつあるインターンシップについて、効果的な実施方法をまとめました。メリットを確認するとともに、種類や取り組み事例、外部サー...
2019/06/12掲載人事支援サービスの傾向と選び方
47%の企業が「1Dayインターンシップ」を実施。「実際に社員が行っている業務を体験させる」企業は少数
インターンシップについて、「実施している」と回答したのは51.8%。「現在は実施していないが今後実施予定」(18.5%)と合わせると、8割近い数値となった。特に...
2018/07/12掲載人事白書 調査レポート
“未来の自分が働く姿”を体感したい学生たち
~リブセンス「インターンシップアワード」から見えてきた最新トレンド
今では就活生の3分の1が利用するまでに成長した、リブセンスの「就活会議」。企業別の就活レポートは、学生から見た企業のリアルな姿や採用の様子がわかると、就活生の人...
2018/06/04掲載注目の記事
ダレのための解禁日なのか?
毎年学生と企業を悩ます新卒採用の「解禁日」。解禁日を厳守している企業は年々減少し、形骸化が進む今、「解禁日」は本当に必要なのでしょうか。「解禁日」に関する調査結...
2018/04/09掲載新卒・パート/アルバイト調査
学生と企業それぞれが考える
「インターンシップ」の乖離をなくしたい
「学生が選ぶインターンシップアワード」に込められた想い、
実現したい世界観とは
売り手市場と言われる、近年の新卒採用。企業・学生ともに、短いスケジュールのなかで行動しなければならず、苦労も多いのではないでしょうか。そこで、このところ注目され...
2017/12/28掲載編集部注目レポート
次世代リーダー育成特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

研修費ゼロの人材育成 3,650社が活用!業界唯一の統合型eラーニング

記事アクセスランキング

注目コンテンツ


次世代リーダー育成特集

さまざまな取り組み方がある「リーダーシップ育成」について手法や外部ソリューションをご紹介します。
コンテンツトップバナー


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


グローバルビジネスの“インフラ”を守る!<br />
 米国ビザ取得をアウトソーシングするメリットとは?

グローバルビジネスの“インフラ”を守る!
米国ビザ取得をアウトソーシングするメリットとは?

取得に多大な労力を要すると言われる米国ビザ。
なぜ取得が難しいのでしょ...