無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

既に会員の方は
こちらからログイン

ログイン

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

【ヨミ】ワークプレースメント ワークプレースメント

「ワークプレースメント」(Work Placement)とは“就労体験型学生派遣”のことで、企業が在学中の学生を一定期間、派遣社員として有償で受け入れ、学生のキャリアにつながる就労の場を提供するしくみを指します。インターンシップと違って報酬を受けとることができる上、通常のアルバイトでは経験できない実践的な職場体験が得られるため、学生の就業力の養成にも有効と期待されています。
(2012/7/30掲載)

ワークプレースメントのケーススタディ

実践的な職場体験で学生の就業力を養成
企業も採用時のミスマッチ解消に期待

ワークプレースメント」という用語や制度そのものは、イギリスに端を発します。同国では一般的に、大学生などが在学期間中に企業や公共機関で職業経験を積むことをワークプレースメントと呼んでいます。日本で同義に使われるインターンシップという言葉は、法律家や医師など高度な専門性を持つプロフェッショナルの“見習い”を意味し、用語として区別されるのが普通です。

そもそもイギリスにおけるワークプレースメントは、1970年代に大卒者の就職状況が悪化したことを受けて導入されました。教育機関が企業と連携しながら学生の就業力の向上に取り組むしくみとして、主に理工学系や語学系の大学で制度化され、普及・定着しています。実施にあたっては、まず2年間大学で学業に専念し、次の1年間は企業での実習に充て、最後の1年は再び大学で学ぶというような“サンドイッチ方式”で行われることが多く、1年程度の長期にわたるのが伝統的なワークプレースメントの特徴です。しかし近年は、短期間のものも増えて、実施形態は多様化してきました。イギリスでは、在学中の生活費は自分で稼ぐのが当たり前。その面でも、報酬を得ながら就業力を磨けるワークプレースメントは学生にとって欠かせない制度になっています。

日本の大学生も、長引く景気低迷の影響で仕送りが年々減少しています。アルバイトとインターンシップ双方のメリットを融合させた、ワークプレースメントに対する彼らの潜在的ニーズは少なくないでしょう。現に、日本でも取り組みは始まっています。日本で実施されているプログラムでは、企業が直接学生を雇用するのではなく、派遣社員として職場に受け入れるのが特徴。もちろん在学中ですから、派遣とはいえ学業に支障の出ない働き方が基本になりますが、学生に提供される就業体験そのものはアルバイトより実践的で、正社員と一緒に営業、企画、マーケティングなどの実務が経験できる内容になっています。本人の姿勢次第では、即戦力としてのスキル修得も可能です。

企業側にも、自社や自社の業界に興味のある学生をワークプレースメントで受け入れるメリットは少なくありません。就業体験を通じて自社の魅力を学生に直接PRできる上、その資質や意欲をじっくりと見極めながらアプローチすることで、ミスマッチの少ない効率的なリクルーティングが可能になります。「学生の就業力向上のための社会貢献」に積極的な企業として認められ、CSR評価の高まりも期待できるでしょう。

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

会員登録はこちら

既に日本の人事部会員の方は、ここからログイン

この記事をおススメ

(情報未登録)さんのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。
※コメント入力は任意です。

おススメ
コメント
(任意)
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

コメントを書く

(情報未登録)さんのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。

コメント
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

問題を報告

ご報告ありがとうございます。
『日本の人事部』事務局にて内容を確認させていただきます。

報告内容
問題点

【ご注意】
・このご報告に、事務局から個別にご返信することはありません。
・ご報告いただいた内容が、弊社以外の第三者に伝わることはありません。
・ご報告をいただいても、対応を行わない場合もございます。

あわせて読みたい

関連する記事

関連するQ&A

関連する書式・テンプレート
インターンシップ実施のフロー

新卒採用においてインターンシップは重要な手段です。学生もインターンシップは採用が直結するという認識で参加しています。
ここではインターンシップの実施に向けた、計画・社内調整・学生の募集・選考について・当日・フォローなどのフローをまとめました。

ダウンロード

関連するキーワード