企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

『アイデム』提携

パートが定着する上司、定着しない上司

アイデム人と仕事研究所 研究員

古橋孝美

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

採用が難しいならば、“定着”をめざす

8月の求人倍率は1.52倍。43年5ヵ月ぶりの高水準を記録した7月から横ばいと、引き続き高くなっています。そのような中で聞こえてくるのは、やはり「人が採れない……」という声。労働条件の見直しや採用手法の工夫が欠かせない状況となっています。また、そのような状況下では、退職させないという視点も重要です。“採用”という入口から人が入ってこないのであれば、出口つまり“退職”を防ぐ=定着させることで、企業内の人員を維持していくのです。

先日、弊社が発表した『パートタイマー白書』の最新版では、パート・アルバイトの“定着”についてまとめています。まず、“定着”に関する考え方を見ていきましょう。調査対象となった企業の、実に95.1%が、パート・アルバイトに対して「同じ人にできるだけ長く働いてほしい(どちらかと言えばも含む/以下同)」と希望していました。一方、パート・アルバイトのうち、「現在の勤務先にで、できるだけ長く勤めたい(どちらかと言えば含む/以下同)」と考えている者は、全体で60.9%。半分強のパート・アルバイトしか長期勤続を希望していないという、企業側にとっては厳しい結果です。

上司への“信頼感”は定着のカギ

では、どうすれば、パート・アルバイトに長く働いてもらえるのか。パート・アルバイトの長期勤続意向を“上司への信頼感”というキーワードで見てみると、違いが表れてきます。上司に信頼感を「持っている(どちらかと言えばも含む/以下同)」パート・アルバイトは、「現在の勤務先で、できるだけ長く勤めたい」と考えている者が70.2%に上ります。一方で、上司への信頼感を「持っていない(どちらかと言えばも含む/以下同)」パート・アルバイトでは、「現在の勤務先で、できるだけ長く勤めたい」が42.8%に留まっており、信頼感のある上司の下で働くことは、「この会社で働き続けたい」という思いに繋がっているようです。

■図1:「勤続についての考え」と「上司への信頼感」との関係

図1:「勤続についての考え」と「上司への信頼感」との関係

『平成29年版パートタイマー白書 定着のための上司のチカラ~信頼感とコミュニケーション~』
企業調査:【調査期間】平成29年6月16日~18日 【有効回答数】1,644人
個人調査:【調査期間】平成29年6月13日~15日 【有効回答数】1,648人

「この会社で働き続けたい」という意識に、上司への信頼感が影響していましたが、では、そもそもパート・アルバイトはどんなときに上司へ信頼感を持つのでしょうか。結果は、以下のようになりました。

1位「必要なときに助言や手助けをしてくれる」57.5%
2位「業務における指示や判断が的確である」55.9%
3位「挨拶や会話など、日頃から積極的にコミュニケーションをとっている」52.9%

■図2:どんなことから上司に信頼感を持つか<複数回答>

図2:どんなことから上司に信頼感を持つか<複数回答>

見てみれば“当たり前のこと”のようですが、それこそが“大事なこと”なのです。反対に、上司への信頼感が損なわれる場面は、以下のようになっています。

1位「人によって違った対応をする」59.3%
2位「言うことと行うことが一致していない」57.0%
3位「業務における指示や判断が的確でない」49.2%

■図3:どんなことから上司への信頼感が損なわれるか<複数回答>

図3:どんなことから上司への信頼感が損なわれるか<複数回答>

こちらも、ビジネスパーソンからすれば配慮すべき“当たり前のこと”が並んでいます。ただ、時間をかけて上司と部下の信頼感を築いても、崩れるのは一瞬、ほんの些細なことからです。パート・アルバイトは、仕事やメンバーに対する上司の“誠実な姿勢”を見ているのです。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新卒・パート/アルバイト調査のバックナンバー

パートが定着する上司、定着しない上司
人材不足で求人難の現在。“採用”という入口から人が入ってこないのであれば、出口つまり“退職”を防ぐ=定着させることで、企業内の人員を維持していくという視点も重要...
2018/05/10掲載
ダレのための解禁日なのか?
毎年学生と企業を悩ます新卒採用の「解禁日」。解禁日を厳守している企業は年々減少し、形骸化が進む今、「解禁日」は本当に必要なのでしょうか。「解禁日」に関する調査結...
2018/04/09掲載
採用活動で、最も大切にしたいこと
十年ひと昔。変化のスピードが激しい現代においては、10年前ともなると、かなり昔のことのように感じます。この10年で、雇用を取り巻く環境はどのように変化したのでし...
2018/03/09掲載

関連する記事

【グローバルタレントマネジメントフォーラム2018】成長する企業の人財活用力 ―可能性を引き出すタレント基盤―
今や企業の成長を左右する源泉は人財活用力であり、人財を一つの企業資産と考えることが企業と個人、双方を成長へと導く。そこで重要になるのが人財活用の基盤となるタレン...
2018/03/28掲載注目の記事
『日本の人事部』がおすすめする「新任管理職(管理職昇格時)研修」サービス14選
新任管理職研修を導入する際の考え方、ポイントも分かりやすくまとめています。さらに、最新の「新任管理職研修」の中から本当におススメできる研修を『日本の人事部』編集...
2018/03/06掲載人事支援サービスの傾向と選び方
新しいエクスペリエンスの時代へ- タレントデータの活用と働き方の未来 -
タレントデータの一元管理や活用はもとより、いま、企業人事にも、社員一人ひとりに合った最適化されたエクスペリエンスを体感できる基盤が求められている。今回、『日本の...
2017/09/27掲載注目の記事
社員の「モチベーションアップ」のポイントがわかる記事7選
社員の「モチベーション」は、個人のパフォーマンスはもちろん、組織の状態にも影響を与える、非常に重要な要素の一つです。モチベーションをいかに高めるかが、企業の成長...
2017/06/26掲載『日本の人事部』編集部 厳選記事
マネジメント・管理職研修の今後の課題
求められる「組織変革力」「次世代リーダー育成」への取り組みをまとめ、企業としてどのような支援体制が必要なのかを解説する。
2016/06/10掲載よくわかる講座
19卒採用支援ソリューション特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

仕事と介護の両立支援セミナー

注目コンテンツ


19卒採用支援ソリューション特集

本特集では、今からでもご活用いただける、19卒新卒採用に役立つソリューションをご紹介します。
貴社の19卒採用にぜひご活用ください。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。