企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

年末調整対象者について

年末調整で下記の方について教えてください。
「前職源泉が間に合わない人」
①前職の源泉が年末調整の処理までに間に合わない場合、弊社の年末調整も行わずに源泉を発行して
 他社の源泉と合わせて確定申告となりますか?
 弊社分のみの給与で年末調整を実施し、源泉を発行して他社の源泉と合わせて確定申告となりますか?
②前職の源泉の「甲欄」で発行・「乙欄」で発行されている源泉について年末調整時の処理方法は
 異なりますか?

「ダブルワークの人」
扶養控除申告書は弊社に提出している方は、弊社のみの給与で年末調整を実施し、他社と合わせて
確定申告となりますか?
弊社の分も年末調整は実施せず源泉を発行し、確定申告となりますか?

宜しくお願い致します。

投稿日:2019/11/26 10:19 ID:QA-0088691

なるとさん
東京都/その他業種

この相談に関連するQ&A

プロフェッショナル・人事会員からの回答

この相談への回答はありませんでした

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
11月に源泉徴収
ほかにも別の場所で給与を得ているパート職員から 11月上旬に源泉徴収票をだしてと言われました。 源泉徴収票は、12月までの出勤が確定しないと出せないと思うのですが、 どのようにすればいいのでしょうか。
育休中退職時の源泉徴収票発行について
お世話になります。 いつも参考にさせていただいております。 このたび、育休中の社員が退職することになりました。 昨年より休業に入っているため、今年の給与支給がありません。 通常退職時に源泉徴収票を発行しますが、 0円の場合、源泉徴収票を発行しなくてもよいのでしょうか? もしくは、そもそも発行でき...
源泉徴収票の再発行時
源泉徴収票の発行について 毎年12月の給与支給時に その年の源泉徴収票を各自に渡しております。 年明け後に ちょくちょく 源泉徴収票の再発行を依頼する社員がいるのですが 私見として 再発行することについては 問題ないと思うのですが その際に なぜ再発行する必要があるのか の理由を必ず聞くようにしてい...
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。
この相談に関連する記事
あわせて読みたいキーワード
年末調整
「年末調整」とは、1年間に納めるべき税金の過不足を計算し、適切な金額に調整することをいいます。源泉徴収の金額は、給与や扶養者数が変動しないものとして作成されています。また、年末には保険料などがまとめて控除されます。源泉徴収の金額が正確にわかる年末に実際に支払うべき税額を算出するため、年末調整と呼ばれ...
確定申告
毎年2月から3月に行われる「確定申告」。個人事業主だけでなく、給与所得者であるサラリーマンも行わなければならないケースが少なからずあります。会社員に確定申告が必要となるのはどのようなケースなのでしょうか。ここでは、人事担当として知っておくべき確定申告の基礎知識について解説します。
源泉徴収
「源泉徴収」とは、企業などの事業者が従業員の給与や報酬から一部を差し引き、従業員に代行して税金を納めることをいいます。お金の出所(=源泉)が直接税金を支払うために「源泉徴収」と呼ばれ、多くの企業がこの制度を採用しています。
定番のQ&Aをチェック
26業務と自由化業務(一般派遣)の違いについて
いまいち26業務と自由化業務の区別がピンときませんので教えて頂きたく存じます。 両者とも派遣期間が3年ということは分かっているのですが、3年を超えた場合は26業務も自由化業務も両方とも派遣労働者へ「雇用契約の申込みをする義務」が発生するのでしょうか? また、自由化業務は絶対に正式雇用にしなければ...
従業員に役員は含まれるか
はじめて、投稿します。よろしくお願い致します。 一般的に就業規則で『従業員の定義』という条項で役員を含むかどうか言及していない場合で、かつ別途役員就業規則を設けていない場合、この従業員に役員は含まれると解釈するのでしょうか?
産休・育休取得者の翌年の有給休暇付与について
いつも的確な回答を頂き有難うございます。 産休・育休取得後、翌年の有給休暇付与についてお伺いさせていただきます。 これまで私の認識では、 ・育児休業だけでなく産前産後休暇を取得した期間についても出勤したものとみなす ・そのため産休・育休を取得しても翌年の有給休暇付与には影響しない、と考えておりまし...

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

無料ウェビナー8/25コーナーストーン主催
相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

プロフェッショナル回答ランキング

集計期間:08/01~08/11
服部 康一 服部 康一
服部賃金労務サポートオフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
小高 東 小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 
得意分野:経営戦略・経営管理、モチベーション・組織活性化、法改正対策・...
増沢 隆太 増沢 隆太
RMロンドンパートナーズ 人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


いま求められる“効率的”人事給与業務とは?(第1回)

いま求められる“効率的”人事給与業務とは?(第1回)

日々激しく変化する、ビジネス社会。企業を取り巻く環境も、厳しさを増して...


非日常の体験型ワークショップでチームビルディングを実現!

非日常の体験型ワークショップでチームビルディングを実現!

『日本の人事部』では、魅力ある「体験型ワークショップ」をもっと多くの方...