企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A<解決済み>

相談数14743件   回答数31456

アルバイトの有給休暇強制取得の件

いつもお世話になっております。

弊社は原則週休2日制で、土曜日・日曜日を休日としておりますが、
年間休日数調整の関係で、年に数日、土曜出勤日を設けております。

この土曜出勤日は、主に終日正社員の研修という位置づけにしており、
同職場で働くアルバイト・パート契約の方には、有給休暇という形での
お休みをお願いしておりますが、一部の方より(正社員とアルバイトで
会社都合による有給休暇の消化日数が異なるのは不公平ではないか)と
いった声が上がりました。

弊社では別に年度で4日間の会社都合の有給休暇取得日を設けております。

弊社としては出社頂いても研修業務を正社員同様に受けさせる訳にいかず、
どう対応してよいか悩んでおります。
上記の、アルバイト・パートの方にのみ、有給休暇を自主的に取って
いただくという対応が法的に問題がないか教えていただければ幸いに存じます。

  • 骨盤ストレッチさん
  • 栃木県
  • 石油・ゴム・ガラス・セメント・セラミック
  • 回答数:3件
  • カテゴリ:労務・法務・安全衛生
  • 投稿日:2019/09/20 17:04
  • ID:QA-0087017
プロフェッショナル・人事会員からの回答
3件中 1~3件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

プロフェッショナルより
  • 投稿日:2019/09/22 10:15
  • ID:QA-0087054

オフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、年次有給休暇取得が完全に当人の自由意思に基づくものであれば差し支えございません。

しかしながら、文面を拝見する限り事実上年休の取得以外に選択肢はないように思われますので、そうであれば実質的な取得強制という事で違法な措置となり認められないものといえます。

対応としましては、就業規則及び労働契約上で今後アルバイト・パート社員につきましては当該研修日を所定休日とされるのが妥当といえるでしょう。

  • 投稿日:2019/09/24 10:22
  • 相談者の評価:大変参考になった

ご回答いただきましてありがとうございました。
参考にさせていただきます。

この回答は参考になった
参考になった:0名
人事会員より
  • 投稿日:2019/09/23 09:10
  • ID:QA-0087060

オフィスみらいさん
  • 大阪府
  • その他業種

有給休暇であるためには、当該日が労働日であることが必要です。

したがいまして、就業規則に、土曜日・日曜日を休日とすると定めていれば、年に数回の土曜出勤はあくまでも休日出勤ということになり、その日に有給休暇を取得することはできないということになります。

4日間の会社都合の有給休暇取得日とは、計画年休のことをいっておられるものと推察しますが、そうであっても就業規則で定めた休日を計画年休日に充てることはできません。

有給休暇を自主的にとっていただくのも、あくまで本来の労働日に限ります。

  • 投稿日:2019/09/24 10:22
  • 相談者の評価:大変参考になった

ご回答いただきましてありがとうございました。
参考にさせていただきます。

この回答は参考になった
参考になった:0名
プロフェッショナルより
  • 投稿日:2019/09/23 10:02
  • ID:QA-0087062

代表者

原則として、有休は強制的取得させられない

▼ 先ず、確認しますが、「年に数日、土曜出勤日」は所定出勤日なのであり、当日の正社員に課される業務は、「研修受講」なのですね。そして、この研修受講なる業務は、アルバイト・パートには必要ない、従って、出勤に及ばず、有休を強制的に取得させようと読めます。
▼ これは、誰が見てもおかしいですね。まず、アルバイト・パートだからと言って、有休は会社が命令して取得させるものではありません。正社員の研修期間中、アルバイト・パートの仕事がなくなる訳でもない筈なので、通常通り、出勤、賃金を支払えば済む話でしょう。
▼ 最後の「有給休暇を自主的に取って頂く」は、形は兎も角、実態は、「自主的ではなく、有休取得を強制させる」と解釈されます。どうしても、休業させたい場合、平均賃金の60%以上の休業手当の支払いが義務づけられています。(労基26条)違反は罰則対象です。

  • 投稿日:2019/09/24 10:22
  • 相談者の評価:大変参考になった

ご回答いただきましてありがとうございました。
参考にさせていただきます。

この回答は参考になった
参考になった:0名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

定番のQ&Aをチェック

会社都合の退職と退職勧奨による退職について
いつも参考にさせております。 この度、従業員の勤務成績・態度に改善が見られない場合、退職勧奨を進めることは出来ないかという検討以来が経営層から出ました。 今まで、このような対応をしたことがなく、色々と調べておりますが、ストレートに公的機関に聞くのもどうかと思い、なかなか思うように進みません。 ...
通勤交通費の支給に関する規定、ルール
お世話になっております。 現在通勤交通費は、社内申請書の自己申告記載のみで支払っております。(6ヵ月毎)。 規程には「交通費の実費を支給する」とあるのみで、遠回りの経路を 申請している社員にも申請書に記載している遠回りの経路の金額を 支払っているのが現状です。口頭注意しても是正されず。 通勤交通...
産休・育休取得者の翌年の有給休暇付与について
いつも的確な回答を頂き有難うございます。 産休・育休取得後、翌年の有給休暇付与についてお伺いさせていただきます。 これまで私の認識では、 ・育児休業だけでなく産前産後休暇を取得した期間についても出勤したものとみなす ・そのため産休・育休を取得しても翌年の有給休暇付与には影響しない、と考えておりまし...
「エンゲージメント」を高めるためのポイントやソリューション

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

期間限定キャンペーン シェアNo.1採用管理システムi-web
相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

プロフェッショナル回答ランキング

集計期間:10/01~10/20
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
川勝 民雄 川勝 民雄
代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理
小高 東 小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 
得意分野:経営戦略・経営管理、モチベーション・組織活性化、法改正対策・...

注目コンテンツ


「エンゲージメント 」を高めるソリューション特集

「従業員エンゲージメント」を高めるために押さえておきたいポイントや具体的な施策、ソリューションをご紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


いま求められる“効率的”人事給与業務とは?(第1回)

いま求められる“効率的”人事給与業務とは?(第1回)

日々激しく変化する、ビジネス社会。企業を取り巻く環境も、厳しさを増して...