企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A

相談数12150件   回答数25154

人事課題の整理方法について

現在当社では、人事課題を洗い出し、整理し、KSFを策定し、そのうえで人事制度の見直し等に繋げていきたいと考えています。

人事課題の洗い出し・整理方法に関しては、管理職インタビューも検討しています。

ただ、人事課題といっても漠然としています。その為、答える側も答えやすい、整理する側も整理し易い、適切なフレームワークや分析ツールがあれば教えて頂けませんでしょうか?

  • 投稿日:2007/05/20 12:36
  • ID:QA-0008470
専門家・人事会員からの回答
2件中 1~2件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

専門家より
  • 投稿日:2007/05/21 12:40
  • ID:QA-0008471

代表者

人事課題の整理方法について

■ご引用の KSFは<Key Success Factor>または<Knowledge and Skills Framework>の略で、事業を成功に導くために不可欠な人材要因体系として理解してよいのでしょうか?
■若しそうなら、人事制度の再構築上最も重要で且つ難しい部分を指していることになります。職能制度における職務遂行要件、職務制度における職務の種類、コンピテンシー制度におけるデイクショナリーなどを KSFの観点から体系化する作業に相当するものと思います。
■ある程度一般的な参考市販書籍なら多数あり(amazon サイトでキーワード「人事」で2,400以上の書籍検察が可能だが KSF では絞り込めない)、本サイトでもご紹介されているツールもあると思います。但し、 KSFの特徴は、直結していいる事業目標(具体的には経営計画)から<ダウンロード>することにありますので、一般書籍やツールには限界があることは避けられません。主管部署は人事部であっても、作業は全社ベースに亘り、そのため各部署の管理職(幹部)の主体的関与が欠かせません。
■KSF自体が各社ごとに大きく異なるだけに、今回の御社ニーズを理解し、サポートしていただける専門家が必要かと思います。メンテナンスも出来ないような漠然とした KSF体系では余り意味がありませんので、費用はかかってもこのやり方が正攻法だと思います。ご期待に添えないような回答で恐縮です。

  • 投稿日:2007/05/21 12:40
  • 相談者の評価:参考になった

 

この回答は参考になった
参考になった:0名
専門家より
  • 投稿日:2007/05/24 09:45
  • ID:QA-0008509

有限会社ライフデザイン研究所 代表取締役

人事課題の整理方法

人事課題は、会社のビジョンから導きだすのが妥当だと思われます。5年くらい先の会社の「お客様」「提供する価値」「大切にしたい価値観」を明確にすることがまず重要だと思います。そのビジョンを実現する為の課題が抽出されます。いろいろな課題を実現させるのは「人」ですから、そこから「人事課題」がでてきます。人事課題を5年くらいかけて、克服して行かれてはいかがでしょうか?

  • 投稿日:2007/05/24 09:45
  • 相談者の評価:参考になった

 

この回答は参考になった
参考になった:0名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
新たに相談する
相談する(無料)
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

定番のQ&Aをチェック

離職率の算出方法について
当社では離職率は、年初の従業員数を分母として、当年内に退職した従業員数を分子(当年に入社し、退社した数は除く)としてを算出しています。法的な離職率の算出方法はどのような算出方法なのでしょうか?もし法的なものがなければ、他社事例など教えていただければ幸いです。
26業務と自由化業務(一般派遣)の違いについて
いまいち26業務と自由化業務の区別がピンときませんので教えて頂きたく存じます。 両者とも派遣期間が3年ということは分かっているのですが、3年を超えた場合は26業務も自由化業務も両方とも派遣労働者へ「雇用契約の申込みをする義務」が発生するのでしょうか? また、自由化業務は絶対に正式雇用にしなければ...
規程と規則の違いについて
現在、規程類の見直しをおこなっているのですが、 規程類の中で就業規則だけが「規則」となっております。 なぜ就業「規程」と言わないのでしょうか。 定義に違いがあるのでしょうか。 会社ごとに決めることなのでしょうが、 多くの会社が就業「規則」としていると思います。 なにか意味があるのでしょうか。 ...
従業員の健康づくりを通じて生産性向上を目指す!健康経営特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

社宅でもUR賃貸住宅
相談する
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

専門家回答ランキング

集計期間:11/01~11/23
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
小高 東 小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 
得意分野:経営戦略・経営管理、モチベーション・組織活性化、法改正対策・...
川勝 民雄 川勝 民雄
代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理
<アンケートのお願い>採用マーケットの構造変化に関する意識調査

注目コンテンツ


「健康経営特集」
従業員の健康づくりを通じて生産性向上を目指す!

健康経営の推進に役立つ多彩なプログラムをご紹介。資料請求のお申込みや資料のダウンロードも可能です。



『日本の人事部』受けさせたいスキルアップ系講座特集

コミュニケーションや英語力、個人の生産性やPCスキルなど、ビジネス上必須となる多彩なプログラムをご紹介


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


採用はダイレクト・ソーシングの時代へ。 求められるのは企業の「自社採用力」。

採用はダイレクト・ソーシングの時代へ。 求められるのは企業の「自社採用力」。

リーマンショックで冷え込んだ中途採用市場は、ここ数年で順調に回復し、完...


会社の未来を拓く 強い管理職のつくり方~アセスメントツールを“人材育成”に活用する、効果的な手法とは?

会社の未来を拓く 強い管理職のつくり方~アセスメントツールを“人材育成”に活用する、効果的な手法とは?

長期的な不況が続き、グローバル化が進むなか、この時代を企業が生き抜くた...