企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A<解決済み>

相談数12849件   回答数26792

派遣期間中の派遣先都合(有給奨励日)による休暇指示について

はじめて投稿させて頂きます。
私は派遣元の社員で契約業務に携わっています。

今度、飛び石の祝日(木→祝日、金→平日、土→休日)に、
派遣先の計画的付与制度により、金曜日が年次有給休暇取得奨励日とされ、
同じ職場(部署)で働く社員が全員有給を取得することになったため、
派遣スタッフも休んでほしいと指示がありました。
以下の状況下での対応について、ご教示頂きたいけますでしょうか。

・派遣スタッフは有給休暇が無い
・派遣スタッフは欠勤日とする意思が無い
・派遣先の休業日ではないため、他の部署は出勤者もいるが、
 他の部署に1日だけ配属することは困難

派遣元では派遣スタッフに対して、休業手当が発生します。
派遣先都合での出勤停止指示のため、その損失分を派遣先に請求したいのですが、
基本契約書・個別契約書(途中解除負担は記載有)にも具体的取決めが無い場合に、
どのような理由(根拠)であれば、交渉可能でしょうか。

できたら負担を請求したいと思い、見識ある方に相談したのですが、
(スタッフの急な有給使用に代替要員を都合できない事を鑑み)
危険負担により、その責務は、派遣会社と派遣先で分担という回答に、
疑義を感じ、相談させて頂きました。

よろしくおお願いいたします。

  • 投稿日:2017/11/07 14:23
  • ID:QA-0073323

この相談に関連するQ&A

専門家・人事会員からの回答
2件中 1~2件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

専門家より
  • 投稿日:2017/11/07 16:21
  • ID:QA-0073326

人事・経営コンサルタント

派遣契約

本件は派遣スタッフは関係なく、純粋に貴社と派遣先間の商取引の問題です。
契約に取り決めがないとのことですが、派遣先事由による突然の休業についても取り決めがないのでしょうか?通常の派遣契約では盛り込んでいるかと思いますが、あらためて交渉することになるでしょう。

派遣社員を勝手に契約に基づか無いシフトで勤務させたり休ませたりはできませんので、すべて貴社が前面に立って交渉、解決することになります。そのための営業ですので、全社で取り組んで下さい。
純粋に個別事例を規定した根拠はないと思いますが、交渉ですので、払うものは払って下さいということです。債権回収でも100%ではないことは当然あり得ます。
またこの休暇が前日突如知らされたのか、前もって派遣スタッフには伝えてあったのか等、個別の事情踏まえ、全額回収ができるかどうかは通常の商取引と同じですので、根拠があれば一発で解決するものではないと思います。

  • 投稿日:2017/11/07 18:14
  • 相談者の評価:参考になった

ご回答ありがとうございます。

本日11/7に派遣スタッフから相談があり、そのような指示があったことがわかりました。
休暇指定対象は、11/24です。

企業は休業していないので、どのように判断するべきか迷いがありました。

個別契約書は、労働局の例を参考に作成していますので、
派遣契約の中途解除、派遣就業期間の短縮時の休業に対する文言はあります。
基本契約書には、甲の従業員のストライキ、その他甲の責に帰すべき事由により派遣労働者の業務遂行ができなくなった場合には、
乙は債務不履行の責を負わず甲に派遣料金を請求することができる、の文言はあります。

改めて見直したところ、この場合は、その他甲の責に帰すべき事由として、交渉することができるかと思いました。

この回答は参考になった
参考になった:0名
専門家より
  • 投稿日:2017/11/08 11:33
  • ID:QA-0073354

代表者

派遣元は派遣先に派遣料を請求できる

▼派遣社員の就業不能に対する休業手当支給義務は派遣元にあるのは明確ですが、派遣先・派遣元間においては、「債権者(労務請求権者=派遣先)の責めに帰すべき事由(派遣部署の休暇閉鎖)によって債務を履行することができなくなった時は、債務者(派遣元)は、反対給付(派遣料)を受ける権利を失わない」(民法第536条第2項)の定めが適用されます。危険負担を双方が分担するというご意見は、何らかの話合いの結果ではないでしょうか。

  • 投稿日:2017/11/08 11:53
  • 相談者の評価:大変参考になった

明確なご回答ありがとうございます。
やはりそうですよね。
とてもすっきりしました。

この回答は参考になった
参考になった:0名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
常用型派遣について
いつも利用させていただいております。 派遣には、登録型派遣と常用型派遣があるかと思いますが、常用型派遣は派遣元会社と無期雇用あるいは有期雇用で契約し、派遣先へ派遣をおこなうことになるかと思います。 この場合、派遣元会社で正社員(無期雇用者)を派遣先へ派遣することは、法的に問題となるのでしょうか。...
職場での派遣料公開について
スタッフより相談があったのですが、派遣先で派遣先社員が「あなたの派遣料知ってる?」「凄く高いんだよ」と具体的な数字は出していませんが、スタッフとしては「高い派遣料を払っている分、働け」と言っているように捉えています。 このような派遣先の行動は、そもそも許される事なのでしょうか。 派遣先へ、そのような...
派遣者正規雇用について
派遣者正規雇用に必要な派遣元と派遣先の必要な書類
新たに相談する
相談する(無料)
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

この相談に関連する記事

定番のQ&Aをチェック

規程と規則の違いについて
現在、規程類の見直しをおこなっているのですが、 規程類の中で就業規則だけが「規則」となっております。 なぜ就業「規程」と言わないのでしょうか。 定義に違いがあるのでしょうか。 会社ごとに決めることなのでしょうが、 多くの会社が就業「規則」としていると思います。 なにか意味があるのでしょうか。 ...
通勤交通費の支給に関する規定、ルール
お世話になっております。 現在通勤交通費は、社内申請書の自己申告記載のみで支払っております。(6ヵ月毎)。 規程には「交通費の実費を支給する」とあるのみで、遠回りの経路を 申請している社員にも申請書に記載している遠回りの経路の金額を 支払っているのが現状です。口頭注意しても是正されず。 通勤交通...
産休・育休取得者の翌年の有給休暇付与について
いつも的確な回答を頂き有難うございます。 産休・育休取得後、翌年の有給休暇付与についてお伺いさせていただきます。 これまで私の認識では、 ・育児休業だけでなく産前産後休暇を取得した期間についても出勤したものとみなす ・そのため産休・育休を取得しても翌年の有給休暇付与には影響しない、と考えておりまし...
管理職としての必須知識を獲得するサービス特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

Indeedオンラインセミナー
相談する
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

専門家回答ランキング

集計期間:06/01~06/20
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
増沢 隆太 増沢 隆太
人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...
川勝 民雄 川勝 民雄
代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理

注目コンテンツ


2020年度の新卒採用を見据える。注目の採用支援ソリューション特集

日本の人事部では、激戦の新卒市場をリードするための最新のサービスやソリューションをご紹介。御社にぴったりのパートナーを見つけてください。



管理職としての必須知識を獲得するサービス特集

本特集では、『日本の人事部』が注目する、管理職育成のための多彩なプログラムをご紹介。体験セミナーへの参加申込み、資料のダウンロードも可能ですので、 ぜひご利用ください。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


いま考えるべき人事の「未来像」 <br />
~新しい時代における人事の存在意義とは~

いま考えるべき人事の「未来像」
~新しい時代における人事の存在意義とは~

グローバリゼーションやテクノロジーの急激な進化により、いま世界は大きく...


1日30分、週3日、3ヵ月。<br />
それだけでTOEIC®テストスコア500点突破を目指せるプログラムとは?
new

1日30分、週3日、3ヵ月。
それだけでTOEIC®テストスコア500点突破を目指せるプログラムとは?

グローバル化が進む現在、多くの企業が社員の英語力向上を課題としています...