企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A<解決済み>

相談数12141件   回答数25142

転居費用について

交通費の支給額を軽減するためスタッフの転居を進めて行きたく思っております。
交通費を抑えられる会社近郊への引っ越しには引っ越し費用として会社から
14万ほど補助を出して促したいと思っております。
14万の根拠としましては
・道内で単身者であればどこの引っ越し業者も4万程度
・礼金等の支出分もある程度補填しないと越してはこない。
 家賃相場が駅近郊だと4万~と割高
 敷金礼金大体1~2か月だということなので
 転入時費用としては家賃1ヶ月と足して17万と高額になること。
以上から引っ越し代のみの補助だと引っ越しを促せないと思い
引っ越し代4万+補助で10万はつけようと思いました。
これらは非課税で行けますでしょうか。
またこれらは常識的に考えておかしいでしょうか?
自分はかなり物を知らないので教えて頂けると助かります。
宜しくお願い致します。

  • サボリーマンさん
  • 北海道
  • 食品
  • 回答数:6件
  • カテゴリ:福利厚生
  • 投稿日:2017/09/27 10:05
  • ID:QA-0072662

この相談に関連するQ&A

専門家・人事会員からの回答
6件中 1~6件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

専門家より
  • 投稿日:2017/09/27 11:41
  • ID:QA-0072666

株式会社ベネフィット・ワン ヒューマン・キャピタル研究所 所長 千葉商科大学会計大学院 教授

引越し代の会社負担

福利厚生費となる要件としては、
①支給対象者が客観的・合理的基準で選定されているか
 希望者に支給したりすると給与となります。また役職者を優先するのも給与とみなされやすくなります。支給対象基準を文書で明確にするのが望ましいです
②支給額が妥当であること
 実費を大きく超える額を支給すると給与とみなされやすくなります。
 金額の算定根拠 引越代4+家賃4+敷礼8=16
 でいかがでしょうか?それぞれの平均値が妥当であること

支給基準案と金額根拠資料を持って所轄税務署に相談してください。

  • 投稿日:2017/09/27 13:47
  • 相談者の評価:大変参考になった

ご回答ありがとうございます。
まずは文書化して根拠をしめし相談ということですね?
やってみます。
ありがとうございます

この回答は参考になった
参考になった:0名
専門家より
  • 投稿日:2017/09/27 11:47
  • ID:QA-0072667

代表者

バランス感覚を著しく欠いた発想

▼ 先ず、「居住、移転」の自由は、「職業選択」の自由と共に、憲法に保証された権利です。勿論、当事者間の合意があれば、阻害要因とはなりません。
▼ 雇用関係において、この保証権利に制限を加えるには、転勤などの合理的理由とそれを記載した就業規則が必要です。
▼ ご相談の「支給交通費(通勤費)の負担軽減目的」で「居住地を変更させる」というのは、そもそも、バランス感覚を著しく欠いた発想です。「常識的に考えておかしい」・・その通りです。
▼ それでも、強行すれば、経営に必要な経費と考える人はゼロでしょうし、所要経費として非課税扱いになる訳がありません。

  • 投稿日:2017/09/27 13:45
  • 相談者の評価:参考になった

ありがとうございます。
一応ですが、
・もちろん希望者のみに支給すること。
・転居させるというよりは一人暮らししたいけどお金がない子、今の場所より近くに引っ越したい子、現状交通費を上限35000円で支給しておりますが足が出ている子もおります。
以上の要件に合えば会社とメリットが一致するので会社からも補助を出せばより引っ越し意欲につながるかなと。
強行すれば・・・とありますが制度自体そこまでおかしいのでしょうか?

この回答は参考になった
参考になった:1名
専門家より
  • 投稿日:2017/09/27 17:42
  • ID:QA-0072678

オフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、国税庁によりますと、転居費用に関わる給与所得課税につきましては、「転勤や出張などのための旅費のうち、通常必要と認められるもの」については非課税になるものと示されています。

但し、ご文面の住宅補助に当たる10万円部分につきましては、会社が移転を促進させる為に支給されるものになりますので、通常必要なものとは認められない可能性が高いようにも思われます。

所轄の税務署の判断にもよりますので、事前に税務の専門家である税理士にご相談された上で補助内容の位置付け及び金額の設定をされることをお勧めいたします。

  • 投稿日:2017/09/28 15:06
  • 相談者の評価:大変参考になった

ご回答ありがとうございます。
先のご回答いただいておりました先生の例に倣って
引っ越し代4万+敷礼8万+初月家賃4万
それを上限として一括支給or実費支給
で対応しようと思うのですがどうでしょうか。

この回答は参考になった
参考になった:0名
専門家より
  • 投稿日:2017/09/27 21:23
  • ID:QA-0072682

代表者

バランス感覚を著しく欠いた発想 P2

強行されるのは御社のご自由ですが、会社の政策として「通勤手当の削減目的」で「居住地を変更させる」というコンセプトは理解し兼ねるということです。転勤でもないのに、補助まで出して転居させるなどの事例は聞いたこともありません。個人の転居に介入すること自体「おかしい」のは当然でしょう。

  • 投稿日:2017/09/28 11:29
  • 相談者の評価:参考になった

あのー、強行強行言われますが誰が無理やり押し付けると言ったのか理解できません。
転居させるではなく「あくまで引っ越しの意思があるスタッフの背中を押せる制度の策定です。」
誰が交通費の自己負担を喜びましょうか。
自己負担しているスタッフが近くに越してきたいと
思うが出費は難しい。そういうスタッフや通勤時間に悩んだり、実家を出て一人暮らしをしたいと思っているスタッフに向けた制度ととらえてほしいのですがそれでも「強行すれば・・・」と言われてしまうのでしょうか?

この回答は参考になった
参考になった:0名
専門家より
  • 投稿日:2017/09/28 12:26
  • ID:QA-0072691

代表者

バランス感覚を著しく欠いた発想 P3

▼ そもそも、転勤でもないのに、「通勤費を抑えたいから、補助を出してくれ」と社員から要求があったのですか? それとも、ご担当者のお考えですか?
▼ いずれの場合であれ、個人の事由による引越しに対する援助をするなら、低利融資等等で対応すべでしょう。その場合でも、貸付金制度を設定することが必要です。
▼ まあ、ご意見が変わらなければ、このQ&Aは、続ける意味はないと思いますので、打ち切りましょう。他のソースでご相談下さい。

  • 投稿日:2017/09/28 15:03
  • 相談者の評価:参考になった

たぶん何か意図が伝えられずに不快にさせてしまったようですね。申し訳ございませんでした。
一つ一つ回答いただきありがとうございました。

この回答は参考になった
参考になった:1名
専門家より
  • 投稿日:2017/09/28 15:21
  • ID:QA-0072696

オフィス代表

再度お答えいたします

ご返事下さいまして感謝しております。

ご質問の件ですが、あくまで他の専門家の方のご意見ですので、こちらでのコメントは差し控えさせて頂く旨ご了承下さい。貴社自身でご判断頂ければ幸いです。

内容につきましては人事労務というよりは税務面での問題ですので、先の回答でも申し上げました通り、判断が難しいようでしたら税務の専門家である税理士にお尋ねされた上で対応される事をお勧めいたします。

  • 投稿日:2017/09/30 09:58
  • 相談者の評価:大変参考になった

ご回答再度ありがとうございました。そのように致します。

この回答は参考になった
参考になった:0名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
会社都合による勤務先閉鎖による転居について
会社都合によって、勤務先事業所が閉鎖になり、最寄の勤務先に通うために転居が必要となる社員(契約社員も含む)に対し、会社として何らかの家賃補助を支給しなければいけないのでしょうか。 現状、転居に関する諸費用(礼金、仲介手数料、引越費用等)は会社負担としていますが、 家賃補助については規程がありません...
旅行費用の補助
よろしくお願いいたします。 弊社では、従業員の福利厚生の一環として、旅行費用、医療費、スポーツクラブ利用費用、自己啓発費用の一部を補助しようと思います。これらの補助金に対して福利厚生費で処理してよいでしょうか、また、個人に対しての課税はどのようになるのでしょうか?よろしくお願いいたします。
通勤交通費に関して
いつも拝見させていただいております。社員が現在の住まいから会社から遠くになる場合の交通費の上限は一般的には支給額は会社が決めてよかったでしょうか。
新たに相談する
相談する(無料)
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

この相談に関連する記事

定番のQ&Aをチェック

離職率の算出方法について
当社では離職率は、年初の従業員数を分母として、当年内に退職した従業員数を分子(当年に入社し、退社した数は除く)としてを算出しています。法的な離職率の算出方法はどのような算出方法なのでしょうか?もし法的なものがなければ、他社事例など教えていただければ幸いです。
会社都合の退職と退職勧奨による退職について
いつも参考にさせております。 この度、従業員の勤務成績・態度に改善が見られない場合、退職勧奨を進めることは出来ないかという検討以来が経営層から出ました。 今まで、このような対応をしたことがなく、色々と調べておりますが、ストレートに公的機関に聞くのもどうかと思い、なかなか思うように進みません。 ...
産休・育休取得者の翌年の有給休暇付与について
いつも的確な回答を頂き有難うございます。 産休・育休取得後、翌年の有給休暇付与についてお伺いさせていただきます。 これまで私の認識では、 ・育児休業だけでなく産前産後休暇を取得した期間についても出勤したものとみなす ・そのため産休・育休を取得しても翌年の有給休暇付与には影響しない、と考えておりまし...
受けさせたいスキルアップ系講座特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

社宅でもUR賃貸住宅
相談する
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

専門家回答ランキング

集計期間:11/01~11/20
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
川勝 民雄 川勝 民雄
代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理
小高 東 小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 
得意分野:経営戦略・経営管理、モチベーション・組織活性化、法改正対策・...
<アンケートのお願い>採用マーケットの構造変化に関する意識調査

注目コンテンツ


「健康経営特集」
従業員の健康づくりを通じて生産性向上を目指す!

健康経営の推進に役立つ多彩なプログラムをご紹介。資料請求のお申込みや資料のダウンロードも可能です。



『日本の人事部』受けさせたいスキルアップ系講座特集

コミュニケーションや英語力、個人の生産性やPCスキルなど、ビジネス上必須となる多彩なプログラムをご紹介


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


「採用」×「AI」で、採用成果を実現する これからの人事に必要なもの

「採用」×「AI」で、採用成果を実現する これからの人事に必要なもの

HRの領域ではその時々、トレンドとなるワードがあります。最近は「AI」...