人事のQ&A

相談数11174件   回答数23159

従業員名簿

この度、各地にホテルやゴルフ場などを持つ企業の本社に転職したものです。

入社して色々とわかってきたことがあり、質問させてください。
もともとは一つの地域のホテル旅館を運営していた企業で
現在、M&Aといえば聞こえはいいですが、吸収合併をくりかえしており
日本各地に事業所が存在しております。

たしか労働基準法では、従業員名簿、賃金台帳、勤怠表(記録)は事業場ごとの作成が
必要だったかと認識しているのですが、本社は事業場の従業員名簿の情報はどこまで必要なのでしょうか?

本社機能自体、本社従業員のみの情報を管理しているのですが
今後、人事制度の変更などの際には、全従業員の情報が必須になると思われます。

勤怠表や賃金台帳はクラウドシステムで本社でも確認できますが
従業員名簿が本社では共有されていないという事実に私自身驚いております。
事業場ごとでの管理で、更新情報を共有でいいのでしょうか?

従業員名簿自体もクラウドソフトで管理して、本社でも管理できるほうが
私自身はいいと思っているのですが、いかがでしょうか?

どうぞよろしくお願いします。

  • 人事でしょ。さん
  • 東京都
  • 旅行・ホテル
  • 回答数:2件
  • カテゴリ:雇用管理
  • 投稿日:2017/01/11 10:02
  • ID:QA-0068698
専門家・人事会員からの回答
2件中 1~2件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

専門家より
  • 投稿日:2017/01/11 11:32
  • ID:QA-0068703

オフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、労働法令上の措置義務につきましては原則として事業場毎の適用となりますので、各事業場で法令上定められた届出や管理がなされている限り差し支えございません。

また、本社の各社員が容易に閲覧出来るようであれば、返って個人情報保護の観点からも問題がございます。あくまで御社内における管理体制の問題といえますので、現状で何か支障があるようでしたら法務担当も含め社内で協議され適切な管理方法を模索されるべきといえます。

  • 投稿日:2017/01/11 11:52
  • 相談者の評価:参考になった

回答いただきまし手ありがとうございました。
基本はこのままでも問題ないとのこと認識いたしました。
お話の通り、個人情報が誰でも見れるわけにはいきませんから
人事でも限られたものだけに権限を与えパスワードなどで管理する予定です。

◆いただいたご返答に質問重ねてもよろしいでしょうか?
各事業場でそれぞれ管理してはおりますが、給与計算が本社対応の場合、なにか問題はありますでしょうか?

また給与制度の変更を予定しており、人事データを集約したいのですが
そちらも問題はありませんでしょうか?

よろしくお願いします。

この回答は参考になった
参考になった:0名
専門家より
  • 投稿日:2017/01/12 19:58
  • ID:QA-0068718

オフィス代表

再度お答えいたします

ご返事下さいまして感謝しております。

ご質問の件ですが、全社統一で実施されたいということであれば、当然ながら各従業員情報の収集を行う事も実務上必要になってくるといえます。

恐らくは御社規程において個人情報収集の目的や情報利用に関する定めがなされているものと思われますので、その範囲内で取り扱われる分には差し支えないものといえるでしょう。こちらも詳細については法務担当とご相談の上情報漏洩等が生じないようきちんとした情報管理を行われることが必要です。

この回答は参考になった
参考になった:0名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
新たに相談する
相談する(無料)
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

定番のQ&Aをチェック

離職率の算出方法について
当社では離職率は、年初の従業員数を分母として、当年内に退職した従業員数を分子(当年に入社し、退社した数は除く)としてを算出しています。法的な離職率の算出方法はどのような算出方法なのでしょうか?もし法的なものがなければ、他社事例など教えていただければ幸いです。
26業務と自由化業務(一般派遣)の違いについて
いまいち26業務と自由化業務の区別がピンときませんので教えて頂きたく存じます。 両者とも派遣期間が3年ということは分かっているのですが、3年を超えた場合は26業務も自由化業務も両方とも派遣労働者へ「雇用契約の申込みをする義務」が発生するのでしょうか? また、自由化業務は絶対に正式雇用にしなければ...
有給休暇取得率の計算方法
有給休暇取得率の計算方法を教えて頂けませんでしょうか? 本日の日経新聞の一面にも「43.7%」という数字がありましたが、 どういう計算式によって算出し、比較すれば良いかが知りたいと思っております。 有休は期限が2年間というややこしい部分もありますので、具体的に教えて頂けますと幸いです。
誰もがイキイキ働き、成果を上げる企業になるために!従業員のヘルスケア特集
会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。会員ができること
TECH::CAMPのエンジニア人材紹介 ANAの研修サービス
相談する
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

専門家回答ランキング

集計期間:01/01~01/23
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
川勝 民雄 川勝 民雄
代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理
小高 東 小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 
得意分野:経営戦略・経営管理、モチベーション・組織活性化、法改正対策・...
<アンケートのお願い>副業・兼業に関するアンケート

注目コンテンツ


従業員のヘルスケア特集

本特集では、従業員の心と身体の健康管理に役立つ多彩なプログラムをご紹介。これを機に、自社のヘルスケアの取り組みについて見直してみませんか。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


変化が求められる時代に不可欠な「経済知力」<br />
~膨大な情報からビジネスの未来を読み解く力をつけるには~

変化が求められる時代に不可欠な「経済知力」
~膨大な情報からビジネスの未来を読み解く力をつけるには~

グローバル化やIT化が加速するなか、ビジネスを取り巻く環境が今大きく変...


尻込み、指示待ち、評論家……<br />
ひそかに進行する20代社員の“ゆでガエル化”現象とは

尻込み、指示待ち、評論家……
ひそかに進行する20代社員の“ゆでガエル化”現象とは

ゆっくりと進行する危機や環境の変化に対応する難しさを戒めた、いわゆる「...