企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A

相談数15090件   回答数32451

育児休業から復職されたパートの随時改定

10月に育児休業から復職されたのですが、出勤日数が8日(10月)、13日(11月)、19日(12月)の場合、算定基礎となる月は12月の1ヶ月だけでよろしいのでしょうか。(正社員ではなく、パート従業員です。)

基礎的なことなのですが、交通費(日額700円)と食事代(日額400円)は支給して控除しています。この場合も算定基礎額に入れて良いのでしょうか。

どうぞよろしくお願い致します。

  • 玉城さん
  • 大阪府
  • 旅行・ホテル
  • 回答数:2件
  • カテゴリ:報酬・賃金
  • 投稿日:2017/01/03 18:00
  • ID:QA-0068614
プロフェッショナル・人事会員からの回答
2件中 1~2件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

プロフェッショナルより
  • 投稿日:2017/01/04 10:15
  • ID:QA-0068617

オフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。本年もどうぞよろしくお願いいたします。

ご相談の件ですが、育児休業から復職の場合には、原則として育児休業終了日の翌日が属する月以後3か月のうち、少なくとも1か月における支払基礎日数が17日以上であれば改定を行う事が可能になります。その際、標準報酬月額は、支払基礎日数が17日未満の月を除いて計算することになります。

従いまして、文面事案の場合ですと、12月の1ヶ月のみで計算することになります。

ちなみに、改定する際には交通費や食事代についても原則として算入することになります。

  • 投稿日:2017/01/04 14:02
  • 相談者の評価:大変参考になった

ご回答ありがとうございました。
とても参考になりました。
初歩的なことで恥ずかしかったのですが、丁寧にご回答下さり、助かりました。

この回答は参考になった
参考になった:0名
プロフェッショナルより
  • 投稿日:2017/01/04 11:59
  • ID:QA-0068621

東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 

ご質問の件

復帰した社員がもともとパートの方であれば、3月とも17日以上出勤日数がなければ月額変更の対象とはなりません。(10/1以後の法改正により、適用拡大により、対象となったパートの方であれば3月とも11日以上となります)

なお、育児月変対象者は、正社員が短時間勤務者になった場合でこの場合であれば、17日以上が1月でもあれば、月額変更対象となります。

通勤手当と食事代の現物支給は算定に含めますが、食事代については、朝・昼・晩の支給状況により、上限が決まっていますので、ご留意ください。

  • 投稿日:2017/01/04 14:06
  • 相談者の評価:大変参考になった

ご回答ありがとうございました。
とても参考になりました。
丁寧にご回答くださり、助かりました。
食事代の上限についてはもう少し調べてみます。

この回答は参考になった
参考になった:0名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

定番のQ&Aをチェック

離職率の算出方法について
当社では離職率は、年初の従業員数を分母として、当年内に退職した従業員数を分子(当年に入社し、退社した数は除く)としてを算出しています。法的な離職率の算出方法はどのような算出方法なのでしょうか?もし法的なものがなければ、他社事例など教えていただければ幸いです。
従業員に役員は含まれるか
はじめて、投稿します。よろしくお願い致します。 一般的に就業規則で『従業員の定義』という条項で役員を含むかどうか言及していない場合で、かつ別途役員就業規則を設けていない場合、この従業員に役員は含まれると解釈するのでしょうか?
会社都合の退職と退職勧奨による退職について
いつも参考にさせております。 この度、従業員の勤務成績・態度に改善が見られない場合、退職勧奨を進めることは出来ないかという検討以来が経営層から出ました。 今まで、このような対応をしたことがなく、色々と調べておりますが、ストレートに公的機関に聞くのもどうかと思い、なかなか思うように進みません。 ...
勤怠管理システムを選ぶ6つのポイントとは?

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

電車が遅延?間に合わない時はWeb会議で 残業削減、隠れ残業にはタイムクリエイター
相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

プロフェッショナル回答ランキング

集計期間:01/01~01/27
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
増沢 隆太 増沢 隆太
人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...
川勝 民雄 川勝 民雄
代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理

注目コンテンツ


「勤怠管理」に役立つソリューション特集

勤怠管理システムを選ぶときのポイント、おすすめのサービスを紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


「処遇」から「目標達成」へ<br />
~人事考課における「目標管理」の重要性とは?

「処遇」から「目標達成」へ
~人事考課における「目標管理」の重要性とは?

人は、周囲から評価されて「有用感」を持つことで、働く意欲が高まっていく...


ビジネスの競争環境が大きく急速に変化していく中、<br />
人事がその変革のエージェントとして経営を支援していく

ビジネスの競争環境が大きく急速に変化していく中、
人事がその変革のエージェントとして経営を支援していく

急速なデジタル技術革新、グローバルな競争環境の一層の多極化、働く人々の...