企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A

相談数13334件   回答数27948

グループ会社(子会社)への教育の義務について

いつもためになります。
この度、組織変更が行われ、分社化し、同じ会社だった別工場(一機能)が別会社(グループ会社A)となりました。このグループ会社への教育について、アドバイスをいただければと思います。

今までは、本社(分社後、親会社)教育実施部門が全社の教育(一般、専門分野等)を行っており、別工場の方に受けに来て頂いたり、本社が向こうに行って出張教育をしておりました。小生は専門分野について教育をする立場です。

ところが、分社化した途端、教育は各会社に任せ、親会社人事(教育計画・統括部門)は一切関与しないと言い出しました。
グループ会社が自力でするか、本社に依頼したら本社が教育を行い、グループ会社から費用を払うスタンスのようです。原則的にはこれでいいとは思うのですが、ここで問題なのは、

①グループ会社に教育ができる人がいない。(難しい内容を含むものもあり、習得、ましてや教えるのは困難)
②分社化したとはいえ、一機能がそのまま別会社になっただけなので、仕事上でのやりとりはそのまま。
 もちろんグループ会社間での異動もありえます。別会社だからといって、そこの従業員の知識がなくては困る。同じレベルの知識がないのがわかっていて、親会社(人事)は放っていいと言っていて、「どういう教育がどのレベルまで必要なのでやってくれ」とまでは親会社からは言わないのはおかしいのではないか。
 親会社が教育する義務はないと思いますが、仕事に関わるグループ会社の従業員の知識を、一定レベルまで引き上げる・監視する義務はないのか?

ということです。

人事は「ない」との意見です。そうなると、完全におまかせで、レベルが落ちてきてしまいます。
過去も分社化した経緯があり、そこ(グループ会社B)のレベルは悲惨なもので、基本的なことを知らない人が仕事をしているので、仕事をするうえで大変という声が多いです。事実、教育するというルールはありますが、必要な教育はされていませんでした。(したとしてもごく簡単な内容)

将来的にはグループ会社の中で教育出来る人を育て、自身で教育してもらうことが必要だと思いますが、それでも何年もかかります。
こちらからグループ会社に必要な教育を指示してやってもらう(グループ会社を育てながら当面は親会社がして、そのあとも親会社がグループ会社の教育レベルの監視”は”する)事はできないのでしょうか。
親会社から「この教育が必要なので実施してくれ」というと、本社が費用を負担しないといけないから人事は言わないのかと思っていますが(教育費用は人事負担というルールなので)、グループ会社で同じ教育レベルのものを受けさせるにはどうすればよいものか困っています。

一番いいのはグループ会社の教育レベルを同じにするように監視する必要がある根拠(ルール)があればそれを使って人事に監視するよう言えるのですが。それともそれぞれの教育実施部門が監視するべきでしょうか?
いずれにしても、人事が費用を握っているので、無視するわけにはいきません。
よいアドバイス頂けたらと思います。

  • KKさん
  • 兵庫県
  • 精密機器
  • 回答数:1件
  • カテゴリ:育成・研修
  • 投稿日:2014/04/01 13:57
  • ID:QA-0058331
専門家・人事会員からの回答
1件中 1~1件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

専門家より
  • 投稿日:2014/04/01 20:17
  • ID:QA-0058335

オフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、こうした状況では近いうちに子会社におけるスキル不足から重大な業務上のトラブルが発生する可能性は極めて高いでしょう。

但し、こうしたグループ会社間での教育・研修の進め方等に関しましては、法律で定められているものではございませんし、基本的にグループ内で十分議論して決定すべき事柄といえます。

文面内容からしますと、本社人事部門が現場の実情を無視し独断で決定している事に問題があるのは明白といえます。

しかしながら、性質上法的に解決できるような問題ではないですので、あくまでグループ内で異論を集約して新たな方策を採るよう働きかけ導いていくという他ないものと考えられます。

  • 投稿日:2014/04/03 15:46
  • 相談者の評価:大変参考になった

ご回答ありがとうございました。
グループ内でよく話し合って新しい方策を進めていきたいと思います。
そのために会社の仕事に影響を及ぼしている事実を用意して導いていくことにします。

この回答は参考になった
参考になった:0名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

定番のQ&Aをチェック

規程と規則の違いについて
現在、規程類の見直しをおこなっているのですが、 規程類の中で就業規則だけが「規則」となっております。 なぜ就業「規程」と言わないのでしょうか。 定義に違いがあるのでしょうか。 会社ごとに決めることなのでしょうが、 多くの会社が就業「規則」としていると思います。 なにか意味があるのでしょうか。 ...
有給休暇取得率の計算方法
有給休暇取得率の計算方法を教えて頂けませんでしょうか? 本日の日経新聞の一面にも「43.7%」という数字がありましたが、 どういう計算式によって算出し、比較すれば良いかが知りたいと思っております。 有休は期限が2年間というややこしい部分もありますので、具体的に教えて頂けますと幸いです。
産休・育休取得者の翌年の有給休暇付与について
いつも的確な回答を頂き有難うございます。 産休・育休取得後、翌年の有給休暇付与についてお伺いさせていただきます。 これまで私の認識では、 ・育児休業だけでなく産前産後休暇を取得した期間についても出勤したものとみなす ・そのため産休・育休を取得しても翌年の有給休暇付与には影響しない、と考えておりまし...
従業員のエンゲージメントを高めるソリューション特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

紀尾井カンファレンス 学びを可視化する ビジログ
相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

専門家回答ランキング

集計期間:10/01~10/20
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
川勝 民雄 川勝 民雄
代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理
小高 東 小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 
得意分野:経営戦略・経営管理、モチベーション・組織活性化、法改正対策・...

注目コンテンツ


従業員のエンゲージメントを高めるソリューション特集

従業員のエンゲージメントを高めるヒントとなるセミナーやサービス、ダウンロード資料をご紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


戦略人事の基盤となる「人事給与システム」<br />
導入を成功させるためのポイントとは?

戦略人事の基盤となる「人事給与システム」
導入を成功させるためのポイントとは?

給与計算業務や社会保険手続きなどの労務管理から、採用・異動・評価といっ...


「働きがい」が業績向上を実現する<br />
~成長する組織をつくる働き方改革~

「働きがい」が業績向上を実現する
~成長する組織をつくる働き方改革~

すでに関連法令も成立し、「働き方改革」への対応は待ったなしの状況といえ...