企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

フレックスタイム制における半日休暇(有給)について

フレックスタイム制においてコアタイムが10:00~15:00の
場合の半休はどの様に扱えば良いのでしょうか。ちなみに所定労働時間は9:00~18:00の8Hとなっております。

投稿日:2006/08/25 08:28 ID:QA-0005826

hideboさん
神奈川県/その他業種

この相談に関連するQ&A

プロフェッショナル・人事会員からの回答

全回答1
投稿日時順 評価順

プロフェッショナルからの回答

服部 康一
服部 康一
服部賃金労務サポートオフィス代表

お答えいたします

「半休制度」を設ける事自体に特別な制限はございませんが、フレックスタイム制の場合、出勤・退勤時間を固定してしまうと同制度の主旨が損なわれますので望ましくありません。

従って、御社の場合ですと、以下のような制度とするとよいでしょう。
・午前半休・午後半休の2つのパターンを設けるが、全体としての拘束時間帯は定めない。
・両パターン共に、半休の場合コアタイム内において必ず勤務しなければならない時間帯(原則1時間)を決めておく。

労使協定・就業規則にて上記のような定めをしておくことによって、自由出勤というフレックスタイム制の特性が失われることなく半休制度を導入できます。

投稿日:2006/08/25 10:35 ID:QA-0005827

相談者より

 

投稿日:2006/08/25 10:35 ID:QA-0032429大変参考になった

回答が参考になった 0

回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
フレックスタイム制のコアタイムを1日のみなしにできますか?
現在、フレックスタイム制ですが、コアタイムを設定しています。 たとえば、火曜日だけをコアタイムなしのフレックスタイム制(月、水、木、金はコアタイムあり)にすることはできるのでしょうか? ご回答をいただけると幸いです。 よろしくお願いいたします。
フレックスタイム制について
お世話になります。弊社で運用しているフレックスタイム制について確認させて頂きたいと思い 質問させて頂きます。 ①固定労働時間制とフレックスタイム制を併用で運用できますか?弊社では基本的に固定労働制と  しておりますが、一部部署の従業員に関してはフレックスタイム制とすることを許容しています。  例え...
フレックスタイム制のコアタイムの設定について
フレックスタイム制の導入を検討しています。 弊社の勤務時間は9時-18時ですが、コアタイムの時間設定をどうすべきか思案しております。 ①コアタイムなし(完全フレックスタイム) ②コアタイム1時間 ③コアタイム2-3時間 ④コアタイム4-5時間 ⑤コアタイム6-7時間 上記のような、フレックスタイム制...
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。
関連する書式・テンプレート
この相談に関連する記事
あわせて読みたいキーワード
フレックスタイム制
働き方改革への意識が高まるなか、労働者が柔軟に勤務時間を決められるフレックスタイムに注目が集まっています。フレックスタイム制では、労働者自身が勤務時間帯を自由に決めることが可能。一定期間に働く総時間数を決めておき、労働者はその時間内であれば何時に出勤・退社してもよいという仕組みです。
サバティカル休暇
長期間勤務者に与えられる長期休暇のこと。通常の有給休暇や年次休暇とは異なり、使途に制限がなく、期間は少なくとも1ヵ月以上、長い場合は1年間の休暇となる場合もあります。
変形労働時間制
変形労働時間制とは、時期や季節によって仕事量の差が著しい場合、従業員の労働時間を弾力的に設定できる制度。一定の期間について、週当たりの平均労働時間が労働基準法に基づく40時間以内であれば、特定の日・週で法定労働時間を超えても(1日10時間、1週52時間を上限とする)、使用者は残業代を支払わずに労働...

専門家の回答を見たり、自分の課題を相談できます。

Withコロナ時代は社内研修をオンライン化! 感染症対策の実施記録に手間なく体調管理
相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

プロフェッショナル回答ランキング

集計期間:12/01~12/04
服部 康一 服部 康一
服部賃金労務サポートオフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
増沢 隆太 増沢 隆太
RMロンドンパートナーズ 人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...
川勝 民雄 川勝 民雄
川勝研究所 代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理
「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


日産自動車の“カルチャー ダイバーシティ”戦略 ~Eラーニング導入による効果と今後への期待とは?

日産自動車の“カルチャー ダイバーシティ”戦略 ~Eラーニング導入による効果と今後への期待とは?

日本企業が成長していくには、「グローバルに対応できる人材をいかに育成し...


企業の成長を促す「エンゲージメント経営」<br />
Employee Experienceが競争力の源泉となる

企業の成長を促す「エンゲージメント経営」
Employee Experienceが競争力の源泉となる

将来の労働力減少が見込まれる現代において、「従業員一人ひとりが持つ経験...