企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A

相談数13185件   回答数27609

介護保険料についてです。

いつもお世話になっております。
加入している健康保険組合が介護保険につき特定被保険者制度というものを採っていましてこの場合被保険者本人が65歳になっても年齢が40歳以上65歳未満の被扶養者が居れば介護保険料は徴収されるかと思います。

そこで1点相談させて下さい。この場合本人は市町村から(恐らく形としては多くの場合年金天引きでしょうが)介護保険料を徴収され、併せて健康保険保険者からも介護保険料を徴収されることを余儀なくされるという認識で良いのでしょうか?

  • ムサシ330さん
  • 神奈川県
  • その他業種
  • 回答数:3件
  • カテゴリ:福利厚生
  • 投稿日:2014/02/06 21:00
  • ID:QA-0057708
専門家・人事会員からの回答
3件中 1~3件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

専門家より
  • 投稿日:2014/02/06 23:18
  • ID:QA-0057714

オフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

御相談の件ですが、文面の特定被保険者に該当する場合ですと、本人は第1号被保険者としまして市町村から介護保険料を徴収されます(通常は年金からの天引きになります)。

一方、被扶養者に関しましては、介護保険制度では第2号被保険者としての取り扱いになり、本人を通じて保険者(健康保険組合)が介護保険料を徴収することになります。

従いまして、一人の被保険者から介護保険料の二重取りといった扱いにはなりません。その他詳細に関しましては、健康保険組合にご確認頂く事をお勧めいたします。

  • 投稿日:2014/02/07 22:19
  • 相談者の評価:あまり参考にならなかった

御回答有難うございます。

>従いまして、一人の被保険者から介護保険料の二重取りといった扱いにはなりません。
二重取りではないというは仰る通りだと思います。しかし実質は、被用者である本人の給与から被扶養者分とはいえ(2号としての)介護保険料が引き去りされる訳です。他方、市町村からも1号被保険者として保険料を徴収される訳ですからどちらもはらうことになるという認識で良いと思っておりますが、この認識だと不適切なところでしょうか?

>その他詳細に関しましては、健康保険組合にご確認頂く事をお勧めいたします。
⇒その点は(徴収されることにつき)既に確認済となっています。

この回答は参考になった
参考になった:0名
専門家より
  • 投稿日:2014/02/07 22:49
  • ID:QA-0057723

オフィス代表

再度お答えいたします

こちらこそご返事下さいまして有難うございます。

ご質問の件ですが、特定被保険者の場合ですと、被扶養者の介護保険料は被保険者が納める保険料に含まれているという事で二重取りにはならないとされています。それ以上の詳細は私も健康保険組合に直接関わっている訳ではないので分かりかねます件ご了承下さい。制度自体が保険組合独自の特殊な制度になりますので、ご質問の件も含め負担内容の不明点につきましては組合に直接ご確認されて解決して頂ければ幸いです。

  • 投稿日:2014/02/08 19:20
  • 相談者の評価:あまり参考にならなかった

回答を頂戴し有難うございます。

この回答は参考になった
参考になった:0名
専門家より
  • 投稿日:2014/02/07 23:13
  • ID:QA-0057724

オフィス代表

再度回答の訂正及び追加

先の回答ですが、本人の保険料に含まれているのは本人が40歳以上65歳未満の場合ですので特例被保険者ではございません。お詫びして訂正させて頂きます。

ちなみに、被扶養者の保険料を被保険者の給与から徴収する措置につきましては、扶養関係にあることからも特別な事情でもない限り問題ないのではというのが私共の見解になります。

それがどうしても納得出来ない方法ということであれば、制度に対する認識の問題ともいえます。その場合は保険者である組合と別の方法が採れないか相談される他ないでしょう。

  • 投稿日:2014/02/08 19:44
  • 相談者の評価:あまり参考にならなかった

拝読いたしました。有難うございました。

この回答は参考になった
参考になった:0名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

定番のQ&Aをチェック

離職率の算出方法について
当社では離職率は、年初の従業員数を分母として、当年内に退職した従業員数を分子(当年に入社し、退社した数は除く)としてを算出しています。法的な離職率の算出方法はどのような算出方法なのでしょうか?もし法的なものがなければ、他社事例など教えていただければ幸いです。
26業務と自由化業務(一般派遣)の違いについて
いまいち26業務と自由化業務の区別がピンときませんので教えて頂きたく存じます。 両者とも派遣期間が3年ということは分かっているのですが、3年を超えた場合は26業務も自由化業務も両方とも派遣労働者へ「雇用契約の申込みをする義務」が発生するのでしょうか? また、自由化業務は絶対に正式雇用にしなければ...
会社の緊急連絡網の作成について
総務では現在、従業員の連絡先(自宅、又は自宅+携帯電話)を把握している状態です。 他は、各従業員の意思により個人、又は上長に連絡先を教えあっている状態で、 会社としての連絡網は作成していません。 新任の部門中の発案で、会社としての緊急連絡網を作成して配布するよう指示がきたのですが、 総務で把握して...
定着率を高め、自発的に行動する新入社員を育成するソリューション特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

表彰盾/記念品工房のアトリエグレイン 管理者が成長するために必要なこと
相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

専門家回答ランキング

集計期間:09/01~09/18
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
増沢 隆太 増沢 隆太
人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...
小高 東 小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 
得意分野:経営戦略・経営管理、モチベーション・組織活性化、法改正対策・...

注目コンテンツ


新しい働き方を実現するソリューション特集

いま、『日本の人事部』が注目する『働き方改革』についての記事・セミナーやサービスをご紹介します。



定着率を高め、自発的に行動する新入社員を育成するソリューション特集

本特集では、自発的に行動し、早期に戦力となる新入社員を育成するための多彩なプログラムをご紹介。体験セミナーや資料請求のお申込みも可能です。万全の体制で春を迎えるために、ぜひご活用ください。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


2020新卒採用の“傾向”と“対策”

2020新卒採用の“傾向”と“対策”

大卒求人倍率は7年連続して上昇、300名未満の中小企業の求人倍率は9....