無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

既に会員の方は
こちらからログイン

ログイン

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

会員登録済み


選択したSNSアカウントは既に会員登録済みです。

国内出張について

お世話になります。
現在、国内出張旅費規程の見直しをしています。国内出張というのは、近距離の外出についても含まれていると考えてよいのでしょうか。日帰り出張の日当について、外出の場合と遠方の場合を分けていますので、規程の条文も、外出が含まれるものについては、外出および出張としなければならないのではないか、という質問があり、私自身も判断がつきかねております。
宜しくご指導のほど、お願い致します。

投稿日:2008/08/07 20:08 ID:QA-0013339

*****さん
兵庫県/医薬品

この相談に関連するQ&A

プロフェッショナル・人事会員からの回答

全回答1
投稿日時順 評価順

プロフェッショナルからの回答

服部 康一
服部 康一
服部賃金労務サポートオフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

出張の定義に関しましては明確な内容はございませんので、会社で任意に決めて定める事が可能です。

ご質問の件ですが、近距離の外出の場合でも「日帰り出張」に含められていればやはり規程上では出張の一形態といえますね‥

御社の場合、「外出」という言葉の使用・定義が明確になっていないように思われますので、この際規程上「外出」という言葉自体を削除し「出張」で統一されるか、または「外出」について宿泊の有無や所用時間・距離等でその範囲を明確にするかで対応されてはいかがでしょう。

こうした規程の見直しを図る場合に最も重要な点は、規定内容に整合性を持たせる事ですので、使われる言葉の示す範囲を明示した上で、規程上は一貫してその意味内容を守って使うことが大切です。

そしてその内容自体は、御社の出張費用捻出に関するポリシーに従って実態に適合するような形になるよう十分検討し決められるべきというのが私共の見解になります。

投稿日:2008/08/08 00:30 ID:QA-0013345

相談者より

ご指導ありがとうございます。先生が例に示して下さったように、外出という言葉を使用せず、出張で統一しましが、内容が非常に分かりやすくなったように思います。
本当にありがとうございました。

投稿日:2008/08/11 17:16 ID:QA-0035324大変参考になった

回答が参考になった 0

回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。
新たに相談する

「人事のQ&A」で相談するには、
『日本の人事部』会員への登録が必要です。

関連する書式・テンプレート
出張届

従業員が出張を希望する時、その可否を判断し、交通手段・宿泊先などを把握するための届出です。

ダウンロード
出張規定

従業員の出張について、可否の判断、交通手段、旅費のルールを定めた規定例です。自社に合わせて編集してください。

ダウンロード