無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

既に会員の方は
こちらからログイン

ログイン

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

会員登録済み


選択したSNSアカウントは既に会員登録済みです。

給与規程改定(段階的改定項目の一括記載について)

いつも大変参考にさせて頂いております。

弊社では、営業職の社員にのみ、毎月30時間分の残業手当を定額割増手当として支給しています。(30時間を超えた分、休日・深夜分は別途支給)

毎月30時間ギリギリ、若しくは30時間を超える社員もいれば、1ヵ月の残業時間が10時間にも満たない社員もいます。

営業職にしか支給していないこと、上記のように営業職のなかでも残業時間実績にバラつきがあること、超えた分は実績通りに支給していること等から、段階的に定額割増手当を減額したいと考えております。

規程改定にあたり、1度の改定で以下のように予め5年程度の先まで規程に記載してしまっても良いものなのでしょうか。
「2022年4月1日~2023年3月31日: 時間外基礎額×27時間
 2024年4月1日~2024年3月31日: 時間外基礎額×24時間
     |
 2027年4月1日~2028年3月31日: 時間外基礎額×16時間」

それとも、それぞれの年度の都度、給与規程の改定手続きを踏まなければならないのでしょうか。

ご教示頂けますでしょうか。
宜しくお願いします。

投稿日:2021/09/17 11:03 ID:QA-0107756

リックさん
東京都/化学

この相談に関連するQ&A

プロフェッショナル・人事会員からの回答

全回答1
投稿日時順 評価順

プロフェッショナルからの回答

服部 康一
服部 康一
服部賃金労務サポートオフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、就業規則は当該年度に限って適用されるものではございませんので、一度の改定で全て今後の変更内容を定められても差し支えございません。

但し、一旦規定されますと事後の変更は難しくなりますので、流動的になるようでしたら1年毎に都度見直しされる方が望ましいでしょう。

投稿日:2021/09/17 11:16 ID:QA-0107757

相談者より

早速、ご回答頂きましてありがとうございます。
大変、参考になりました。
貴アドバイスにもあります通り、実施する場合は慎重に行います。

投稿日:2021/09/17 11:21 ID:QA-0107761大変参考になった

回答が参考になった 0

回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。
新たに相談する

「人事のQ&A」で相談するには、
『日本の人事部』会員への登録が必要です。

関連する書式・テンプレート

この相談に関連する記事

あわせて読みたいキーワード