人事のQ&A

相談数10607件   回答数22008

ノロウィルス対策について

いつも利用させていただいており、大変感謝しております。

さて弊社はフードサービス業なのですが、特にこの時期になると従業員の「ノロウィルス」への対策がでてきます。そこで感染検査ならびに陰性検査の実施費用は会社が負担すべきかどうかを質問させていただきます。

「食品衛生法 食品等事業者が実施すべき管理運営基準に関する指針」によれば、「2次感染防止のために食品取扱者は日頃から自己の健康状態を把握し、下痢・嘔吐・風邪にような症状がある場合は、食品衛生責任者等にその旨を伝えさせるとともに、責任者は上記症状がある方は食品を取扱う作業に従事させないようにすべきである」としています。

この場合、会社としては感染有無確認による業務従事中止判断と陰性確認をもって仕事への復帰を判断する必要があるかと考えておりますが、この際の感染診断検査と陰性検査(証明)にかかる費用は会社負担とすべきでしょうか。
それとも症状については自己確認・判断に委ねて費用は自己負担扱いにすべきでしょうか。

以上、よろしくお願い致します。

  • 投稿日:2007/11/26 12:08
  • ID:QA-0010588

この相談に関連するQ&A

専門家・人事会員からの回答
1件中 1~1件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

専門家より
  • 投稿日:2007/11/28 09:54
  • ID:QA-0010607

この回答者の情報は非公開になりました

企業リスクの観点から

法的な問題ではなく、企業としてのリスク管理の視点でのコメントです。

会社にとってノロウィルス発生は極めて危機的な問題につながる恐れが高いと思われます。
昨今のマスコミの風潮からしますと、そもそもノロウィルスが何ぞやという本質論とは別に、話題になれば大騒ぎをする傾向があります。

コーポレートイメージの保全はあらゆるアセットの中で最優先される必要があると考えています。したがいまして、とてつもない金額になるならともかく、検査関連に要する費用程度は、危機発生の莫大なリスクと比較すれば、はるかに小さいと言えるのではないでしょうか。
ぜひ危機の代償の大きさを会社としてご判断いただき、対策を取られることをお勧めいたします。

回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
雇入れ時の健診で再度検査してもらう費用は
雇入れ時の健康診断にて、聴力について再検とありました。 この場合、再検査の費用は、会社負担なのか自己負担なのか教えて下さい。
定期健康診断再検査の費用と時間
定期健康診断の結果で「要再検査」と診断を受けた社員に対し、再検査に掛かる費用負担と就業中としての扱いは必要でしょうか?
健康診断の費用負担について
いつも利用させていただいております。 定期健康診断を受診することが法律や規則等で定められておりますが、従業員が受診する場合は費用を会社が負担するとしている場合、労働組合の専従者の健康診断の費用を会社が負担しなければならないのでしょうか。 会社が負担した場合は、法的に問題があるのでしょうか。 ご...
新たに相談する
相談する(無料)
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

この相談に関連する記事

定番のQ&Aをチェック

離職率の算出方法について
当社では離職率は、年初の従業員数を分母として、当年内に退職した従業員数を分子(当年に入社し、退社した数は除く)としてを算出しています。法的な離職率の算出方法はどのような算出方法なのでしょうか?もし法的なものがなければ、他社事例など教えていただければ幸いです。
会社都合の退職と退職勧奨による退職について
いつも参考にさせております。 この度、従業員の勤務成績・態度に改善が見られない場合、退職勧奨を進めることは出来ないかという検討以来が経営層から出ました。 今まで、このような対応をしたことがなく、色々と調べておりますが、ストレートに公的機関に聞くのもどうかと思い、なかなか思うように進みません。 ...
産休・育休取得者の翌年の有給休暇付与について
いつも的確な回答を頂き有難うございます。 産休・育休取得後、翌年の有給休暇付与についてお伺いさせていただきます。 これまで私の認識では、 ・育児休業だけでなく産前産後休暇を取得した期間についても出勤したものとみなす ・そのため産休・育休を取得しても翌年の有給休暇付与には影響しない、と考えておりまし...
会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。会員ができること
セブン‐イレブンからオフィスにお食事を
相談する
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

専門家回答ランキング

集計期間:05/01~05/30
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
川勝 民雄 川勝 民雄
代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理
小高 東 小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 
得意分野:経営戦略・経営管理、モチベーション・組織活性化、法改正対策・...

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


データベースサービス

データベースサービス

『日本の人事部』特別会員なら、「朝日新聞」「日経BP雑誌」の記事横断検索など多数のサービスを年会費無料で利用可能。


人事システムが人材マネジメントの基盤を作る! <br />
~常陽銀行の「POSITIVE」導入に見る、人材力「可視化」の狙い

人事システムが人材マネジメントの基盤を作る!
~常陽銀行の「POSITIVE」導入に見る、人材力「可視化」の狙い

地方の企業は厳しい経営環境にあります。地域経済をけん引する地方銀行では...


働きやすさだけでなく、働きがいも大切<br />
不調者が輝きを取り戻すメンタルヘルス対策とは

働きやすさだけでなく、働きがいも大切
不調者が輝きを取り戻すメンタルヘルス対策とは

2012年11月に独立行政法人「労働政策研究・研修機構」が実施した調査...


時代とともに進化する人事業務に求められる<br />
ICTサポートとは何か

時代とともに進化する人事業務に求められる
ICTサポートとは何か

経営戦略を実現する上で重要なポジションである人事業務。人事業務は日々進...