企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

花王株式会社:
健康づくりの本質は人材育成
ヘルスリテラシーの高い組織を目指す「健康経営」の取り組みとは

人材開発部門 健康開発推進部 部長
花王健康保険組合・花王グループ企業年金基金 常務理事

豊澤 敏明さん

社員の健康増進が生産性や収益性の向上につながり、それが企業価値を高める――企業の持続的成長を図る観点から、社員の心身の健康に配慮した「健康経営」の考え方に注目が集まっています。厚生労働省や経済産業省の推奨もあり、健康配慮への取り組みを進める企業は増えていますが、なかでも際だって先進的と評価されるのが花王株式会社の「健康づくり事業」です。同社は今年3月に日本政策投資銀行の「DBJ健康経営格付」で最高ランクを取得し、最優遇金利の適用を受けました。企業健保との連携やPDCAサイクルの導入、健康状態の「見える化」など――同社人材開発部門・健康開発推進部の豊澤敏明部長に、健康経営を軌道に乗せるためのさまざまなヒントをうかがいました。

Profile
豊澤 敏明さん
豊澤 敏明さん
花王株式会社 人材開発部門 健康開発推進部 部長
花王健康保険組合・花王グループ企業年金基金 常務理事

(とよさわ・としあき)●1977年花王石鹸株式会社(現花王株式会社)入社。東京工場事務課(勤労G)に配属後、秘書室、OA推進本部、人事、総務、財務を担当。2001年人事部門茅場サービスセンター部長として福利厚生等を担当。2003年給与事務アウトソーサーである人事サービス・コンサルタント(株)(現エイチアールワン(株))設立に関わり、同社出向。2006年花王健康保険組合常務理事、2010年人材開発部門ライフキャリアサポートセンター部長、2012年人材開発部門健康開発推進部部長も兼務し現在に至る。社会保険労務士。  

“給与化”できないのは健康だけ

豊澤さんは、人材開発部門・健康開発推進部の責任者として社員の健康増進に取り組まれる一方、企業健保(花王健康保険組合)の常務理事も兼務していらっしゃいます。母体企業と企業健保の“二足のわらじ”というのは珍しいですね。

はい。社員であり健保職員でもあるということで、初対面のときは両面印刷の名刺を出しながら“裏表のある人間です”と自己紹介しています(笑)。企業健保とはいえ会社とは別組織ですから、普通は指揮系統も違うし、ともすると社員の健康に関する施策の進め方などはタテ割りになりがちなんですよ。例えば健康に問題のある社員がいても、健保の職員では職場に配慮するよう指示命令を出したりすることはできません。でも私は、社内における健康開発の担当者でもあるので、所属長に協力を要請するなど、会議の席などで直接お願いをすることができるんです。そもそも弊社の場合は、私の立場に象徴されるように会社と健保の関係が極めて密接。社員の健康づくりの取り組みも、両者が一体となって運営する体制をとっています。

その“健康づくり”が、経営課題として浮上してきた経緯をお聞かせください。

人材開発部門 健康開発推進部 部長 花王健康保険組合・花王グループ企業年金基金 常務理事 豊澤 敏明さん

1990年代後半だったでしょうか、バブル崩壊後の景気低迷が深刻化するなか、多くの企業では福利厚生のあり方を見直す議論が進んでいました。弊社でも、さまざまな福利厚生施策やサービスを“給与化”しようという方針が打ち出され、例えば社宅や社員寮といった住宅補助はいちはやく現物支給から給与化へ切り替わりました。確かに見直していくと、たいていのフリンジ(フリンジ・ベネフィット=賃金外給付)は給与化できるんですね。でもそうして議論を深めていく過程で、私たちはひとつだけ給与化できない福利があることに思い至りました。それが「健康」だったんです。

会社から福利厚生として「一万円出すから健康のために使いなさい」なんて言われたら、すぐに呑みに行ってしまいます(笑)。健康管理どころか、逆効果になりかねません。健康だけは、会社が社員一人ひとりに対して“現物支給”するしかない。その必要性にあらためて気づいたわけです。

なるほど。当初は「健康経営」というより、あくまでも福利厚生の一環として社員の健康管理に取り組まれたんですね。

ちょうどその頃、グループ内で販売会社の合併再編が行われ、各地に大規模な販売拠点が生まれました。当時、工場や研究所など生産・開発系の事業所には社員の健康管理を担当する医務室のような施設がありましたが、販売系にはなかったんですよ。大規模化に伴って、販売会社にも産業看護職(保健師・看護師)が置かれるようになると、今度は全国各地の事業所に散らばる数多くの産業保健スタッフとどう連携するかという問題が出てきました。それならやはり、本社で一括して見たほうがいいだろうと。私たち人材開発部門の管轄下に全国の産業看護職を集めて、「全国保健スタッフ会議」を立ち上げたんです。そのあたりが始まりといえば、始まりかもしれませんね。

最初からいきなり明確なビジョンや計画を打ち出して、全社的に健康づくりを進めてきたというわけではないと?

私の記憶では、自然発生といったほうが近いでしょうね。進めていくうちに課題が見えてきたというか、それをクリアしていくことで、健康づくりに対する雰囲気が徐々に醸成され、体制やしくみも整っていったというのが実情です。


記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

となりの人事部のバックナンバー

株式会社村田製作所:
応募者の入社意欲や面接満足度をどう高めればいいのか
テクノロジーで採用面接のコミュニケーションを“見える化”した村田製作所の取り組み
人材の採用難が深刻化する中、採用力強化に直結する「面接力の向上」を課題とする企業は少なくありません。しかし、面接官と応募者が閉じられた空間で対面し、定性的なレビ...
2020/02/25掲載
キヤノン株式会社:
働き方改革から学び方改革へ
キヤノンが実践する人生100年時代に必要な「変身力」の育て方
人生100年時代に、ビジネス環境の目まぐるしい変化。今や一つのスキルだけで一生食べていける時代ではありません。技術の進歩に応じて、従業員も知識や経験を増やし続け...
2020/02/12掲載
株式会社LIFULL:
「日本一働きたい会社」から「世界最高のチーム」へ
経営理念に命を吹き込む、企業文化のつくり方
日本最大級の不動産・住宅情報サイト「LIFULL HOME'S」を運営する株式会社LIFULL は、2017年3月、リンクアンドモチベーション社主催の「ベストモ...
2019/12/05掲載

関連する記事

今春から改正健康増進法が全面施行!
企業がどこまでできる!?仕事中・私生活上の喫煙制限
令和2年4月1日に改正健康増進法および東京都受動喫煙防止条例が全面施行されます。これに向けて企業および官公庁の喫煙対策が加速しています。「喫煙した職員にその後4...
2020/03/06掲載人事・労務関連コラム
メンタルヘルス・健康経営セミナー
職場の活力アップを考える
人材不足、多様性、働き方改革など、近年は人材に関する環境が大きく変化。職場の活力を左右する職場のメンタルヘルス、産業保健に関心が集まっている。どうすれば従業員が...
2020/03/02掲載注目の記事
『健康経営会議2019』開催レポート
2019年8月28日、経団連会館において、健康経営会議実行委員会主催の「健康経営会議2019」が開催された。健康経営とは、従業員の健康を経営課題の一つとして捉え...
2019/10/04掲載イベントレポート
健康経営を戦略的に推進するステップとは?
取り組み事例と外部サービスの選び方
健康経営とは、従業員の健康増進を経営戦略の一つに位置づけ、実践することです。健康経営を推進するには、長期的なビジョンを踏まえた戦略的な取り組みが必要となります。...
2019/08/09掲載人事支援サービスの傾向と選び方
鈴木 義幸さん(株式会社 コーチ・エィ 代表取締役社長):
組織につながりを創造する「コーチング3.0」
主観と客観のバランスを取りながら、大胆な施策を提供する
時代に先駆けて日本にコーチングを導入したコーチ・エィ。20年以上にわたってエグゼクティブを起点としたコーチングを国内外で展開し、個人の成長にとどまらず、組織の成...
2019/07/18掲載HR業界TOPインタビュー

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

記事アクセスランキング

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


ウィズコロナ時代の働き方改革<br />
デジタルシフトで変わる!店舗が実施した非対面の人材開発、職場コミュニケーションとは

ウィズコロナ時代の働き方改革
デジタルシフトで変わる!店舗が実施した非対面の人材開発、職場コミュニケーションとは

新型コロナウイルスの感染拡大は、店舗事業者に甚大な影響をもたらした。さ...


管理職1年生日記 (第3回)

管理職1年生日記 (第3回)

ほとんどの会社では、新任管理職を対象とした「管理職研修」を行っているこ...