無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

既に会員の方は
こちらからログイン

ログイン

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ
となりの人事部人事制度掲載日:2015/09/08

イケア・ジャパン株式会社:
イケアはなぜ「同一労働・同一賃金」「全員正社員」にできたのか
“本気で人を大事にする会社”に学ぶ人事制度改革(後編)[前編を読む]

イケア・ジャパン株式会社 人事本部長

泉川玲香さん

すぐに答えの出る仕事をする人事は大した人事じゃない

さて、新制度の運用が始まってまもなく1年になります。泉川さんが実感されている手ごたえや社内の変化についてお聞かせください。

泉川玲香さん Photo

まず感じるのは、無期雇用化によってコワーカーの間に安心感、安堵感が広がってきていることですね。もう6ヵ月ごとに契約の更新を心配しなくていい。この会社で働くことを前提に、自分のライフパズルを考えればいいわけですから。一方で、今回の改革のベースにある“We believe in people”という会社の思いや、成長してほしいという期待感を真摯に受け止めて、それに応えようと奮闘し始めている人もいます。同一労働・同一賃金になるといっても、当然、次の日から誰もが自動的に賃金が変わるわけではありません。変化のプロセスとして、あなたにはこういう期待値があるけれど、それに対して何が足りないか、何を勉強したいか、自分ではどういうキャリアプランを描いているのかといったことを、マネジャーとの一対一の面談を重ねながら、何ヵ月かにわたって詰めていきます。正社員になることで、より責任感やコスト意識が求められますし、いやでも自分のライフパズルと向き合わざるをえなくなるわけです。

なるほど。賃金の話はそのきっかけにすぎないわけですね。

そうなんです。以前はマネジャーの側にも、非正規の人はこの程度でいい、というような気持ちがどこかにあったんです。「人が大事」だといいながら。でも、いまはマネジャーも変わりつつあるし、それをうけて多くのコワーカーが変わりつつある。「人生と向き合うチャンスをもらいました」という言葉はけっこう聞きましたね。もちろん、そうした変化が本人と会社の成長に結びつくまでには、まだまだ時間がかりそうですが。

泉川さんにとって、人事の仕事のやりがいとは何ですか。

たとえば、今回の制度改革でいうと、すべてのコワーカーが社会保険に入ることになりました。その結果、社会保険料が天引きされるので、時給は上がったけれど上がった実感がないという人も多いかもしれません。でも、長く勤めるほど年金の支給額が増えるので、後々のメリットはすごく大きい。65歳になったら、きっとわかってもらえるでしょう。人事の仕事とはそういうものだと思うんです。今日やって明日答えが出るものではないし、すぐに答えが出るような仕事ばかりやっている人事担当者は、大した人事じゃない。すぐには喜ばれなくても、働く人たちが後で振り返ったとき、会社も自分の人生をともに生きた、自分のライフパズルをかけがえのないピースとして支えてくれたと、そう思ってくれるような役割を果たせるのが、人事の一番の醍醐味ではないでしょうか。

泉川玲香さん Photo
イケア・ジャパン株式会社: イケアはなぜ「同一労働・同一賃金」「全員正社員」にできたのか “本気で人を大事にする会社”に学ぶ人事制度改革(前編)

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

会員登録はこちら

既に日本の人事部会員の方は、ここからログイン

この記事をおススメ

(情報未登録)さんのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。
※コメント入力は任意です。

おススメ
コメント
(任意)
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

コメントを書く

(情報未登録)さんのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。

コメント
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

問題を報告

ご報告ありがとうございます。
『日本の人事部』事務局にて内容を確認させていただきます。

報告内容
問題点

【ご注意】
・このご報告に、事務局から個別にご返信することはありません。
・ご報告いただいた内容が、弊社以外の第三者に伝わることはありません。
・ご報告をいただいても、対応を行わない場合もございます。

となりの人事部のバックナンバー

関連する記事

【用語解説 人事辞典】
非正規公務員
同一労働同一賃金推進法
職能資格制度