企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

海外勤務者の安全対策の実態
――海外勤務の状況、緊急事態発生時を想定した安全対策など

海外勤務の安全対策 –2

海外安全情報の情報源
「外務省」が93.0%、「自社の海外拠点」が78.0%

海外勤務者の安全情報について、情報源としているものを尋ねました。

「外務省」が93.0%と9割を超え最も多く、以下「自社の海外拠点」78.0%、「現地の日本大使館(領事館)」68.0%、「新聞・通信社等のマスコミ」53.0%と続きます(複数回答)。

ほとんどの企業が情報源としている外務省では、渡航者や海外在住者向けに「海外安全ホームページ」を開設しています。国・地域別に現地情勢や危険情報、感染症に関する情報、防犯・トラブル回避に役立つ情報等が示されており、また海外安全パンフレットや在留邦人向け安全の手引きといった情報も用意されています。

なお、安全対策というとテロや誘拐事件などに目が向けられがちですが、海外勤務時のリスクとして、感染症への対応も忘れてはなりません。今回の調査では利用率は44.0%と半数に満たないのですが、厚生労働省検疫所のホームページでは、海外の感染症の流行状況や予防方法などの情報を掲載しています。

上記のようなサイトを日ごろからチェックし、海外勤務者が安心して勤務できるよう備えることも必要でしょう。

また、33.0%と3社に1社は「セキュリティ・コンサルタント会社」を挙げています。「セキュリティ・コンサルタント会社」は高度の専門性を有し、平時の情報提供から有事の際のサポートまで、海外での安全対策に幅広く対応してくれます。

【図表3】海外勤務者の安全情報について、情報源としているもの(複数回答)

【図表3】海外勤務者の安全情報について、情報源としているもの(複数回答)

海外勤務者の安全対策に対する問題・課題
“国・地域ごとに危機の内容が異なる”“現地任せになっている”のほか、“メンタルヘルス対策”も複数が挙げる

最後に、海外勤務者の安全対策について問題・課題となっていることを自由に記入いただきました。

概観すると以下の項目が挙げられます。

  • 危機管理マニュアルの作成、緊急事態発生時の安全確保
  • 安全対策が現地任せになっている
  • 国、地域ごとに危機の内容が異なる
  • 健康問題、特にメンタルヘルス対策

中国での暴動やアルジェリアの人質事件の後も、直近ではアメリカ・ボストンの爆破テロ事件、中国での鳥インフルエンザ(H7N9型)の発生、サウジ アラビアを中心に感染が拡大している新種のコロナウイルス(MERSコロナウイルス)など、海外勤務者をめぐる懸念は後を絶ちません。

ところで、2001年9月11日のアメリカ同時多発テロ事件を受け一般財団法人 労務行政研究所が実施した「海外危機管理の見直しに関する緊急アンケート」では、海外危機管理の課題とその対応策として「マニュアルの整備」や「連絡ルー トの再確認」などが挙げられていました(第3516号-01.11.23)。集計(回答)企業は異なるものの、今回の調査では、マニュアルの作成は 43.0%、現地勤務者の安否確認の体制整備は59.0%で依然として100%には及ばず、緊急事態への対策をしていない企業も23.0%に上ります。

もちろん中には、今回、回答いただいたコメントにある“ハードシップの高い地域への進出は今のところないため、静観している”企業もあるでしょう。 しかし、いつ、どこで起こるか予測できないのが危機です。自社の海外勤務者がどのようなリスクにさらされ、いざというときに企業がどのような行動をとれる のか、日ごろから意識して対策を講じておくことが必要といえるでしょう。

* ここでは、一般財団法人労務行政研究所が2013年3月4日~27日にかけて行った「海外勤務者の安全対策に関するアンケート」をもとに、『日本の人事部』編集部が記事を作成しました。詳細は『労政時報』第3848号(2013年6月28日発行)に掲載されています。
◆労政時報の詳細は、こちらをご覧ください → 「WEB労政時報」体験版

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

人事・労務実態調査のバックナンバー

2019年度 部長・課長・係長クラス・一般社員のホワイトカラー職種別賃金調査
~13職種に見る最新実態と諸格差の動向~
グローバル化の進展等に伴い、役割給・職務給に代表される仕事基準の人材マネジメントを志向する企業が、徐々に増えつつある。 こうした動向を踏まえて労務行政研究所で...
2020/06/12掲載
2019年役員報酬・賞与等の最新実態
~従業員身分の執行役員の年収は1511万円~
民間調査機関の一般財団法人 労務行政研究所では、調査資料が少ない役員の年間報酬(報酬月額・年間賞与)その他処遇に関する調査を1986年以降継続して行っている。本...
2020/04/10掲載
労使および専門家の計452人に聞く2020年賃上げの見通し
~定昇込みで6495円・2.05%と予測。7年連続で2%台に乗る~
賃金交渉の最新動向がわかる!労・使の当事者および労働経済分野の専門家を対象に実施した「賃上げ等に関するアンケート調査」から見える2020年の賃上げ見通しは?
2020/02/20掲載

関連する記事

本田茂樹さん:
緊急事態宣言が全面解除
次の感染ピークを想定して今から取り組んでおきたい職場の感染症対策
新型コロナウイルス感染症の世界的流行により、私たちの暮らしは様変わりし、企業でも休業や自宅待機、在宅勤務などの対応に追われました。過去にも新たな感染が流行したこ...
2020/06/04掲載キーパーソンが語る“人と組織”
帝人が実施した「睡眠力向上」のための実証実験結果を公開
~実験結果から見えてきた企業の「休み方改革」とは~
働き方改革と相まって話題になっている「健康経営」ですが、従業員の健康を守るための施策を考えるだけが目的ではありません。従業員の健康を増進することが、仕事への活力...
2019/01/08掲載注目の記事
本誌特別調査
旧姓使用を認めている企業は67.5%
~民間企業440社にみる人事労務諸制度の実施状況(労務行政研究所)~
企業で広く取り入れられている18分野・191制度の実施率と10制度の改廃状況について調査した「人事労務諸制度実施状況調査(2018年1~4月実施)」結果を抜粋し...
2018/12/10掲載人事・労務実態調査
「季節性、新型インフルエンザについて」
正しく知って、正しく恐れる 社員の健康と会社の未来を守る感染症対策の要諦とは
今年も、インフルエンザの季節がやってきました。近年では、治療水準が飛躍的に向上し、国内で流行する季節性インフルエンザについては、その被害を最小限に抑えることが可...
2016/01/18掲載注目の記事
【産業医】
健康リスクを軽減する、職場のかかりつけ医
知られざる「健康経営」のキーパーソン
「産業医」の醍醐味・やりがい、適性、収入やその仕事に就く方法などについて、エピソードとともに紹介
2014/11/28掲載あの仕事の「ヒト」と「カネ」

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

無料ウェビナー8/25コーナーストーン主催

記事アクセスランキング

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


企業の成長を促す「エンゲージメント経営」<br />
Employee Experienceが競争力の源泉となる

企業の成長を促す「エンゲージメント経営」
Employee Experienceが競争力の源泉となる

将来の労働力減少が見込まれる現代において、「従業員一人ひとりが持つ経験...


いま、企業が行うべき研修とは?<br />
~育成の目的とメニューを明確にし、効果を最大限に高めていく

いま、企業が行うべき研修とは?
~育成の目的とメニューを明確にし、効果を最大限に高めていく

自律性を高め、社員一人ひとりのスキル・能力を高めていかなければ、これか...