企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】ラインケア ラインケア

「ラインケア」とは、企業などの職場のメンタルヘルス対策において、部長・課長などの管理監督者が直属の部下にあたる労働者へ、個別の指導・相談や職場環境改善を行う取り組みのことです。組織内で指示命令を出す相手=部下を持つ管理監督者は、部下の状況を日常的に把握し、具体的なストレス要因の評価やその改善を図ることが可能な立場にあるため、職場環境の把握と改善、働く人からの相談への対応といった行動が求められます。ラインケアは、企業などにおけるメンタルヘルスケアの要であり、事業者は管理監督者がこれを適切に実行できるよう、教育・研修、情報提供を行う必要があります。
(2016/8/30掲載)

ラインケアのケーススタディ

上司と部下の関係こそが強いストレス要因
だからこそ管理職がメンタルヘルス対策の要に

厚生労働省が2006年に発表した「労働者の心の健康の保持増進のための指針」の中で、職場におけるメンタルヘルスケアを推進するために、“四つのケア”が重要であることが指摘されました。“四つのケア”とは、働く人自身、そして周囲の管理職や専門家がストレスを気づき、ケアを行う体制や取り組みのことで、働く人本人がストレスに気づき対処する「セルフケア」、管理職などが職場環境等の改善や個別の指導・相談を行う「ラインケア」、組織内の衛生管理者などによる「事業場内産業保健スタッフ等によるケア」、組織外の専門家や相談機関を活用する「事業場外資源によるケア」の四つがあります。

「労働契約法」は「使用者は、労働契約に伴い、労働者がその生命、身体等の安全を確保しつつ労働することができるよう、必要な配慮をするものとする」(労働契約法第5条)と、使用者の安全配慮義務を定めています。使用者には、社員など働く人に対し、業務を定めて遂行させるにあたり、疲労や心理的負荷が過度に蓄積して、働く人の心身の健康を損なうことがないよう配慮することが求められているのです。社員などが仕事を理由に、メンタルヘルス不調に陥った場合、企業がこの安全配慮義務に違反していたと判断される可能性は少なくありません。組織のリスクマネジメントという観点からも、職場の状況を日常的に把握できる立場にある管理職を要として、企業全体でラインケアの構築と実施に取り組む必要があるわけです。

管理職がラインケアとして実施すべきことは大きく、(1)職場環境の把握と改善、(2)部下からの相談への対応の二つに分かれます。(1)については、部下が置かれている職場環境や勤務形態、職場組織が適切に機能しているかを把握、評価し、必要に応じた見直しを図ることが求められます。部下の勤務状況を日常的に把握するのはもちろん、本人から随時、仕事に関する課題を聞き取るなどして職場のストレス要因を把握しておくべきでしょう。部下一人ひとりに対し、過度な長時間労働や過重な疲労、心理的負荷・責任などが生じないように、個々の能力や適性、職務内容に合わせた配慮を行うことも求められます。

また、(2)については、“部下からの相談への対応”といっても、相談を受けてから対応するという姿勢では効果的なケアとはいえません。管理職として、日頃から部下に対する観察、気づき、声かけが必要です。長時間労働で疲労の蓄積が認められる部下や、強度の心理的負荷を伴う悩みやトラブルを抱えている部下など、個別の配慮が必要な場合には、まず管理職から歩み寄り、相談を受ける機会を設けて、じっくり話を聴くように心がけるべきでしょう。

そもそも部下である社員にとっては、上司と部下の関係、つまりラインという指揮命令系統そのものが強いストレスの要因になりがち。上司はそのことを理解し、自覚した上で、個々の部下との接し方に気を配る必要があります。職場のメンタルヘルス対策において、ラインケアが最も重要視されるゆえんです。

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

あわせて読みたい

ケア責任
「ケア責任」とは、家族などにケアが必要な子どもや障がい者、要介護者がいる場合に、そのケアを担って責任を負うこと。「ケア責任」があることで、できる仕事に制限が生じたり、企業内で指導的な立場になりにくかったりするケースが考えられます。現在は、要介護者が増加傾向にあるなど「ケア責任」を負う人が増えており、...
垂直的評価
「垂直的評価」とは、上司と部下というタテの関係の中で行われる人事評価のことです。定義としては「部下が上司を評価する」意味も含まれますが、一般的には「上司が部下を評価する」ことを指します。多くの企業では、日常的・直接的に部下の指導監督にあたる直属の上司を第一次考課者として、一次考課者の監督者を第二次...
リバースメンタリング
「リバースメンタリング」とは、逆メンター制度ともいわれ、上司や先輩社員がメンター=相談役になって若手をサポートする通常のメンタリングに対し、部下が上司に助言する逆方向(リバース)の支援活動のしくみを指します。チームリーダーや管理職などの中堅・ベテラン社員が、若い世代の気持ちを理解して適切かつ柔軟な...

関連する記事

管理職が置かれた「現状」
経営課題を現場レベルで状況判断し、対応できる管理職が求められている。しかし、実際の管理職の現状はどうだろうか。アンケートをもとに考察し、管理職・マネージャのおかれている課題を整理する。
2016/06/10掲載よくわかる講座
職場のモヤモヤ解決図鑑【第2回】 1on1で、ついつい上司ばかりが話してしまった
自分のことだけ集中したくても、そうはいかないのが社会人。昔思い描いていた理想の社会人像より、ずいぶんあくせくしてない? 働き方や人間関係に悩む皆さまに、問題解決のヒントをお送りします!
2020/02/18掲載編集部注目レポート
いま、見直される「セルフケア」
近年、働く環境が大きく様変わりし、職場におけるストレス要因が増加してきた。その結果、心身の健康を害する人がこの数年間で急増しているという。このような状況下において、メンタルヘルスに対するケアというのは、企業はもちろんのこと、各個人が積極的に対処していく「セルフ...
2007/09/26掲載注目の記事

関連するQ&A

管理職の処遇について
現在、総務課長に1年在籍している管理職がおりますが、 本人も管理職には向いていないという自覚があり 積極的に何かを改善しようという行動もなく、また部下への 教育も出来ていない状況です。 このような場合、降格して管理職から外すべきか それとも、部下を持たない部署に異動すべきでしょうか。 本人は部下...
給与に関すること
2年前に現場の部門長Aが、部下を昇進させるため上層部へ具申しましたが、 却下されました。(部下は昇進の話は知っていました) しかし、部門長Aは部下を思い基本給の方で2万円を加給しました。 このとき、部門長Aは、部下には内緒にするようにと言われたとのこと。(部下証言) 部下は、その2万円は能力給的な...
「上司が部下の昇給率(額)を知っている」企業の多さと是非
正社員の部下を持つ課長が、部下の昇給率(額)を知っている企業の①多さについての資料や分析結果などがもしあれば、と②その事の是非についての見解について教えて頂けますと幸甚です。 今年転職し、2,000人規模の外資のHRに入社をしました。 これまで経験して来た2,000人規模から5,000人規模の日本...
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
各分野のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

関連するキーワード

分類:[ 安全衛生 ]

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

50音・英数字で用語を探す

新着用語 一覧

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


ウィズコロナ時代の働き方改革<br />
デジタルシフトで変わる!店舗が実施した非対面の人材開発、職場コミュニケーションとは

ウィズコロナ時代の働き方改革
デジタルシフトで変わる!店舗が実施した非対面の人材開発、職場コミュニケーションとは

新型コロナウイルスの感染拡大は、店舗事業者に甚大な影響をもたらした。さ...


~誰しもが経験するつまずきを乗り越える方法とは?~<br />
新人がイキイキと働くために、人事ができること

~誰しもが経験するつまずきを乗り越える方法とは?~
新人がイキイキと働くために、人事ができること

「3年3割」と言われる若年層の早期離職問題。手間もお金もかけて採用した...