企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】ウェルビーイング ウェルビーイング

「ウェルビーイング」(well-being)とは、身体的、精神的、社会的に良好な状態にあることを意味する概念で、「幸福」と翻訳されることも多い言葉です。1946年の世界保健機関(WHO)憲章の草案の中で、「健康とは、病気でないとか、弱っていないということではなく、肉体的にも、精神的にも、そして社会的にも、すべてが満たされた状態(well-being)にあることをいいます(日本WHO協会:訳)」と用いられています。企業としての経営の方向性や組織のあり方を考えるときに、目安となる概念の一つといえます。
(2017/9/13掲載)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ウェルビーイングのケーススタディ

国別の幸福度ランキングで日本は51位
企業は今後どのような幸福を目指すのか

「ウェルビーイング」は幸福の概念といわれますが、日本は今、幸福なのでしょうか。国連が2017年3月に発表した、世界155ヵ国を対象にした幸福度ランキングによれば、日本の順位は51位。2016年の53位から、二つ順位を上げました。1位はノルウェーで、上位5ヵ国のうち4ヵ国を北欧勢が占めています。主要な国を見るとカナダ7位、米国14位、ドイツ16位、フランス31位となっており、日本はまだまだ上を目指さなければならない位置にあるといえます。

では、日本の企業における幸福度はどうでしょうか。企業の持続的成長を図る観点として、社員の健康に配慮した経営手法である「健康経営」という言葉が、最近よく聞かれるようになりました。平成26年に社員のメンタルチェックが義務化され、現在は働き方改革のテーマとして長時間労働の是正が課題となるなど、社員の健康維持への注目は年々高まっています。「ウェルビーイング」という概念は、健康経営の考え方をさらに推し進め、社員のメンタルヘルスや仕事へのやる気、企業への愛情といったものまで含めた概念ともいえるでしょう。

「ウェルビーイング」という考え方をいかに企業に持ち込むのか。オフィス用品を扱うコクヨでは、自社の研究機関誌の中で、オフィスに「ウェルビーイング」を取り込むポイントとして、「ワン・カンパニー:組織文化の浸透」、「マインドフル:意識の調整」、「セレクタブル:選択肢の提供」、「コンビニエンス:手軽なアクセス」、「ナッジ:そっと背中を押す手」、「ナチュラル:職場らしさの排除」の六つをあげています。

幸福は定型がないものだからこそ、自分たちに合うもの、自分たちが気持ちよく働けるもの、自分たちが前向きでいられるものは、自らで探さなくてはいけません。人材の獲得競争が激しくなる中、今後日本企業が経営方針として「ウェルビーイング」にどのように取り組んでいくのかが注目されます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい

エンプロイメンタビリティ
「エンプロイメンタビリティ」(employmentability)とは、「企業の雇用能力」を意味する用語です。雇用される側からみて魅力的な企業か、継続的に雇用されたいかといった価値に関する概念で、雇用主としての能力や優秀な人材をひきつける吸引力を表します。単に高報酬を保障できればいいということでは...
100年企業
「100年企業」とは、創業以来100年を超えて事業を継承する企業を指し、いわゆる“老舗企業”“長寿企業”の意味で使われる言葉です。日本は世界有数の長寿企業大国といわれ、東京商工リサーチの調査によると、創業100年以上の企業は2012年時点で2万7,441社あることがわかっています。そのうち東証など国...
健康会計
「健康会計」とは、2008年に経済産業省(以下、経産省)が提唱した、企業による健康への取り組みを評価する新しい会計制度の呼称。従業員の健康増進のために企業がどれだけ投資したか、その「費用」と「効果」を定量的に把握、可視化するしくみで、健康投資に対する適切な意思決定を可能にするとともに、健康づくりに...

関連する記事

森永雄太さん: ただ「健康増進」を唱えるだけでは届かない  健康経営を従業員のやる気につなげる「ウェルビーイング経営」の考え方(後編)
従業員の健康につながる施策に会社をあげて取り組む「健康経営」の考え方が定着しつつありますが、一方で若い人ほど「健康」という言葉を軽くとらえてしまいがちであるのも事実です(前編参照)。健康的な食生活や生活習慣の重要性を頭では理解していても、実際には体に何の問題も...
2017/08/09掲載キーパーソンが語る“人と組織”
企業の時短はどこまで進んだ?休日は増えた?「労働時間」と「休日日数」の最新実態
主要企業と中堅・中小企業の2004年度の労働時間と休日について、労務行政研究所の調査結果をもとに探ってみます。
2005/03/28掲載人事・労務実態調査
2016年「ホワイト企業」認定がスタート! 日本次世代企業普及機構(JWS)が取り組む、次世代に残したい良い会社の基準とは?
一般財団法人日本次世代企業普及機構(Japan White Spread:以下、JWS)は、将来性やビジョン、働きがいといった要素において、これからの時代に残すべき素晴らしい中堅中小企業を発掘し、「ホワイト企業」として認定・表彰を行うことを目的に誕生しました。...
2016/02/10掲載注目の記事
次世代リーダー育成に役立つソリューション特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

学びを可視化する ビジログ LINE×採用で 説明会参加率アップ

50音・英数字で用語を探す

注目コンテンツ


次世代リーダー育成に役立つソリューション特集

次世代リーダー育成に役立つセミナーやサービス、ダウンロード資料をご紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


「入社前に、“ストレス耐性”を確認したい」<br />
――辞めない人材を採用する、科学的な採用手法とは

「入社前に、“ストレス耐性”を確認したい」
――辞めない人材を採用する、科学的な採用手法とは

能力が高くても、ストレスにうまく対応できなければ思うような成果をあげる...


管理職1年生日記 (第1回)

管理職1年生日記 (第1回)

主人公は、首都圏に本社がある食品メーカーC社営業部第2課に勤務するA氏...