企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

海外勤務者の安全対策の実態
――海外勤務の状況、緊急事態発生時を想定した安全対策など

企業の海外進出が進み、海外で勤務する社員が増える一方、テロや誘拐、自然災害、感染症など、さまざまなリスクも増えています。古くは2001年のアメリカ同時多発テロ事件をはじめ、SARS、インドネシア・スマトラ島沖地震、最近では中国での暴動やアルジェリアでの人質事件が記憶に新しく、日本人を巻き込んだ一般犯罪も後を絶ちません。こうした世間をにぎわせた事件を契機に海外勤務者の安全対策の整備・見直しに取り組んだ企業も少なくないものと思われます。

一般財団法人 労務行政研究所(理事長:矢田敏雄)では、2013年3月に「海外勤務者の安全対策に関するアンケート」を実施。海外勤務者の安全対策に企業がどのように取り組んでいるのかを調べました。本記事では、その中から「海外勤務の状況」「海外勤務の安全対策」を中心に取り上げます。

※『労政時報』は1930年に創刊。80年の歴史を重ねた人事・労務全般を網羅した専門情報誌です。ここでは、同誌記事の一部抜粋を掲載しています。

【調査要領】

◎調査名:「海外勤務者の安全対策に関するアンケート」

1. 調査対象:全国証券市場の上場企業(新興市場の上場企業も含む)のうち、東洋経済新報社『2011海外進出企業総覧』所載の(1)海外現地法人を有する企業、または(2)海外支店・駐在員事務所を有する企業――計1686社。

2. 調査期間:2013年3月4日~27日

3. 集計対象:前記調査対象のうち、回答のあった100社。

海外勤務の状況

海外拠点・海外出張がある地域
海外拠点・海外出張とも「中国・台湾・香港」が9割台で最多。「東南アジア」がこれに次ぐ

海外勤務者の安全対策について見る前に、まずは今回の集計(回答)企業における海外勤務の状況を見ておきましょう。

現地法人、支店、駐在員事務所といった海外拠点がある地域は、「中国・台湾・香港」が最も多く、94.0%と9割台に上りました。以下、「東南アジ ア」82.0%、「北米」74.0%、「西ヨーロッパ」57.0%と続きます(複数回答)。一方、「中東」20.0%や「アフリカ」10.0%は1~2割 にとどまりました。

海外出張がある地域も、「中国・台湾・香港」が最も多く95.0%。以下、「東南アジア」92.0%、「北米」80.0%と続くところは、海外拠点と同様です。海外出張では、「韓国」78.0%が「西ヨーロッパ」75.0%を上回り、4番目となっています。

【図表1】海外拠点(現地法人、支店、駐在員事務所)・海外出張がある地域(複数回答)

【図表1】海外拠点(現地法人、支店、駐在員事務所)・海外出張がある地域(複数回答)

海外勤務の安全対策 -1

緊急事態発生時を想定した実施事項
「安否を確認する体制整備」は59.0%、「危機管理マニュアルの作成」は43.0%が実施

海外でテロや自然災害等が起こるなどの緊急事態発生時を想定し、何らかの施策を実施している企業は77.0%に達しています(後述しますが、「緊急事態発生を想定して、実施している事項は特にない」が23.0%であるため)。

具体的な事項を尋ねたところ、最も多く実施されていたのは「現地で勤務している者の安否を確認する体制整備」で、59.0%と約6割。以下、「緊急 事態発生を想定した危機管理マニュアルの作成」43.0%、「社内・社外への情報発信の体制整備」41.0%、「事業停止リスクへの対応」20.0%、 「日本に残留している家族への対応ルール整備」19.0%、「関係行政機関への対応ルール整備」10.0%と続きます(複数回答)。「その他」8.0%と して、“緊急事態を想定した訓練の実施”“鳥インフルエンザ等に備えた薬品や体制の確認”といったものも挙げられました。

各事項とも、おおむね規模が大きいほど実施割合は高い傾向にあります。特に「危機管理マニュアルの作成」は、1000人以上では56.3%と過半数が実施しているのに対し、300~999人では23.1%、300人未満では10.0%と格差が顕著になっています。

一方、「緊急事態発生を想定して、実施している事項は特にない」ところも23.0%と2割超見られました。特に、300人未満では80.0%と大半 が「特にない」と回答。その理由は尋ねていませんが、規模が小さいところでは相対的に海外赴任や海外出張が少なく、緊急事態への対応について事前に組織的 な対応を講じる必要性を認識していなかったり、必要性はあっても人員の都合で対応が後回しになったりしているのではないかと推察されます。

【図表2】海外でテロや自然災害等が起こるなどの緊急事態発生時を想定し、実施している事項(複数回答)

【図表2】海外でテロや自然災害等が起こるなどの緊急事態発生時を想定し、実施している事項(複数回答)

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

人事・労務実態調査のバックナンバー

2019年度 部長・課長・係長クラス・一般社員のホワイトカラー職種別賃金調査
~13職種に見る最新実態と諸格差の動向~
グローバル化の進展等に伴い、役割給・職務給に代表される仕事基準の人材マネジメントを志向する企業が、徐々に増えつつある。 こうした動向を踏まえて労務行政研究所で...
2020/06/12掲載
2019年役員報酬・賞与等の最新実態
~従業員身分の執行役員の年収は1511万円~
民間調査機関の一般財団法人 労務行政研究所では、調査資料が少ない役員の年間報酬(報酬月額・年間賞与)その他処遇に関する調査を1986年以降継続して行っている。本...
2020/04/10掲載
労使および専門家の計452人に聞く2020年賃上げの見通し
~定昇込みで6495円・2.05%と予測。7年連続で2%台に乗る~
賃金交渉の最新動向がわかる!労・使の当事者および労働経済分野の専門家を対象に実施した「賃上げ等に関するアンケート調査」から見える2020年の賃上げ見通しは?
2020/02/20掲載

関連する記事

本田茂樹さん:
緊急事態宣言が全面解除
次の感染ピークを想定して今から取り組んでおきたい職場の感染症対策
新型コロナウイルス感染症の世界的流行により、私たちの暮らしは様変わりし、企業でも休業や自宅待機、在宅勤務などの対応に追われました。過去にも新たな感染が流行したこ...
2020/06/04掲載キーパーソンが語る“人と組織”
帝人が実施した「睡眠力向上」のための実証実験結果を公開
~実験結果から見えてきた企業の「休み方改革」とは~
働き方改革と相まって話題になっている「健康経営」ですが、従業員の健康を守るための施策を考えるだけが目的ではありません。従業員の健康を増進することが、仕事への活力...
2019/01/08掲載注目の記事
本誌特別調査
旧姓使用を認めている企業は67.5%
~民間企業440社にみる人事労務諸制度の実施状況(労務行政研究所)~
企業で広く取り入れられている18分野・191制度の実施率と10制度の改廃状況について調査した「人事労務諸制度実施状況調査(2018年1~4月実施)」結果を抜粋し...
2018/12/10掲載人事・労務実態調査
「季節性、新型インフルエンザについて」
正しく知って、正しく恐れる 社員の健康と会社の未来を守る感染症対策の要諦とは
今年も、インフルエンザの季節がやってきました。近年では、治療水準が飛躍的に向上し、国内で流行する季節性インフルエンザについては、その被害を最小限に抑えることが可...
2016/01/18掲載注目の記事
【産業医】
健康リスクを軽減する、職場のかかりつけ医
知られざる「健康経営」のキーパーソン
「産業医」の 醍醐味・やりがい、適性、収入やその仕事に就く方法などについて、エピソードとともに紹介
2014/11/28掲載あの仕事の「ヒト」と「カネ」

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

記事アクセスランキング

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


ウィズコロナ時代の働き方改革<br />
デジタルシフトで変わる!店舗が実施した非対面の人材開発、職場コミュニケーションとは

ウィズコロナ時代の働き方改革
デジタルシフトで変わる!店舗が実施した非対面の人材開発、職場コミュニケーションとは

新型コロナウイルスの感染拡大は、店舗事業者に甚大な影響をもたらした。さ...


いま、見直される「セルフケア」

いま、見直される「セルフケア」

近年、働く環境が大きく様変わりし、職場におけるストレス要因が増加してき...