企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

育児・介護支援制度の最新実態

2010年6月30日より、改正育児・介護休業法が施行されました。主な改正内容は、(1)短時間勤務制度の導入義務づけ(2)労働者からの請求による所定外労働の免除制度の新設(3)子の看護休暇制度の拡充(4)パパ・ママ育休プラス(父母ともに育児休業を取得する場合の休業可能期間の延長)(5)介護休暇の新設 です。これを受けて、民間調査機関の労務行政研究所(理事長:矢田敏雄)では、各企業の育児・介護休業等の最新実態を調査しました。今回はこの中から育児休業・介護休業それぞれの「期間」「休業中の月例賃金の取り扱い」について紹介します。

※『労政時報』は1930年に創刊。80年の歴史を重ねた人事・労務全般を網羅した専門情報誌です。ここでは、同誌記事の一部抜粋を掲載しています。

【調査要領】

◎調査名:「育児・介護休業等に関する実態調査」

1. 調査対象:全国証券市場の上場企業(新興市場の上場企業も含む)3,571社と、上場企業に匹敵する非上場企業(資本金5億円以上かつ従業員500人以上)328社の合計3,899社。ただし、持株会社の場合は主要子会社を対象としたところもある。

2. 調査時期:2010年8月25日~10月15日

3. 集計対象:上記の調査対象のうち、回答のあった287社。

育児休業の期間

「法定どおり」が7割で主流だが、1,000人以上規模では「法定を上回る」が6割を超える

法令等の定め

  • 原則、子が1歳に達するまで。両親ともに取得する場合は1歳2ヵ月、保育園の入所待ちなど一定の条件下では1歳6ヵ月に達するまで(法5条、9条の2)

育児休業の期間については、上記に示した「法定どおり」とする企業が70.7%と7割を占め、「法定を上回る」企業は 29.3%でした。集計(回答)企業は異なるものの、「法定を上回る」とする企業は、労務行政研究所が2007年2~3月に行った同様の調査(以下、 「07年調査」という。結果は第3705号―07.7.13)では26.3%、さらにさかのぼって2003年11月~2004年1月に行った調査(結果は 第3630号―04.5.28)では、15.3%であり、増加しています。

今回の調査について規模別にみると、「法定どおり」とする企業は1,000人以上36.8%、300~999人79.0%、300人未満92.6%で、規模による格差が顕著となっています。1,000人以上の大手では、「法定を上回る」が63.2%と6割を超えています。

「法定を上回る」場合、最長でいつまで休業可能なのか尋ねたところ、「1歳6ヵ月~2歳未満」が61.9%、「2歳~3歳未満」が28.6%、「3 歳以上」が6.0%となりました。法定期間(原則子が1歳になるまで)よりも半年~1年程度長い休業を認めている企業が主流です。「3歳以上」で具体的内 容が明らかなものとしては、“3歳に達した後の4月末日まで”“3歳に達する月の月末まで”“産休終了後3年間”などがみられました。また、「その他」 (3.6%)は、“小学校卒業までの間で最長3年間”“4歳までの間で最長3年間”などでした。

【図表1】育児休業の期間

【図表1】育児休業の期間

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

人事・労務実態調査のバックナンバー

2019年度 部長・課長・係長クラス・一般社員のホワイトカラー職種別賃金調査
~13職種に見る最新実態と諸格差の動向~
グローバル化の進展等に伴い、役割給・職務給に代表される仕事基準の人材マネジメントを志向する企業が、徐々に増えつつある。 こうした動向を踏まえて労務行政研究所で...
2020/06/12掲載
2019年役員報酬・賞与等の最新実態
~従業員身分の執行役員の年収は1511万円~
民間調査機関の一般財団法人 労務行政研究所では、調査資料が少ない役員の年間報酬(報酬月額・年間賞与)その他処遇に関する調査を1986年以降継続して行っている。本...
2020/04/10掲載
労使および専門家の計452人に聞く2020年賃上げの見通し
~定昇込みで6495円・2.05%と予測。7年連続で2%台に乗る~
賃金交渉の最新動向がわかる!労・使の当事者および労働経済分野の専門家を対象に実施した「賃上げ等に関するアンケート調査」から見える2020年の賃上げ見通しは?
2020/02/20掲載

関連する記事

「休み方」をどう考える?――年次有給休暇を中心に
働き方改革関連法によって年5日の有給休暇取得が義務付けられたことで、「休むこと」に大きな注目が集まっています。 休み方に関しては、「企業が用意する制度」と「従...
2019/11/06掲載編集部注目レポート
日本の人事部「HRアカデミー2019」夏期講座
従業員の「仕事」と「育児」の両立支援~いま、人事が取り組むべきこと~
従業員の仕事と育児の両立を支援するうえで欠かせない「育児休業制度」。しかし、その利用状況を見ると、男女間に大きなギャップが存在する。女性の育休取得率が80%台で...
2019/10/21掲載イベントレポート
「働き方改革」推進に向けての実務(6)育児・介護と仕事の両立
「働き方改革」の重要課題である育児・介護と仕事の両立。改正を重ねる法律と支援策について紹介する。
2017/03/31掲載よくわかる講座
ワーク・ライフ・バランスとは何か?
「仕事と生活の調和が実現した社会」の指針となるワーク・ライフ・バランスへの取り組みとは?近年社会に認知されてきた背景と現状について考察する。
2017/03/31掲載よくわかる講座
株式会社ローソン:
男性が変われば企業風土も変わる!
ダイバーシティ先進企業、ローソンが行う「男性の育児休職取得」促進のための取組みとは(後編)
男性の育児休職の取得促進を、女性活躍推進の一環として位置づけるローソン。2014年度に新設した「短期間育児休職制度」の普及・啓蒙を目的に各種施策を展開し、取得率...
2016/10/31掲載となりの人事部

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

無料ウェビナー8/25コーナーストーン主催

記事アクセスランキング

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


ITを活用した人財マネジメントが、企業の未来を切り開く<br />
HRテクノロジー「POSITIVE」がもたらす新たな知見とは?

ITを活用した人財マネジメントが、企業の未来を切り開く
HRテクノロジー「POSITIVE」がもたらす新たな知見とは?

人工知能(AI)技術をはじめとする近年のITの発達は、人事業務のあり方...


「採用」×「AI」で、採用成果を実現する これからの人事に必要なもの

「採用」×「AI」で、採用成果を実現する これからの人事に必要なもの

HRの領域ではその時々、トレンドとなるワードがあります。最近は「AI」...