企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

【本誌特別調査】
人事担当者のキャリアに関するアンケート
人事担当者としての今後の意向と自身のレベル感

働き方改革関連法の施行やHRテクノロジーの普及など、企業の人事を取り巻く環境とともに、“人事担当者に求められる役割・資質” も大きく変化している。こうした中、人事担当者自身がキャリアを見つめ直す機会も重要と思われる。

そこで労務行政研究所では、企業の人事担当者を対象に、自身のキャリアと今後の人事担当者に求められる能力・知識、自社人事部での育成施策などを調査した。

本稿では、その中から「人事担当者としての今後の意向と自身のレベル感」の調査結果を紹介する。

【調査要領】

◎調査名:「人事担当者のキャリアに関するアンケート」

1. 調査対象:『労政時報』定期購読者向けサイト「WEB労政時報」の登録者から抽出した人事労務担当者2万5670人

2. 調査時期:2020年1月16日~2月3日

3. 調査方法:WEBによるアンケート

4. 集計対象:前記調査対象のうち、回答のあった550人(同一企業で複数人回答いただいたケースも、個別の回答としてそれぞれ集計に含めた)。ただし、自社人事部門の現状や課題を尋ねた部分については518社(1社につき1人の回答集計による)。集計対象者(会社)の規模別内訳は、[参考表]のとおり。なお、設問により回答していない人がいるため、各項目の集計人数は異なる

5. 利用上の注意:[図表]中、「n」は集計人数または集計社数を表す。また、[図表]の割合は、小数第2位を四捨五入して小数第1位まで表示しているため、合計が100.0にならない場合がある

参考表:集計人数と集計者数の規模別内訳

人事の仕事に対する今後の意向[図表12]
50.2%が「当面は人事で仕事を続けたい」と回答

本調査は、“現在” 人事を担当している人を対象としているが、“今後も人事の仕事を続けたい人” “別の仕事に挑戦したい人” など、今後のキャリアに関する考え方はさまざまある。

そこで、人事の仕事に関する今後の意向を尋ねたところ、「当面は人事で仕事を続けたい」が50.2%、「ずっと人事で仕事を続けたい」が24.9%と人事の仕事を継続したい人が多数を占める一方、「近いうちに人事以外の仕事に変わりたい」14.9%とする人も一定割合見られる[図表12⑴]。役職・職位別に見ても、この傾向は変わらない。

年齢層別に見ると、「ずっと人事で仕事を続けたい」とする人の割合は年齢が上がるにつれて高まり、40~44歳で38.0%とピークを迎える[図表12⑵]。以降は、19.8~26.0%の間で推移している。「近いうちに人事以外の仕事に変わりたい」とする人は25~34歳の約18%から35~39歳(14.3%)、40~44歳(9.8%)と減少するものの、45~49歳では22.1%と最も多くなっている。加えて、40~44歳と45~49歳で「ずっと人事で仕事を続けたい」が38.0%から19.8%にほぼ半減することからも、40代後半を “キャリアの一つの転機” と捉えている人が多いといえる。

【図表12】人事の仕事に対する今後の意向

人事担当者としてのレベル(自己評価)[図表13]
「他者の指導や新しいミッションの中心を担えるレベル」が34.5%。役職・職位で傾向が異なる

ここでは、自分が “人事担当者としてどのレベルにあるか” を、以下の4段階で自己評価していただいた。

  • 見習い~「一人前」手前
  • 一人前…人事労務に関する専門知識・スキルを習得し、発揮しているレベル
  • 他者の指導や新しいミッションの中心を担えるレベル
  • 人事のエキスパート…人事部門の中核として経営や現場から厚い信頼を得ているレベル

最も多いのは「他者の指導や新しいミッションの中心を担えるレベル」で34.5%。その他はいずれも2割台前半(20.1~24.6%)となっている[図表13]。

役職・職位別に見ると、部長クラスでは「人事のエキスパート」が58.7%と約6割。「他者の指導や新しいミッションの中心を担えるレベル」26.9%と合わせると85.6%に上る。課長クラスでは「他者の指導や新しいミッションの中心を担えるレベル」が40.5%で最多となっているが、「人事のエキスパート」も35.1%で両者の差は比較的小さい。

係長クラスでも「他者の指導や新しいミッションの中心を担えるレベル」が最も多く、47.7%と約半数。これに「一人前」が20.5%と続き、合わせて68.2%と7割近い。一般社員では「一人前」が33.7%、「見習い~『一人前』手前」が32.7%とほぼ同数で並んでいる。

人事の経験年数別に見ると[図表13⑵]、“3年” までは「見習い~『一人前』手前」、「4~6年」は「一人前」、“7~14年” は「他者の指導や新しいミッションの中心を担えるレベル」、“15年以上” は「人事のエキスパート」が最も多くなっている。

【図表13】人事担当者としてのレベル(自己評価)

より高いレベルを目指すために必要なことの“相対的な重要度”[図表14~15]
「難度の高いミッションへの挑戦」の重要度が高い

ここでは、[図表12]で「ずっと人事で仕事を続けたい」または「当面は人事で仕事を続けたい」と回答した人のうち、[図表13]で「見習い~『一人前』手前」と回答した人には “一人前のレベルに達するために必要なこと”、「一人前」と回答した人には “より高いレベルを目指すために必要なこと” をそれぞれ五つの項目で例示し、その項目の “相対的な重要度” を「高」「中」「低」の3段階で回答いただいた。[図表14~15]は、「高」=2点、「中」=1点、「低」=0点として、指数化したものを表している。

人事の仕事でより高いレベルを目指すために必要なことの“相対的な重要度”

1)「一人前」のレベルに達するために必要なこと

相対的な重要度が高い項目から順に見ていくと、「業務に関連する知識の習得・拡大」→「多様な業務の経験」→「自部署・他部署のメンバーとの協働」→「業務効率を高めるためのスキル向上」→「人事としての経験年数」となっている[図表14]。多くの人事担当者が、“単なる経験年数ではなく、多様な業務を経験して知識を習得・拡大すること” がまずは重要だと認識しているといえる。

【図表14】「一人前」のレベルに達するために必要な五つの項目の

2)より高いレベルを目指すために必要なこと

こちらは相対的な重要度にあまり差が見られないが、「難度の高いミッションへの挑戦」→「これまで経験した人事業務での専門性向上」→「他部門の理解」→「人事関連の未経験業務の担当」→「他社の人事担当者との交流、人脈の拡大」の順である[図表15]。「一人前」より高いレベルに達するために重要だと認識していることは、“難度が高いミッションの経験や高い専門性” であるといえる。

【図表15】より高いレベルを目指すために必要な五つの項目の
注) *ここでは、一般財団法人労務行政研究所が行った「人事担当者のキャリアに関するアンケート」(調査期間:2020年1月16日~2月3日)をもとに、『日本の人事部』編集部が記事を作成しました。詳細は『労政時報』第3990号(2020年3月27日発行)に掲載されています。
◆労政時報の詳細は、こちらをご覧ください→ 「WEB労政時報」体験版

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です
  • 参考になった0
  • 共感できる0
  • 実践したい0
  • 考えさせられる1
  • 理解しやすい0
オススメ1
最新順 | 人気順 | 古い順
キングペンギンさんが考えさせられるでオススメしました
東京都 HRビジネス 2020/08/28

 

1件中 1~1件を表示
  • 1

人事・労務実態調査のバックナンバー

2019年度 部長・課長・係長クラス・一般社員のホワイトカラー職種別賃金調査
~13職種に見る最新実態と諸格差の動向~
グローバル化の進展等に伴い、役割給・職務給に代表される仕事基準の人材マネジメントを志向する企業が、徐々に増えつつある。 こうした動向を踏まえて労務行政研究所で...
2020/06/12掲載
2019年役員報酬・賞与等の最新実態
~従業員身分の執行役員の年収は1511万円~
民間調査機関の一般財団法人 労務行政研究所では、調査資料が少ない役員の年間報酬(報酬月額・年間賞与)その他処遇に関する調査を1986年以降継続して行っている。本...
2020/04/10掲載
労使および専門家の計452人に聞く2020年賃上げの見通し
~定昇込みで6495円・2.05%と予測。7年連続で2%台に乗る~
賃金交渉の最新動向がわかる!労・使の当事者および労働経済分野の専門家を対象に実施した「賃上げ等に関するアンケート調査」から見える2020年の賃上げ見通しは?
2020/02/20掲載

関連する記事

有賀 誠のHRシャウト! 人事部長は“Rock & Roll”
【第8回】人事部とリーダーシップ(その4):強さとしなやかさ
さまざまな課題を抱える、人事部長。常に明るく元気に突き進んでいくにはどうすればいいのか? さまざまな企業で人事の要職を務めてきた有賀誠氏が、課題解決のためのヒン...
2020/09/04掲載編集部注目レポート
ライオン株式会社:
人事部門が社員を「学ばせる」研修はもう終わり
自律的な学びを後押しする「ライオン・キャリアビレッジ」の効果とは
eラーニングなどの仕組みを作っても、使われなければ意味がありません。Edテックという概念もあるように、昨今は学び方が多様化していますが、ベースになるのは本人の主...
2020/08/07掲載となりの人事部
有賀 誠のHRシャウト! 人事部長は“Rock & Roll”
【第7回】人事部とリーダーシップ(その3):リーダーの姿勢
さまざまな課題を抱える、人事部長。常に明るく元気に突き進んでいくにはどうすればいいのか? さまざまな企業で人事の要職を務めてきた有賀誠氏が、課題解決のためのヒン...
2020/08/05掲載編集部注目レポート
タナケン教授の「プロティアン・キャリア」ゼミ【第9回】
組織人でありながら、キャリア・オーナーシップを持つために――プロティアンの6タイプを意識しよう
令和という新時代。かつてないほどに変化が求められる時代に、私たちはどこに向かって、いかに歩んでいけばいいのでしょうか。これからの<私>のキャリア形成と、人事とい...
2020/07/27掲載編集部注目レポート
1on1の導入割合は4割超。上司の傾聴力が成功の鍵に
『日本の人事部 人事白書2020』から、1on1ミーティングについての調査結果を紹介します。
2020/07/07掲載人事白書 調査レポート

最新の人事部の取り組みやオピニオンリーダーの記事をメールマガジンでお届け。

「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

記事アクセスランキング

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


管理職1年生日記 (第1回)

管理職1年生日記 (第1回)

主人公は、首都圏に本社がある食品メーカーC社営業部第2課に勤務するA氏...


“守り”の姿勢では人が採用できない時代。<br />
いま人事に求められる“攻め”の採用手法とは?

“守り”の姿勢では人が採用できない時代。
いま人事に求められる“攻め”の採用手法とは?

企業の採用意欲が極めて高い水準にある近年、求人サイトや人材紹介会社から...