企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

『労政時報』提携

2015年度決定初任給の最終結果(1/5ページ)

2015/10/13
42.9%が初任給を引き上げ。
大学卒の水準は20万5914円で前年度比0.8%の上昇
労政時報 photo

2015年度の決定初任給について、当所では4月6日までに回答があった東証第1部上場企業218社の速報集計を行い、第3888号(15. 5. 8/ 5.22)で紹介している。その後、6月29日現在で東証第1部上場以外の企業も含めた最終的な集計を行った。

これによると、初任給を引き上げた企業は42.9%、据え置いた企業は56.3%であった。初任給の据え置き率は09年度以降9割台で推移していたが、 14年度68.8%、15年度56.3%と、2年連続で低下した。平均額は、大学卒で総合職・一般職といった区分のない一律設定の場合20万5914円。 同一企業における前年度水準と比べて、1574円・0.8%の上昇となった。

※『労政時報』は1930年に創刊。80年の歴史を重ねた人事・労務全般を網羅した専門情報誌です。ここでは、同誌記事の一部抜粋を掲載しています。

【 調査要領 】
1. 調査時期・方法:3月中旬に調査票を発送、併せて電話による取材も行い、6月29日までに回答のあった分を集計。
2.調査対象:全国証券市場の上場企業(新興市場の上場企業も含む)3425社と、上場企業に匹敵する非上場企業(資本金5億円以上かつ従業員500人以上)296社の 合計3721社。ただし、持ち株会社の場合は主要子会社を対象としたところもある。このうち、東証第1部上場企業(生命保険、新聞、出版で東証第1部上場 企業に匹敵する大手企業を含む)は1782社、それ以外の企業は1939社。
3. 集計対象:前記調査対象のうち、回答のあった664社(内訳:東証第1部上場企業420社。それ以外の企業244社)。
集計対象会社の業種別内訳は[参考表]のとおり。なお、所属業種については調査時点におけるものとした。
4. 利用上の注意:図表の割合は、小数第2位を四捨五入し小数第1位まで表示しているため、合計が100%にならない場合がある。また、本文中で割合を引用する際には、実数に戻り再度割合を算出し直しているため、図表中の数値の足し上げと本文中の数値とは一致しないことがある。

⇒決定初任給の定義、調査項目、集計対象とした初任給の範囲、集計上の留意点については第3888号(15. 5. 8/ 5.22)の125ページを参照ください。

【参考表】業種別集計対象会社数
【参考表】業種別集計対象会社数
■初任給掲載号数一覧
■初任給掲載号数一覧

ポイント

1.据え置き状況

据え置き56.3%、全学歴引き上げ42.9%。据え置き率は2年連続で低下[図表1〜2]

2.初任給の水準

大学卒20万5914円、大学院卒修士22万2083円、短大卒17万5591円、高校卒16万3737円[図表4]

3.初任給額の分布

大学卒では、20万円台に半数超が集中[図表6]

4.学歴別に見た上昇額分布

いずれの学歴も、「据え置き」が半数前後に上る。平均上昇額は大学卒1574円、大学院卒修士1875円、短大卒1342円[図表7]

5.新卒入社者に対する年次有給休暇の付与

「一括して10日以上付与」が82.2%、そのうちの半数が入社時点で付与。入社初年度の付与日数は法定どおり「10日」が63.3%[図表8、10]


次のページ
1 据え置き状況
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事にコメントする

この記事に対するご意見・ご感想のコメントをご投稿ください。
※コメントの投稿をするにはログインが必要です。

※コメントのほか、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)がサイト上に公開されます。

※投稿をしたコメントは、『日本の人事部』事務局で確認後、掲載されます。投稿後すぐには掲載されませんので予めご了承ください。

人事・労務実態調査のバックナンバー

在宅勤務制度に関する実態アンケート(労務行政研究所) 
実施企業は36.4%。未実施でも検討・予定している企業が61.5%に達する。 
運用上の効果は「育児による離職リスク軽減」が54.9%で最多
政府が推進する「働き方改革」において、「テレワーク」は「場所」や「時間」にとらわれない柔軟な働き方として重要施策に位置づけられている。中でも企業で導入機運が高ま...
2017/10/10掲載
人事制度の実施・改定状況調査
48.3%の企業で過去5年以内に人事・等級制度の改定を実施
労務行政研究所
厳しい経営環境の中、持続的に成長していくために、人事制度の見直しを進める企業が増えている。その対象は、人事・等級制度や賃金・賞与制度だけでなく、退職金・年金制度...
2017/08/03掲載
40代・50代社員の課題と役割に関するアンケート
労務行政研究所
グローバル化、IT化で仕事の進め方が大きく変化し、労働人口の減少・高齢化も進む中、いかにミドル・シニア層の40代・50代社員が意欲を持って業務に取り組み、継続的...
2017/06/05掲載

関連する記事

2016年度労働時間総合調査
所定・総労働時間、休日・休暇、時間外労働等の最新実態
労務行政研究所編集部
「働き方改革」が掲げられ、長時間労働の抑制が声高に叫ばれる中、現状の労働状況はどうなっているのだろうか。所定労働時間、所定休日日数、年間総実労働時間、年次有給休...
2017/02/08掲載人事・労務実態調査
最低賃金の改定で平均時給は上がる?
~平成27年度 地域別最低賃金改定による パート・アルバイトの募集時平均時給への影響について~
平成27年度の改定も大幅な引き上げとなった地域別最低賃金。特に小売、飲食業などパート・アルバイトを多く雇用する業態では、最低賃金額に合わせて1円単位で時給額を調...
2016/10/27掲載新卒・パート/アルバイト調査
アルバイト・パート採用の「法的留意点」
法律上の労使関係でいえば、アルバイト・パートと正社員は全く変わらない。トラブルを事前に防ぐ適正・かつきめ細やかな人事労務管理のポイントとは?
2016/07/29掲載よくわかる講座
2014年度労働時間総合調査
所定・総労働時間、休日・休暇、時間外労働等の最新実態
労務行政研究所(理事長:矢田敏雄)で毎年実施している「労働時間・休日・休暇等に関する実態調査」の2014年度の調査結果がまとまりました。本記事では、「所定労働時...
2014/12/03掲載人事・労務実態調査
私傷病により通院する労働者のための
「治療休暇制度」導入の実務
長期通院治療の必要な疾患であり、今や日本人の2人に1人が罹患するがんという病気を念頭におき、労務管理の観点からも有効な制度となりうる「治療休暇制度」について紹介...
2012/01/30掲載人事・労務関連コラム
受けさせたいスキルアップ系講座特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

<アンケートのお願い>採用マーケットの構造変化に関する意識調査

記事アクセスランキング

注目コンテンツ


『日本の人事部』受けさせたいスキルアップ系講座特集

コミュニケーションや英語力、個人の生産性やPCスキルなど、ビジネス上必須となる多彩なプログラムをご紹介



「健康経営特集」
従業員の健康づくりを通じて生産性向上を目指す!

健康経営の推進に役立つ多彩なプログラムをご紹介。資料請求のお申込みや資料のダウンロードも可能です。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


ビジネス界の重鎮が提言!<br />
 語学力偏重にモノ申す~日本人のグローバルリーダーはまず日本語から育てよ~

ビジネス界の重鎮が提言!
語学力偏重にモノ申す~日本人のグローバルリーダーはまず日本語から育てよ~

日本のビジネスパーソンが海外で活躍するためには、何が必要なのでしょうか...


ジェイエイシーリクルートメントが「バークレーヴァウチャーズ食事券サービス」を利用する目的とその費用対効果とは?

ジェイエイシーリクルートメントが「バークレーヴァウチャーズ食事券サービス」を利用する目的とその費用対効果とは?

企業が展開するさまざまな人事施策の中で、最近は「福利厚生」が大きな位置...