企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】ジキシテイケン 時季指定権

「時季指定権」とは、労働者が年次有給休暇をいつ取得するか、その時季を指定できる権利のことです。日本では労働基準法に基づき、従業員に時季指定権が付与されています。したがって従業員が本権利を行使して年次有給休暇を請求する場合、使用者は原則として従業員の指定する時季に有給休暇を与えなければなりません。ただし指定された時季に休暇を与えると、事業の正常な運営が妨げられる場合に限っては、使用者に従業員の有給休暇取得の時季を変更できる権利が認められています。これを「時季変更権」といいます。
(2014/11/10掲載)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

時季指定権のケーススタディ

社員から申し出るしくみでは休みにくい
ヨーロッパでは企業が有給休暇の取得日を指定

日本では法律上、労働者が休みたい日に年次有給休暇を取ることが認められています。休暇を取る時季を決められる「時季指定権」が、原則として企業側ではなく、労働者側に与えられているためですが、実際の職場は誰もが休みたい日に休めるような柔軟な環境ではないのが現実です。

厚生労働省『就労条件総合調査』によると、日本人の有給休暇の取得日数は2012年時点で平均8.6日。有給休暇の付与日数が平均で18.3日ですから、取得率は50%にも達していません。有給取得率は1980年代末から90年代にかけて50~60%程度で推移していましたが、2000年代に入るとさらに低下し、近年は50%を下回る状況が続いています。いくら時季指定権が労働者にあっても、権利を行使する以前に、休暇そのものが取れないのでは絵に描いた餅といわざるを得ないでしょう。

対照的に欧米、特にヨーロッパ諸国では、有給休暇をフルに取得するのが当たり前。企業に勤める労働者にとって、長期のバカンスは毎年の恒例行事となっています。ところが彼らは、時季指定権をもっていません。ヨーロッパの場合、じつは企業側に時季指定権があるのです。ヨーロッパの企業では、従業員の誰がいつ長期休暇を取得するかを年初に決めておくのが慣例になっていて、その際、休暇が特定の時期に重ならないよう、企業側に取得時季を従業員に指定できる権利が認められています。これに基づき、労使で協議・調整しながら、あらかじめ各社員の休暇スケジュールを決定。バックアップ体制も事前に整備できるので、予定の時季がくれば、労働者は当然の権利として長いバカンスを楽しむことができるわけです。

一方、時季指定権が労働者側にあり、社員から有給休暇の取得を申し出る日本の現行のしくみでは、かえって職場への遠慮が働き、休みをとりにくい雰囲気が醸成されやすいといわれます。厚生労働省の『労働時間等の設定の改善の促進を通じた仕事と生活の調和に関する意識調査』では、働く人の約66%が有給休暇を取得する際にためらいを感じています。その理由の最多は「みんなに迷惑がかかるから」(71.6%)、「職場の雰囲気で取得しづらい」という回答も3割強に上りました。

こうした中、厚生労働省は企業に対して社員の有給休暇の消化を義務づける一方、時季の指定については企業側ができるよう、労基法改正の検討を進めています。社員の希望も踏まえ、数日分の有給休暇の取得日を企業側から指定するというしくみで、同省では、来年1月召集の通常国会に提出する労基法改正案に盛り込み、早ければ16年春施行を目指す方針です。時季指定権を一部移行し、使用者の権利と責任において休暇を指定する改革が、働く人の職場への遠慮を払しょくし、日本人の有給休暇の取得率向上につながるかどうか――。今後の議論の行方が注目されます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい

有給休暇
労働基準法第39条により、使用者は一定期間勤続した労働者に対し所定の日数の休暇を付与しなければならず、当該休暇中は平均賃金または所定労働時間労働した場合に支払う通常賃金を支払わなければなりません。この、有給で休める休暇を「有給休暇」と呼び、一年ごとに付与されるため、正式には「年次有給休暇」といいます...
サバティカル休暇
長期間勤務者に与えられる長期休暇のこと。通常の有給休暇や年次休暇とは異なり、使途に制限がなく、期間は少なくとも1ヵ月以上、長い場合は1年間の休暇となる場合もあります。
アニバーサリー休暇
アニバーサリー(anniversary)とは、英語で「記念日」の意味。企業が社員の休暇取得を促すために、本人や家族の誕生日、結婚記念日などの記念日およびその前後の日を休暇とする制度を「アニバーサリー休暇」と呼びます。(2011/6/27掲載)

関連する記事

会社は社員の「資格取得」をどこまでサポートしてくれる?
働く社員の側にとっても、自己のキャリアアップにつながる資格取得に会社が何らか援助してくれることは大歓迎だと思いますが、では実際にその援助は今、どこまで進んでいるのでしょうか。企業の資格取得援助をめぐる事情について、労務行政研究所の調査をもとに探ってみます。
2005/08/22掲載人事・労務実態調査
「従業員の多能工化」との合わせ技で生産性もアップ! 多様な従業員の事情に配慮した「特別な休暇制度」の導入&活用方法
昨今、「特別な休暇制度」が注目されています。厚生労働省は、全国各地で特別な休暇制度に関するセミナーを行い、さまざまなパンフレットやリーフレットを作り配布しています。また、行政の取組みだけでなく、多くの企業で実際に「特別な休暇制度」が導入されています。厚生労働省...
2015/01/16掲載人事・労務関連コラム
企業の時短はどこまで進んだ?休日は増えた?「労働時間」と「休日日数」の最新実態
主要企業と中堅・中小企業の2004年度の労働時間と休日について、労務行政研究所の調査結果をもとに探ってみます。
2005/03/28掲載人事・労務実態調査

関連するQ&A

年次有給休暇の時季指定
年次有給休暇の取得に関して「時季指定権」がありますが、一般的には取得しようとする何日前が一般的なのでしょうか? 当社は労働集約型のサービス業なので、直前に取得されると現場が混乱すると危惧しています。3日~7日前の申請(時季指定)で問題はないでしょうか。
有給休暇の時季指定義務について
お世話になります。 有給休暇の時季指定義務について質問です。 今般、法改正に対応するため、以下のような処理を考えています。 ・各人について、有給休暇5日分の年間計画を定める。  当該計画には取得月と取得日数のみを定める。なお、協定による計画年休ではない。 ・計画で定めた対象月の前に対象者の意見...
会社指定の休日の買い上げは違法ですか。
当社は、週休2日制を採用しており、毎週土曜日を会社指定の休日、日曜日を法定休日に指定しております。最近業務が増加したため、翌月に振り替える予定であった指定休日(土曜日)を買い上げようと思っているのですが、このような指定休日の買い上げは違法となるのでしょうか。
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

関連するキーワード

分類:[ 就業管理 ]
健康経営を戦略的に推進するステップとは?取り組み事例と外部サービスの選び方

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

50音・英数字で用語を探す

注目コンテンツ


健康経営の実践に必要なステップ、外部サービスを選ぶ際のポイント

健康経営を戦略的に推進するための必要なステップや取り組み事例、外部サービスを選ぶ際のポイントをご紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


個の成長が企業の成長。そして、社会を変えていく力になる<br />
ニトリが全社員に「グロービス学び放題」永年プランを導入

個の成長が企業の成長。そして、社会を変えていく力になる
ニトリが全社員に「グロービス学び放題」永年プランを導入

日々の業務に熱心に取り組む社員の視野を広げ、より中長期的な目線でキャリ...