企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】トクベツナキュウカセイド 特別な休暇制度

「特別な休暇制度」とは、特に配慮を必要とする労働者に対する休暇制度のことです。厚生労働省が策定した「労働時間等見直しガイドライン」における「特に配慮を必要とする労働者について事業主が講ずべき措置」の事例を踏まえ、病気休暇、ボランティア休暇、リフレッシュ休暇、裁判員休暇、犯罪被害者の被害回復のための休暇など、労働者個々の事情に対応しつつ、休暇の目的や取得形態などを労使による話し合いにおいて任意で設定できる法定外休暇を指します。厚労省では同休暇制度の導入促進を目指し、広報活動などに力を入れています。
(2015/11/11掲載)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

特別な休暇制度のケーススタディ

事業主の配慮が特に必要な労働者のために
義務ではないものの半数以上の企業が導入

厚生労働省は「労働時間等見直しガイドライン」において、さまざまな事情からとくに事業主の配慮を必要としている労働者の例を、以下のように示し、事業主に労働者各人の抱える多様な事情や業務の態様に対応した労働時間などを設定するよう求めています。

■特に健康の保持に努める必要があると認められる労働者
■子の養育又は家族の介護を行う労働者
■妊娠中及び出産後の女性労働者
■単身赴任者
■自発的な職業能力開発を図る労働者
■地域活動を行う労働者

「特別な休暇制度」とは、このような「特に配慮を必要とする労働者」に対して付与するために、就業規則等により会社が任意に定める休暇制度で、たとえば以下のようなものが想定されます(「特に配慮を必要とする労働者に対する休暇制度の普及のための広報事業」ホームページより)。

●病気休暇
長期にわたる治療が必要な疾病を抱え、治療を受けながら就労する労働者をサポートするために付与される休暇

●ボランティア休暇
労働者が自発的に無報酬で社会に貢献する活動を行う際、その活動に必要な期間について付与される休暇

●リフレッシュ休暇
職業生涯の節目に勤労者の心身の疲労回復などを目的として付与される休暇

●裁判員休暇
裁判員制度に基づき裁判員に選任された労働者に対して、その職務を果たすために必要な期間について付与される休暇

●犯罪被害者の被害回復のための休暇
犯罪行為により被害を受けた被害者およびその遺族などに対して、犯罪被害による精神的ショックや身体の不調からの回復のために付与される休暇

特別な休暇制度は、法定外休暇のため、導入は義務付けられていません。したがって、上記の制度例に限らず、付与目的から取得日数、取得形態、有給・無給の取り扱いまで、労使の話し合いによって任意に設定することができます。また、制度導入は義務ではないものの、従業員の健康の保持・増進やワーク・ライフ・バランスの推進、モチベーション向上のためにも有効だと、厚労省は推奨しています。同省の調査によると、約半数以上の企業がすでに何らかの特別な休暇制度を導入しています(平成25年度「特に配慮を必要とする労働者に対する休暇制度に関する意識調査」報告書より)。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい

サバティカル休暇
長期間勤務者に与えられる長期休暇のこと。通常の有給休暇や年次休暇とは異なり、使途に制限がなく、期間は少なくとも1ヵ月以上、長い場合は1年間の休暇となる場合もあります。
ボランティア休暇
「ボランティア休暇」とは、企業が従業員のボランティア活動への参加を支援・奨励する目的で、有給の休暇・休職を認める制度のことです。1990年代はじめから、労働時間短縮の流れや企業に対する社会貢献の要請の高まりをうけて、制度を設ける企業が急増。95年の阪神・淡路大震災における市民ボランティアの大活躍をき...
代替休暇制度
2010年度から施行された改正労働基準法では、1ヵ月60時間を超える時間外労働に対する法定割増賃金率を現行の25%以上から上乗せして、50%以上に引き上げました。「代替休暇制度」とは、この上乗せ部分(25%)の割増賃金の支払いに代えて、有給の休暇を付与するしくみです。同制度を導入するためには、代替...

関連する記事

「従業員の多能工化」との合わせ技で生産性もアップ! 多様な従業員の事情に配慮した「特別な休暇制度」の導入&活用方法
昨今、「特別な休暇制度」が注目されています。厚生労働省は、全国各地で特別な休暇制度に関するセミナーを行い、さまざまなパンフレットやリーフレットを作り配布しています。また、行政の取組みだけでなく、多くの企業で実際に「特別な休暇制度」が導入されています。厚生労働省...
2015/01/16掲載人事・労務関連コラム
海外駐在員の特別休暇、一時帰国制度等の実施状況
『労政時報』では、1972年から毎年、海外駐在員の給与水準と給与制度の設定内容ほか駐在員管理にまつわる諸事項について実態調査を行っています。今年はこれに加え、(1)赴任(帰任・転任)時の特別有給休暇(2)一時帰国(休暇)制度(3)単身赴任者の国内残留家族の一時...
2007/07/02掲載人事・労務実態調査
私傷病により通院する労働者のための 「治療休暇制度」導入の実務
長期通院治療の必要な疾患であり、今や日本人の2人に1人が罹患するがんという病気を念頭におき、労務管理の観点からも有効な制度となりうる「治療休暇制度」について紹介します。
2012/01/30掲載人事・労務関連コラム

関連するQ&A

休日と休暇
休日と休暇の定義(違い)を詳しく教えていただきたいです。
特別休暇の申請について 追記
特別休暇についてですが、 就業規則には、「休暇を与える」ではなく、「休暇を与えることができる」でした。 失礼しました。
裁判員制度と休暇
休暇中の賃金は、無給でよいか
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
各分野のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

関連するキーワード

分類:[ 就業管理 ]
分類:[ 人事制度 ]
次世代リーダー育成特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

3,650社が活用!業界唯一の統合型eラーニング POSITIVE最新版にAI搭載

50音・英数字で用語を探す

新着用語 一覧

注目コンテンツ


次世代リーダー育成特集

さまざまな取り組み方がある「リーダーシップ育成」について手法や外部ソリューションをご紹介します。
コンテンツトップバナー


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


「2010.4 改正労働基準法」施行を前に、<br />
人事担当者が考えておくべき「人事管理システム」とは?

「2010.4 改正労働基準法」施行を前に、
人事担当者が考えておくべき「人事管理システム」とは?

来る2010年(平成22年)4月1日、いよいよ「労働基準法の一部を改正...


「コンプライアンス」が企業に求めているものとは何か?<br />
~法令順守から「期待に応えること」へ

「コンプライアンス」が企業に求めているものとは何か?
~法令順守から「期待に応えること」へ

「コンプライアンス」という言葉が、盛んに使われるようになった。それは近...