無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

既に会員の方は
こちらからログイン

ログイン

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

MR オフィスの衝撃― デジタルとリアルが高度に融合する場の創造 ―

第一生命経済研究所 主任研究員 柏村 祐氏

MR オフィスの衝撃

コロナウイルス感染拡大をきっかけに、新しい働き方としてテレワークが注目されており、物理的に離れていても顔の表情や声色を共有できるオンライン会議ツールやチャットなどのコミュニケーションツールに対するニーズが高まっている。テレワークのようなニューノーマルが求められる中で、コミュニケーションツールをはじめ、さまざまなデジタルサービスが急速に浸透してきている。

オンライン会議ツールをさらに進化させ、リアルオフィスのように従業員との距離を感じることができるバーチャルオフィスとして、Mixed Realityオフィス(以下 MRオフィス)の開発が進んでいる。MRオフィスとは、リアルな従業員と遠隔からホログラムで参加する従業員が3D空間を共有し、人と人の距離を感じながら会話をしたり、ホログラム化された資料や製品を共有したりすることが可能なバーチャルオフィスである。

MRオフィスに参加するためには専用のウェアラブル眼鏡を装着する必要がある。従来のウェアラブル眼鏡は重く、解像度が低かったが、最新のウェアラブル眼鏡は約300gと軽量になり、1.3Mピクセルの高解像度、120Hzリフレッシュレートの超高速、1,680 万以上の色に対応するなど進化を遂げている。遠隔コミュニケーションツールの現在の主流であるビデオ会議システムでは、PC画面に映し出された2次元の顔画像、音声、ファイルを共有する機能を使うが、MRオフィスは、ホログラム技術を使うことにより、立体的に人物、オフィスの椅子、机、資料などを感じることができるため、リアルなオフィスと同様の雰囲気を創り出すことができる(図表1)。

図表1 MRオフィスの風景

資料:アメリカ Spatial 社 HP より「https://spatial.io/

MRオフィスの活用方法は、リアルオフィスの再現に留まらない。例えば、コロナ禍でリアルな懇親会や慰労会が困難となる中、ホログラムで再現された懇親会場に社員が集合し、3D化されたグラスを持ちながら懇親することが可能となり、社員間のコミュニケーション活性化につながる。また、お客さまへの商品説明会を MRオフィスで行う場合は、ホログラムで再現された試作品を顧客と一緒に見ながら説明することが可能となる。顧客が修正を要望した場合には、リアルタイムで試作品に修正を反映することができ、今より優れた濃密なコミュニケーションが可能となる(図表2)。筆者も実際に MRオフィスを試してみたが、自分の写真に基づいてアバターを作成し、ウェアラブル眼鏡を装着すれば、MRオフィスはすぐに体感できる。

図表2 MR オフィスにおける懇親会、商品説明会の風景

資料:アメリカ Spatial 社 HP より「https://spatial.io/

MRオフィスは、Augmented Reality(以下 AR)、Virtual Reality(以下 VR)が融合した技術であり、デジタル空間に現実空間の情報を取り込み、現実空間とデジタル空間が高度に融合した世界を創り出している。ARは、現実空間に CGなどのデジタル情報を重ねあわせることにより、私たちに新たな認識を与えることを可能としている。また、VRは現実空間とは完全に切り離されたデジタル情報で構築された世界を意味し、あたかもそこにいるかのような感覚を体験できる。現在 VRはゲームなどのエンターテインメント分野を中心に活用が進んでいる(図表3)。

図表3 AR/MR/VR の特徴

資料:国土交通省観光庁観光資源課「最先端 ICT(VR/AR 等)を活用した観光コンテンツ活用に向けた ナレッジ集」(平成31年3月)

リアルオフィスに出勤して働くという従来の就労スタイルを残しつつ、在宅で働くことも一つの選択肢となった今、物理的に離れていても社員同士が業務を円滑に行うために必要となる情報共有、情報交換といったコミュニケーションを、より一層リアルに、インタラクティブに行えるデジタルツールが求められる。MRオフィスは、高度なリアル空間とデジタル空間を融合しており、リアルオフィスと共存可能なコロナ禍に求められるオフィスのニューノーマルとなる可能性を秘めている。

株式会社 第一生命経済研究所

第一生命経済研究所は、第一生命グループの総合シンクタンクです。社名に冠する経済分野にとどまらず、金融・財政、保険・年金・社会保障から、家族・就労・消費などライフデザインに関することまで、さまざまな分野を研究領域としています。生保系シンクタンクとしての特長を生かし、長期的な視野に立って、お客さまの今と未来に寄り添う羅針盤となるよう情報発信を行っています。

http://group.dai-ichi-life.co.jp/dlri/index.html

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

会員登録はこちら

既に日本の人事部会員の方は、ここからログイン

この記事をおススメ

(情報未登録)さんのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。
※コメント入力は任意です。

おススメ
コメント
(任意)
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

コメントを書く

(情報未登録)さんのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。

コメント
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

問題を報告

ご報告ありがとうございます。
『日本の人事部』事務局にて内容を確認させていただきます。

報告内容
問題点

【ご注意】
・このご報告に、事務局から個別にご返信することはありません。
・ご報告いただいた内容が、弊社以外の第三者に伝わることはありません。
・ご報告をいただいても、対応を行わない場合もございます。

HR調査・研究 厳選記事のバックナンバー

関連する記事

【用語解説 人事辞典】
リスクコミュニケーション
ソーシャル・レコグニション
社内SNS
ふるさとテレワーク
RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)
ピープルアナリティクス
バーチャルチーム
企業子宝率