企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】バーチャルチーム バーチャルチーム

「バーチャルチーム」とは、メンバーがそれぞれ物理的に離れた場所にいて直接対面する機会が少なくても、ITツールなどの活用により一つのチームとして機能している集団のことです。こうした仮想組織に対し、メンバーが日常的に顔を合わせて作業を行う実組織を「リアルチーム」と呼び、区別しています。
(2012/9/10掲載)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

バーチャルチームのケーススタディ

時間と場所の制約を超えてビジネス拡大
リーダーは信頼の構築維持に努めるべき

ビジネスの現場を見渡してみると、「バーチャルチーム」で仕事を行っているケースが意外と多いことに気づくでしょう。例えば支社に勤務する同僚や在宅勤務のスタッフと電話やメールで連絡を取り合って作業を進めたり、同じ商品を扱う営業グループの全員が直行直帰で動いていたりする場合も、一種のバーチャルチームをつくって課題に対応していると言えます。

また、いまや社内のプロジェクトでも、関係者が世界中に散らばっていることは珍しくありません。グローバリゼーションとアウトソーシングの拡大の影響で、国内本社にいながら海外駐在員や現地スタッフを適切に管理したり、バーチャルチームを束ねて国際的な案件の達成を目指したりといった難しい課題に直面するマネジャーも増えています。

バーチャルチームとは、時間や場所、予算などの制約がリアルチームの構築を許さない場合に、やむをえず用いられる代替的なマネジメント手法ではありません。むしろ時間や場所の制限を受けないからこそ、世界規模で知識を共有することができる、遠隔地にいる優秀な人材を確保できる、ビジネスをグローバルな視野で拡大・発展させることができるなど、ときにリアルチーム以上の効果とメリットが得られるのです。したがって今後も、さらなるITの進化や企業活動のグローバル化、ワークスタイルの多様化などを背景に、業務・組織改革のツールとしてバーチャルチームの導入が進むことは間違いないでしょう。

もちろんバーチャルチームにおいても、メンバー全員による目標共有や連携は、リアルチームにおけるそれらと同様に極めて重要な意味を持ちます。そしてそれらをチームに浸透させるために、リーダーやマネジャーには、フェース・トゥ・フェースで管理するのとは違う心構えやアプローチが求められるのです。

バーチャルチームを成功させる秘訣の一つは、信頼の構築と維持であると言われます。遠隔地にメンバーが分散するバーチャルな集団では、お互いの環境の違いにより、些細なコミュニケーションギャップが増幅され、誤解や思い込みから摩擦や対立が起こりやすくなります。電話やメールなど、顔の見えないやりとりでは、ミスを隠したり、気づかずに放置したりといった問題が起きやすいもの。それでもメンバー間に根本的な信頼関係があれば、そうした混乱を最小限に食い止めることができるでしょう。信頼感の醸成には、やはりフェース・トゥ・フェースのコミュニケーションが必要です。日常的に会うことは難しくても、プロジェクトの立ち上げなどの節目ではメンバーが直接顔を合わせ、お互いを知り合う機会を積極的に設けるべきです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい

チームビルディング
同じ一つのゴールを目指し、複数のメンバーが個々の能力を最大限に発揮しつつ一丸となって進んでいく――そうした効果的な組織づくりや、チームをまとめる手法を「チームビルディング」といいます。コーチングやファシリテーションなどとともに、リーダーに求められるマネジメント能力の一つとして注目を集めています。 ...
トランザクティブ・メモリー
「トランザクティブ・メモリー」(Transactive memory)とは、1980年代半ばに米ハーバード大学の社会心理学者、ダニエル・ウェグナ―が唱えた組織学習に関する概念で、日本語では「交換記憶」あるいは「対人交流的記憶」「越境する記憶」などと訳されます。組織学習の一つの側面である組織の記憶力(...
アシミレーション
「アシミレーション」(assimilation)とは、直訳すると「融和」「同化」の意味。組織開発の手法の一つで、具体的にはチームのリーダーとメンバー間の相互理解を深め、関係構築を促進する仕組みを指します。チームに新しいマネジャーが着任したときなどに用いられることが多く、メンバーと新任のリーダーとの融...

関連する記事

西條剛央さん: チーム作りに必要な“現場で役立つ哲学”とは 組織の力を最大限に伸ばす「原理」について考える(前編)
実践的なチーム作りについてまとめた書籍『チームの力――構造構成主義による“新”組織論』の著者である、早稲田大学大学院 客員准教授の西條剛央さんに、チームを作っていく上で必要な“現場で役立つ哲学”について詳しいお話を伺いました。
2015/07/15掲載キーパーソンが語る“人と組織”
~管理職・マネージャーに必要なコミュニケーション~
近年、企業を取り巻くさまざまな環境変化により、組織内における上司と部下の関係性、何よりもコミュニケーションのあり方が大きく変わってきた。問題は、そのことに対して上司があまり“自覚的”でない点である。その結果、“想定外”のコミュニケーションギャップが発生し、マネ...
2007/08/29掲載注目の記事
【特別企画】 新たな学びの場つくりのユニット 『アトリエMALLプロジェクト』を密着取材 [最終回]
『アトリエMALLプロジェクト』は、自ら手を上げて集まった見ず知らずの異業種のメンバーが日常業務から離れ、オープン・コラボレーションの進め方や、ワークショップ型イベントの企画・運営方法を体験的に学びながら、これからの人材育成のあり方を知的に探求することを目指す...
2015/03/31掲載イベントレポート

関連するQ&A

賞金の取扱について
当社では毎年前年1年間で会社に有益な業務(売上に貢献した、新規顧客を開拓した等)に従事したチーム(部署)に対し、表彰及び賞金を渡しています。 昨年まで賞金をチーム(部署)の人数で均等に割り、各自の給与に計上し課税しておりましたが、本年あるチーム(部署)より賞金全額を打ち上げの費用として使いたいので、...
賞金の取扱いについて
弊社ではこのたび創業記念のイベントを全社的に行うことになりました。その際にイベントの盛り上げとして、各部門対抗でゲームを行い、上位チームに賞金を出すことを検討しています。具体的には1位で50万円、2位で30万、3位20万円を考えています。この際に現金での支給を考えていますが、税務上や会計上で問題がな...
インセンティブ報奨金の課税処理について
弊社ではこれまで営業社員に対してインセンティブ報奨金を支給する制度があり、個人別に目標達成した場合に報奨金を支払っております。報奨金を支給された社員へは翌月の給与等で報奨金分の課税処理を行っています。 さて今回、これをチーム目標に変更し、チームで目標達成した場合にチーム全体に対して報奨金を支給しよう...
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

関連するキーワード

新入社員研修の種類や企業事例、「新入社員研修」サービス

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

求める人材を確実に採用する視点 働くパパママ育休取得応援奨励金

50音・英数字で用語を探す

新着用語 一覧

注目コンテンツ


「2020年度 新入社員育成」ソリューション特集

新入社員研修の種類やカリキュラム例、企業事例、おススメの「新入社員研修」サービスをご紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


管理職1年生日記 (第1回)

管理職1年生日記 (第1回)

主人公は、首都圏に本社がある食品メーカーC社営業部第2課に勤務するA氏...