無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

既に会員の方は
こちらからログイン

ログイン

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

会員登録済み


選択したSNSアカウントは既に会員登録済みです。

【ヨミ】キギョウコダカラリツ 企業子宝率

「企業子宝率」とは、企業の従業員一人(男女問わず)が、その企業に在職している間に何人の子宝に恵まれるかを推計する指標で、正式には「企業の合計特殊子宝率」と呼ばれます。一人の女性が生涯に産む子どもの数を調べる「合計特殊出生率」を参考にした計算方法で算出しますが、合計特殊出生率の調査対象が15~49歳の女性であるのに対し、企業子宝率は男性を含めた15~59歳の従業員を対象とします。
(2012/7/13掲載)

企業子宝率のケーススタディ

職場の“子育て支援環境”を測る指標
「大企業ほど充実」は常識のウソ!?

福井県は女性の就業率や共働き率は全国1位で、3世代同居率や1世帯当たりの年間収入は全国2位、さらに保育所の待機児童率もゼロという育児・就労環境の良さで知られます。その福井県が全国で初めて、県内の中小企業約3,000社を対象に「企業子宝率」調査を実施し、2012年2月にその結果を発表しました。

回答を寄せた297社のうち上位50社の子宝率の平均は1.70で、2.0を上回る事業所も、2.48の「岡本ペンキ店」(敦賀市)を筆頭に7社(平均2.19)を数えました。子宝率2.0という数字は、3人以上の子宝に恵まれた従業員が何人もいなければ実現できません。同県では「子宝率が高い企業は子育てしやすい職場環境が整っている」として、この最上位7社を「子育てモデル企業」に認定しています。

「子育てしやすい環境」というと、一般的には規模の大きな企業ほど福利厚生が手厚く、育児休業などのサポート制度も進んでいるというイメージが強いでしょう。しかし意外なことに今回の調査では、従業員規模が小さくなるほど企業子宝率が高くなるという結果が出ました。上位50社の企業子宝率を従業員数別に比較すると、10~19人の21社が平均1.76、20~49人の25社が1.70、50人以上の4社が1.40。モデル企業に選ばれた7社も、従業員は14~38人(調査時点)といずれも小規模です。同県では、7社に共通する特徴として、社内のコミュニケーションが十分にとれていること、育児のための遅出や早退に職場の理解があること、自宅が勤務先に近い従業員が多いことなどを挙げています。

ユニークな「企業子宝率」を提唱し、福井県の調査も監修した、東レ経営研究所部長で内閣府男女共同参画会議専門委員の渥美由喜氏は、「企業子宝率は、職場風土を反映している。今後は中小企業の職場風土の良さに学ぶところがあるのではないか」と強調します(読売新聞2012年2月21日付)。たしかに上述のモデル企業の事例を見るかぎり、仕事と育児の両立を支援する制度の重要性もさることながら、年始に社長と従業員全員が初詣をして昼食会を開いたり、社員旅行やイベントなどを通じて家族ぐるみの交流を深めたりするなど、組織の雰囲気そのものが家族的であることも、高い子宝率を支える大きな環境要因となっているようです。

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

会員登録はこちら

既に日本の人事部会員の方は、ここからログイン

この記事をおススメ

あなたのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。
※コメント入力は任意です。

おススメ
コメント
(任意)
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

コメントを書く

あなたのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。

コメント
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

問題を報告

ご報告ありがとうございます。
『日本の人事部』事務局にて内容を確認させていただきます。

報告内容
問題点

【ご注意】
・このご報告に、事務局から個別にご返信することはありません。
・ご報告いただいた内容が、弊社以外の第三者に伝わることはありません。
・ご報告をいただいても、対応を行わない場合もございます。

「企業子宝率」に関する記事

「企業子宝率」に関する書式・テンプレート

介護休暇届

2021年1月に施行された育児・介護休業法の改正に対応した「介護休暇届」届のテンプレートです。
介護休暇とは、要介護の家族をケアするため短期休暇の制度。年間に取得できる日数に上限があります。

ダウンロード
子の看護休暇届

2021年1月に施行された改正育児・休業法に対応した「子の看護休暇」届のテンプレートです。
未就学児を持つ親は子供の病気やけがなどで看護が必要な場合は1日単位、時間単位で休暇を取得する権利があります。

ダウンロード