企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】キギョウコダカラリツ 企業子宝率

「企業子宝率」とは、企業の従業員一人(男女問わず)が、その企業に在職している間に何人の子宝に恵まれるかを推計する指標で、正式には「企業の合計特殊子宝率」と呼ばれます。一人の女性が生涯に産む子どもの数を調べる「合計特殊出生率」を参考にした計算方法で算出しますが、合計特殊出生率の調査対象が15~49歳の女性であるのに対し、企業子宝率は男性を含めた15~59歳の従業員を対象とします。
(2012/7/13掲載)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

企業子宝率のケーススタディ

職場の“子育て支援環境”を測る指標
「大企業ほど充実」は常識のウソ!?

福井県は女性の就業率や共働き率は全国1位で、3世代同居率や1世帯当たりの年間収入は全国2位、さらに保育所の待機児童率もゼロという育児・就労環境の良さで知られます。その福井県が全国で初めて、県内の中小企業約3,000社を対象に「企業子宝率」調査を実施し、2012年2月にその結果を発表しました。

回答を寄せた297社のうち上位50社の子宝率の平均は1.70で、2.0を上回る事業所も、2.48の「岡本ペンキ店」(敦賀市)を筆頭に7社(平均2.19)を数えました。子宝率2.0という数字は、3人以上の子宝に恵まれた従業員が何人もいなければ実現できません。同県では「子宝率が高い企業は子育てしやすい職場環境が整っている」として、この最上位7社を「子育てモデル企業」に認定しています。

「子育てしやすい環境」というと、一般的には規模の大きな企業ほど福利厚生が手厚く、育児休業などのサポート制度も進んでいるというイメージが強いでしょう。しかし意外なことに今回の調査では、従業員規模が小さくなるほど企業子宝率が高くなるという結果が出ました。上位50社の企業子宝率を従業員数別に比較すると、10~19人の21社が平均1.76、20~49人の25社が1.70、50人以上の4社が1.40。モデル企業に選ばれた7社も、従業員は14~38人(調査時点)といずれも小規模です。同県では、7社に共通する特徴として、社内のコミュニケーションが十分にとれていること、育児のための遅出や早退に職場の理解があること、自宅が勤務先に近い従業員が多いことなどを挙げています。

ユニークな「企業子宝率」を提唱し、福井県の調査も監修した、東レ経営研究所部長で内閣府男女共同参画会議専門委員の渥美由喜氏は、「企業子宝率は、職場風土を反映している。今後は中小企業の職場風土の良さに学ぶところがあるのではないか」と強調します(読売新聞2012年2月21日付)。たしかに上述のモデル企業の事例を見るかぎり、仕事と育児の両立を支援する制度の重要性もさることながら、年始に社長と従業員全員が初詣をして昼食会を開いたり、社員旅行やイベントなどを通じて家族ぐるみの交流を深めたりするなど、組織の雰囲気そのものが家族的であることも、高い子宝率を支える大きな環境要因となっているようです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい

職能資格制度
企業の期待する職務遂行能力をどの程度有しているかによって従業員の序列づけを行い、職能給として賃金に反映させる制度です。最近では、年功的な運用がもたらす「賃金と能力のミスマッチ」など、さまざまな問題が指摘されるようになっています。
企業内弁護士
「企業内弁護士」とは、企業が雇用する専任の弁護士のことで「社内弁護士」とも呼ばれます。弁護士資格を有しながら、企業に従業員や役員として在籍し、自社の法務問題の処理などに従事する専門人材です。グローバル化やコンプライアンス(法令順守)重視などの経営環境の変化に伴い、拡大・多様化する法務リスクに対応する...
EVP
EVPとは、Employee Value Propositionの頭文字をとった略語で、直訳すると「従業員価値提案」。つまり、企業が従業員に提供できる価値のことを指します。従来の「従業員は会社にどのような利益をもたらすか」という視点ではなく、「企業は従業員に何を提供できるか」という視点に立つのが、E...

関連する記事

企業の時短はどこまで進んだ?休日は増えた?「労働時間」と「休日日数」の最新実態
主要企業と中堅・中小企業の2004年度の労働時間と休日について、労務行政研究所の調査結果をもとに探ってみます。
2005/03/28掲載人事・労務実態調査
女性活躍推進が成果を「上げている」企業は約半数。 「上げていない」と答えた企業では、女性従業員の「昇進意欲」や「モチベーション向上」が課題
多くの企業が女性活躍推進に取り組んでいる。その成果については、「上げている」(8.9%)「どちらかといえば上げている」(36.6%)が合わせて45.5%と、半数近くが手ごたえを実感している。女性活躍推進の成果を「上げていない」「どちらかといえば上げていない」と...
2018/08/02掲載人事白書 調査レポート
2016年「ホワイト企業」認定がスタート! 日本次世代企業普及機構(JWS)が取り組む、次世代に残したい良い会社の基準とは?
一般財団法人日本次世代企業普及機構(Japan White Spread:以下、JWS)は、将来性やビジョン、働きがいといった要素において、これからの時代に残すべき素晴らしい中堅中小企業を発掘し、「ホワイト企業」として認定・表彰を行うことを目的に誕生しました。...
2016/02/10掲載注目の記事

関連するキーワード

管理職のコミュニケーション能力を高める!ソリューション特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

50音・英数字で用語を探す

注目コンテンツ


管理職のコミュニケーション能力を高める!ソリューション特集

今求められるコミュニケーション能力・マネジメント能力とは


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


これからのビジネスに欠かせない「経済知力」とは?

これからのビジネスに欠かせない「経済知力」とは?

変化のスピードが速い現代において、過去の“経験則”だけでは通用しないの...


「日本一いい会社」を目指すために<br />
社内で「産業カウンセラー」を育成するメリットとは

「日本一いい会社」を目指すために
社内で「産業カウンセラー」を育成するメリットとは

健全な職場環境づくりのプロフェッショナルとして、あるいは社内外の信頼関...