企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事白書調査レポート2020 ダイバーシティ
女性管理職、10%未満が半数以上……
6年前から変化乏しく

政府目標の30%とは大きな開き。半数以上が10%未満

政府は2020年までに女性管理職の比率を30%にする目標を掲げていますが、現在どのくらいになっているのかを聞きました。最も多かったのは、「1%以上5%未満」(33.5%)で、3分の1を占めています。以下、「5%以上10%未満」(20.0%)、「0%」(19.7%)の順となっており、7割以上が10%未満となりました。政府目標の「30%以上」は、6.9%に留まっています。

●政府目標の30%とは大きな開き。半数以上が10%未満(全体)

政府目標の30%とは大きな開き。半数以上が10%未満(全体)

●政府目標の30%とは大きな開き。半数以上が10%未満(従業員規模別)

●政府目標の30%とは大きな開き。半数以上が10%未満(従業員規模別)

この6年で女性管理職の割合はどこまで増えたか

『人事白書2014』のデータをひもといて、この6年間の変化を考察してみました。『人事白書2014』の調査によると、当時の管理職(課長クラス以上)全体に占める女性の割合で最も多いのは、「1%以上5%未満」(40.6%)。「10%未満」の数字をすべて合わせると76.0%で、約8割を占めていました。

当時、企業が2020年にどの程度まで女性管理職を増やそうと考えていたかというと、最も多いのは「6%以上10%未満」(28.2%)、次いで「1%以上5%未満」(17.4%)、「30%以上」(17.0%)という順でした。『人事白書2020』の数字を見ると、2014年と比較し女性管理職の割合は多少伸びたものの、政府が掲げた目標どころか、企業が目指したレベルにも届いていないことがわかります。

【調査概要】
実施時期2020年3月16日~4月10日
調査対象『日本の人事部』正会員
調査方法Webサイト『日本の人事部』にて回答受付
回答数4,620社、4,783人(のべ)
質問数168問
質問項目1.戦略人事/2.採用/3.育成/4.評価・賃金/5.ダイバーシティ/6.働き方/7.HRテクノロジー/8.新しい人事課題

出典:『日本の人事部 人事白書2020』

「日本の人事部 人事白書」

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

人事白書 調査レポートのバックナンバー

人事評価が業績向上につながっているのは半分以下。業績向上と相関するのは「評価結果をオープンにする」「低評価者へのフォロー」など
『日本の人事部 人事白書2020』から、評価・賃金の調査結果の一部をご紹介します。
2020/08/04掲載
注目される経営人材教育。実施している企業の過半数が教育の成果を実感
『日本の人事部 人事白書2020』から、戦略人事の調査結果の一部をご紹介します。
2020/07/28掲載
中途採用の面接官トレーニングには消極的? 「今後も実施の予定はない」が約半数
『日本の人事部 人事白書2020』から、中途採用の面接官トレーニングについての結果を紹介します。
2020/07/21掲載

関連する記事

1on1の導入割合は4割超。上司の傾聴力が成功の鍵に
『日本の人事部 人事白書2020』から、1on1ミーティングについての調査結果を紹介します。
2020/07/07掲載人事白書 調査レポート
高橋俊介さん:
不確実性の時代に企業や人事はどう行動すべきか
「変化対応能力のある組織」をつくるダイバーシティとキャリア自律
グローバル化によるビジネス環境の急速な変化、少子高齢化にともなう人手不足、働き方改革への対応、さらには突然の大規模災害や感染症に備えての対策まで、企業はさまざま...
2020/05/08掲載キーパーソンが語る“人と組織”
「自社の人材育成施策で従業員を育成できていない」と感じている企業は5割超
業績の悪い企業では8割弱に及ぶ
研修を実施している企業の育成担当者に「自社の育成施策によって従業員を育成できているか」を聞いたところ、最も多いのは「あまり感じない」(51.6%)で、過半数を占...
2019/07/08掲載人事白書 調査レポート
企業が研修を最も強化したいと考えている層は「ミドルマネジャー」と「新任マネジャー」。最も強化したいテーマは「リーダーシップ」
企業の育成担当者に、今後どの層を対象にした研修を強化するのかを聞いたところ、最も多かったのは「ミドルマネジャー」(63.7%)。次いで、「新任マネジャー」(55...
2018/07/19掲載人事白書 調査レポート
従業員の評価の結果を「人材開発・育成」に活用している企業は31.0%、「キャリア開発」に活用している企業は17.0%にとどまる
従業員に対する評価結果を何に活用しているのかを複数選択形式で聞いたところ、最も多かったのが「昇進・昇格」(84.0%)で、2番目は、「基本給」(80.4%)、3...
2017/07/07掲載人事白書 調査レポート

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

記事アクセスランキング

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


変わる、就職・採用!大量に集めて大量に落とすモデルの限界

変わる、就職・採用!大量に集めて大量に落とすモデルの限界

「厳選企業と優秀学生をつなぐスカウト型のエージェントサービス」IROO...


ビジネスの競争環境が大きく急速に変化していく中、<br />
人事がその変革のエージェントとして経営を支援していく

ビジネスの競争環境が大きく急速に変化していく中、
人事がその変革のエージェントとして経営を支援していく

急速なデジタル技術革新、グローバルな競争環境の一層の多極化、働く人々の...