企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】ソジ SOGI

「SOGI」は、セクシュアルオリエンテーションとジェンダーアイデンティティ(Sexual Orientation and Gender Identity)の頭文字をとった略語で、「性的指向と性自認」のことを指します。「ソジ」または「ソギ」と読むのが一般的です。性的指向とは、好きになる相手の性のこと。性自認とは自分で認識している性のことです。これまで性的マイノリティーを表す「LGBT(レズビアン、ゲイ、バイセクシュアル、トランスジェンダー)」という呼称が広く認知されていましたが、SOGIはLGBTも含めた全ての人の性的指向と性自認を表す総称です。(2020/1/29掲載)

SOGIのケーススタディ

性的マイノリティーへの差別は「SOGIハラ」
SOGIの違いによる不利益を許さない環境へ

どうしてSOGIという言葉が生まれたのでしょうか。日本社会では、2013年頃からLGBTという言葉がにわかに使われはじめました。2015年に東京都渋谷区が日本で初めて同性カップルを結婚に準ずる関係と認める「パートナーシップ証明」を交付することが報じられて以降、LGBTの認知度は徐々に上がっていきました。

同時に、LGBTという枠に収まりきらない多様な性のあり方があることも提起されるようになっていきました。性的マイノリティーは、レズビアン、ゲイ、バイセクシャル、トランスジェンダーにとどまりません。LGBTには、「アセクシュアル(恋愛感情や性的欲求を抱かないこと)」や「Xジェンダー(性自認が男性でも女性でもないこと)」などのように、属性を排他するような表現になってしまっている欠点がありました。

そこで、LGBTに代わって使われるようになってきたのが「SOGI」です。SOGIには、LGBT以外の性的マイノリティーも、性的マジョリティーである「ヘテロセクシュアル(異性愛者)」や「シスジェンダー(生まれたときに割り当てられた性別に違和感のない人)」も含まれます。

LGBTの認知度が高まるにつれ、企業は性的マイノリティーへの配慮が求められるようになり、性的マイノリティーへの差別は「SOGIハラ」と呼ばれるようになりました。トランスジェンダーに配慮をしなかったり、同性愛であることの噂を流したりして、当事者が不快な思いをしたり不利益を被ったりするものはSOGIハラにあたります。

新たな言葉ができることで、人はこれまで以上に言動に気を付けるようになるものです。かつては「マタハラ」や「パタハラ」といった言葉もありませんでしたが、言葉が広く認知されることで、当事者に対する理解が広まっていきました。SOGIへの理解は現在、世代によって大きく異なります(※)。企業には性的マイノリティーへの理解が比較的少ない上の世代に対してもハラスメントをしないよう教育したり、サポート制度を整えたりするなど、積極的な働きかけがさらに求められるでしょう。

・参考
電通ダイバーシティ・ラボが「LGBT調査2018」を実施

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

あわせて読みたい

LGBT
ダイバーシティに取り組む企業が増え、日本でも多様な価値観を尊重する意識が高まっています。多様な人材を雇用し、その能力を生かしていくには「目に見えない部分への配慮」も必要です。 ダイバーシティ推進のポイントの一つとなるのが「LGBT」への理解です。ここでは、LGBTの意味やセクシュアリティのさまざまな...
アウティング
「アウティング」とは、本人が公にしていない「SOGI(性的指向や性自認)」を、承諾なしに第三者に公表してしまうことをいいます。SOGIは個人情報やプライバシーにあたります。それを周囲に公表するか否か、どの程度公表するかなどは本人だけが決めることができ、それを暴露する行為はプライバシー権の侵害と考えら...
アライ
「アライ」とは、英語で「同盟、支援」を意味する「ally」が語源で、LGBT(レズビアン・ゲイ・バイセクシャル・トランスジェンダー)の当事者ではない人が、LGBTに代表される性的マイノリティを理解し支援するという考え方、あるいはそうした立場を明確にしている人々を指す言葉です。世界中の人々が訪れること...

関連する記事

自社が「LGBTの従業員がカミングアウトしやすい職場」だと思う企業は、4.2%
自社が「LGBTの従業員がカミングアウトしやすい職場」だと思う企業は4.2%。「そう思わない」(34.3%)、「どちらかというとそう思わない」(24.2%)を合わせると6割近くにのぼる。LGBTの従業員を支援する施策としては、「実施なし」が8割弱となった。
2019/07/08掲載人事白書 調査レポート
野村證券株式会社: 多様性に優先順位をつけない! 野村證券の“草の根”発「ダイバーシティ&インクルージョン」の取り組みとは(後編)
インタビューの後編では、野村グループが展開する「ダイバーシティ&インクルージョン」活動の中核をなす“草の根”の社員ネットワークの仕組みや、ダイバーシティ推進研修の具体的な内容についてもうかがいました。女性活躍推進にとどまらず、人と人との間に存在し得るあらゆる違...
2015/07/30掲載となりの人事部
齋藤孝さん 部下を育てる言葉、ダメにしてしまう言葉
部下がやる気をなくすのも起こすのも上司の言葉しだい、と言えるかもしれませんが、では、上司は部下をステップアップさせるためにどんな言葉をかけたらいいのか。逆に、上司と部下の人間関係を険悪にしてしまうのは、お互いのどういう言葉なのでしょうか? 近著『嫌われる言葉―...
2004/12/13掲載キーパーソンが語る“人と組織”

関連するQ&A

LGBTに配慮した表現について
LGBTや、事実婚に対応した就業規則の改訂を検討しております。 例えば、弔慰金の規定において同性のパートナーにも受け取る権利を付与したい場合、どのような文言が適切でしょうか? 現在 「配偶者(事実婚を含む)」 という形ではどうか、と考えております。 アドバイスいただければ幸いです。 よろしくお願いい...
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
各分野のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

50音・英数字で用語を探す

新着用語 一覧

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


ウィズコロナ時代の働き方改革<br />
デジタルシフトで変わる!店舗が実施した非対面の人材開発、職場コミュニケーションとは

ウィズコロナ時代の働き方改革
デジタルシフトで変わる!店舗が実施した非対面の人材開発、職場コミュニケーションとは

新型コロナウイルスの感染拡大は、店舗事業者に甚大な影響をもたらした。さ...