企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事白書調査レポート

選考開始のヤマはやはり4月?! 2016年度新卒採用の選考開始は「2015年4月」が19.9%。
僅差で指針通りの「8月」が19.4%

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「2015年4月」「8月」に約2割。
「指針」が求めた8月以降は4社に1社にとどまる

「採用選考」は、「指針」が求める開始時期は2015年8月となりましたが、実際には、企業は「採用選考」をいつ開始(予定)したのでしょうか。

「採用広報」では約半数の企業が「指針」通りに開始していましたが、「採用選考」は、やや時期が分散した結果となっています。最も多かったのは新年度となる「2015年4月」(19.9%)で、「指針」が求めた「2015年8月」(19.4%)が僅差で続きます。ただ、「2015年3月」も13.6%見られるなど、3年生の段階から選考を開始する企業も少なくありません。

今回の「指針」では夏季インターンシップの時期と重なるなどの問題も指摘されていて、「指針」通りの2015年8月以降に「採用選考」を開始(予定)する企業は合わせて24.4%と4社に1社にとどまっています。採用予定数を確保するためには、「指針」通りの日程で「採用選考」を行うのは現実的でないという判断を、多くの企業では行ったと考えられます。

図:「採用選考」の開始予定
「採用選考」の開始予定

大企業は、「指針」通りに選考を開始する割合が高い

従業員数別に見ると、「指針」が求めた「2015年8月」に採用選考を始める企業については、採用力のある大企業が多いことがわかります。1001~5000人は31.7%、5001人以上では36.8%が8月開始(予定)と回答しています。一方、101~500人、501~1000人の中堅企業では、「2015年4月」に「採用選考」を行う企業が多く、それぞれ21.5%、26.1%となっています。

図:従業員数別/「採用選考」の開始予定
GEリーダーのコンピテンシー(必要な特性)
【本調査結果の二次利用について】
  • 引用する場合は、出典を明記してください。
    <表記例> 出典:『日本の人事部 人事白書2016』
  • 転載する場合は、必ず当社までお問い合わせください。
【調査概要】
実施時期 2015年3月23日~2015年4月6日
調査方法 Webサイト『日本の人事部』にて回答受付
対象 『日本の人事部』人事会員(経営者ならび人事・総務・管理部門に属する方)
回答数 のべ2743社 2,857人
質問数 117問
質問項目
  • PARTⅠ 採用(新卒・中途)
  • PARTⅡ 育成(新入社員・若手・経営幹部・ミドル)
  • PARTⅢ 職場環境(人事課題・女性管理職・ワークライフバランス・育児休業・介護支援・メンタルヘルス・ダイバーシティ)
  • PARTⅣ 人事トレンド(ストレスチェック・マイナンバー制度・労働基準法の改正案・非正規社員・高年齢者)

出典:「日本の人事部 人事白書2015」


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人事白書 調査レポートのバックナンバー

「いい人事部」とは?――「経営陣のパートナー」「育成」「全体最適」……
「いい人事部門(人事部)」とはどのようなものだと考えるか、自由記述形式で聞いたところ、さまざまなステークホルダーとの関係性などに関連するコメントが寄せられた。
2017/07/19掲載
「人事部門内でメンバーにAI導入の意思がある」企業の割合は15.9%
人事部門内における人工知能(AI)の活用について複数選択形式で聞いたところ、最も多かったのは「人事内の特定のメンバーにAI導入の意思がある」で、15.9%。しか...
2017/07/19掲載
労働時間短縮施策として「行った結果、効果があった」割合が最も高かったのは「経営層によるコミットメント・メッセージの発信」
労働時間を短縮するために行った施策が「ある」企業に、各施策実施の有無とその効果について聞いたところ、「行った結果、効果があった」の割合が最も高かったのは、「経営...
2017/07/12掲載

関連する記事

採用成果を上げている企業は「勝つためのプランニングができている」「社内の協力体制は十分である」「PDCAサイクルは十分に機能している」割合が高い
「自社の採用チームは、採用において十分な成果を上げている」という項目に対して「当てはまる」企業は11.2%、「どちらかというと当てはまる」企業は49.4%。この...
2017/06/30掲載人事白書 調査レポート
株式会社アサツー ディ・ケイ:
応募者に「どんな人と、どう働きたいか?」というリアルなイメージを喚起
新卒採用活動の既成概念をリセットし、応募者と社員の相互理解を図る「相棒採用」とは(後編)
「コンシューマー・アクティベーション(消費者に行動を起こさせる)」をビジョンに掲げる、大手広告会社アサツー ディ・ケイ。クライアントの成長に貢献し続ける企業姿勢...
2017/02/13掲載となりの人事部
株式会社アサツー ディ・ケイ:
応募者に「どんな人と、どう働きたいか?」というリアルなイメージを喚起
新卒採用活動の既成概念をリセットし、応募者と社員の相互理解を図る「相棒採用」とは(前編)
グローバルレベルで繰り広げられる厳しいビジネス競争に打ち勝つために、多くの企業が新卒採用に力を注いでいます。大手広告会社のアサツー ディ・ケイでは、従来からの採...
2017/02/06掲載となりの人事部
「採用」「労務・給与・人件費」以外の分野では、人事部門はデータ分析に取り組めていない
全国4,036社の人事実態調査『人事白書2016』レポート。近年、HRテクノロジー、とりわけデータによる分析(アナリティクス)の重要性が高まっている。そうした中...
2016/07/20掲載人事白書 調査レポート
2017年度新卒採用では、経団連の指針が求めた時期よりも前に「選考」を開始している(開始を予定している)企業が6割
全国4,036社の人事実態調査『人事白書2016』レポート。2017年度新卒採用では、経団連の指針が求めた時期を守らないケースが増えているようだ。経団連の指針よ...
2016/07/04掲載人事白書 調査レポート
中核を担う管理職を育成し、組織力を向上させる!管理職育成特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

記事アクセスランキング

注目コンテンツ


『日本の人事部』ダイバーシティ&インクルージョン特集

D&I推進に取り組む企業様におすすめなプログラムをご紹介。ぜひ貴社のD&I推進にご活用ください。



『日本の人事部』管理職育成特集

管理職育成のための多彩なプログラムをご紹介。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


求人に特化した検索エンジンIndeedで自社採用HPへの集客を高め、「自立した採用力」を促す

求人に特化した検索エンジンIndeedで自社採用HPへの集客を高め、「自立した採用力」を促す

「企業が自社の「採用力」を高めていくためには、“自立した採用力”こそが...


グローバルビジネスの“インフラ”を守る!<br />
 米国ビザ取得をアウトソーシングするメリットとは?

グローバルビジネスの“インフラ”を守る!
米国ビザ取得をアウトソーシングするメリットとは?

取得に多大な労力を要すると言われる米国ビザ。
なぜ取得が難しいのでしょ...