企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

イベントレポート

ASTD2013 International Conference & Expo[ 1/3ページ ]
(2013/6/24掲載)

2013年5月19日~22日に、米国テキサス州ダラスにて、「ASTD2013 International Conference & Expo」が開催されました。ASTD International Conference & Expo(ASTD国際会議)は、Workplace Learning & Performance(職場における学習・パフォーマンスの向上)に関する世界最大の会員制組織であるASTD(American Society for Training & Development)が年に一度開催している国際会議です。このコンファレンスでは、米国だけでなく、世界各国から集まった先駆的企業や教育機関・行政体のリーダーたちが、現在直面している諸問題にどのように取り組んでいるかを企業の枠を超えて学び合います。本レポートでは、イベントの模様をダイジェストでお伝えいたします。

ASTD2013 International Conference & Expo の概要報告

[ 取材・レポート ] 株式会社ヒューマンバリュー プロセス・ガーデナー 佐野 有香

■ASTDとは

ASTD ロゴASTDは、American Society for Training & Developmentの略称で、企業や政府などの人材開発・組織開発の支援をミッションとし、米国ヴァージニア州アレクサンドリアに本部を置く会員制組織です。設立は1944年で68年もの歴史があり、世界約100カ国以上の国々に約40,000人の会員を持つ、人材開発&トレーニングに関する世界最大級の組織です。

■ASTD International Conference & Expo(ASTD国際会議)とは

ASTD International Conference & Expo(ASTD国際会議)は、ASTDが年に一度開催している人材開発や組織開発に関する世界最大級のイベントです。先駆的企業の組織・人材開発に関する実践事例や、これからの組織・人材開発のあり方など、最新の情報に触れることができます。2013年は、テキサス州ダラスにて開催。4日間で281ものセッションが開催され、米国だけではなく欧州、アジア、中東など世界87ヵ国から9,000人以上の方々が参加しました。

■ASTD2013 International Conference &Expo開催概要
テーマ Content, Community, Global Perspective
(コンテンツ、コミュニティ、グローバルの視点)
日程 2013年5月19日(日)~22日(水)
場所 米国テキサス州ダラス ダラス・コンベンション・センター
セッション数 281件(延べ289件)
  • 基調講演:3件
  • コンカレントセッション延べ数:238件
  • ワークショップ:9件
  • エキスポ展示者によるデモセッション:38件
基調講演
  • ケン・ロビンソン卿(『才能を引き出すエレメントの法則』著者、英ワーウィック大学名誉教授)
  • ジョン・シーリー・ブラウン氏(デロイト先端研究所共同代表、南カリフォルニア大学客員教授、『PULLの哲学』著者)
  • リズ・ワイズマン氏(元オラクル社役員、ワイズマングループ会長)
コンテント・トラック
(8カテゴリー)
  • Career Development(キャリア開発)
    組織と個人を含めたキャリア開発
  • Designing and Facilitating Learning(デザイニング&ファシリテーティング・ラーニング)
    デザインとファシリテーションのための、イノベーション・アプローチ
  • Global Human Resource Development(グローバル人材開発)
    文化の多様性、グローバリゼーション、ローカライゼーションと、地域別のベストプラクティスに焦点を当てる
  • Human Capital(ヒューマン・キャピタル)
    コーチング、メンタリング、パフォーマンス改善、学習機能の管理、チェンジ・マネジメントとタレント・マネジメントが含まれる
  • Leadership Development(リーダーシップ開発)
    個人や組織、両方の開発アプローチをカバーしている
  • Learning Technologies(ラーニング・テクノロジー)
    ラーニングにテクノロジーツールを使用するための、コアなものから新しいものまで様々な範囲が含まれる
  • Measurement, Evaluation, ROI(測定、評価、ROI)
    効果戦略と、ROIと同様に、すべての種類のプログラムの効果の測定に焦点を当てる
  • Workforce Development for Non-Training Development(トレーニング・プロフェッショナルでない人向けのワークフォース・ディベロップメント)
    専門家以外の人に向けて、マネジメントや組織開発についてのヒントを得るためのプログラム
インダストリー・トラック
(3カテゴリー)
  • Higher Education(高等教育)
    大学の学部、部長、および教育の指導者に向けたセッション
  • Government(行政)
    連邦、州、および地方など、政府のあらゆるレベルにおける、政府で働く人に向けた、政府関係者によるセッション
  • Sales Enablement(セールスの有効化)
    ソート・リーダーシップ(考え抜かれたリーダーシップ)、デザインと開発、販売スキルとコンピテンシーをカバーしている、販売トレーナー、コーチ、リーダー、役員を含むセールス・イネーブルメント専門家のためのプログラム
■ASTD2013 International Conference &Expo開催実績
  • 参加人数:9,000名以上
  • 海外からの参加:2,200名
  • 参加国数:87ヵ国
  • 参加者の多い国の状況:韓国…387名、カナダ…235名、中国…172名、日本…128名、ブラジル…110名
※参考 過去の実績
【参加人数】
2012年 9,000名
2011年 8,500名
2010年 8,000~9,000名
2009年 8,000名
2008年 10,000名
2007年 9,300名
【2012年海外参加者数順位】
韓国 384名
カナダ 188名
中国 175名
日本 146名
ブラジル 110名

【海外の主な参加人数】
  2012年 2011年 2010年
韓国 384名 451名 390名
カナダ 188名 214名 202名
日本 146名 119名 103名

世界中から集まった人と共に学び、交流する場

今年の会場となったダラス・コンベンションセンターは、ダラス中心街、ケネディ大統領暗殺現場の近くに位置しています。5月でも気候は日本と比べて蒸し暑く、夜になっても半袖で出歩けるほどでした。

ダラスphotoダラスphotoダラスphoto

コンファレンス会場はとても大きく、端から端まで歩くのに10分はかかりそうなほどで、いたる所に道案内をしてくださるボランティアの方が立っていました。会場内に設置されたブックストアでは、セッション・スピーカーの著書や、ASTDの出版物が購入できます。各基調講演の後にはサイン会も催され、ブックストアの外の廊下まで続く長い列ができていました。また、海外からの参加者同士が交流できる場として、グローバル・ビレッジが設けられています。中に入ると、大きな世界地図があり、参加者が自分の名刺を貼り付けることができるようになっていました。今年はASTDの70周年であるため、お祝いのコメントを掲示するボードも用意されており、ASTDの長い歴史が感じられました。グローバル・ビレッジでは、世界各国から来た参加者がコーヒーやスナックを片手に会話したり、写真を撮影したりして、交流の輪を広げていました。

ブックストアphoto世界地図photo

コンファレンスのセッションは、ジェネラル・セッション(基調講演)とエデュケーショナル・セッションに分かれています。エデュケーショナル・セッションは、1日三つのスロット(時間枠)が設けられており、その時間帯に行われるセッションだけでも数十にわたります。自分の興味あるセッションを選び参加しますが、中には途中で退出していくつものセッションに参加する人もいました。人気のあるセッションは、満席のため部屋に入れてもらえないこともあったようです。近くに座っている参加者とグループワークを行うセッションも多くあり、ここでもさまざまな国から来た参加者と互いの知識や経験を交換できる場となっています。また、終了後にスピーカーに個別に質問したり、話を聞く人のための列ができたりしているセッションもありました。

セッションphotoセッションphoto

会場内で同時開催されているエキスポでは、多くのトレーニング&ディベロップメントのサービスを紹介するブースが展示されていて、活気にあふれていました。参加者は各ブースを自由に見て回ることができます。熱心にサービスについて質問をしている人も見かけました。

ブースphotoブースphoto

インターナショナル・ボランティア・アウォードでは、定期的な委員会活動や勉強会の開催、そして日本での会員増加が評価され、ASTD日本支部であるASTD Global Network Japanの理事全員が表彰されるといううれしいニュースもありました。

インターナショナル・ボランティア・アウォードphotoインターナショナル・ボランティア・アウォードphoto

4日間のコンファレンスはあっという間に過ぎましたが、期間中はトレーニング&ディベロップメントにかかわる多くの人々と交流することができました。各セッションや参加者同士の交流をとおして得た新しい知識やネットワークを大いに生かし、それぞれの場所でまた新たな取り組みが生まれるのだと思うと、来年の5月4日~7日にワシントンD.C.で開かれるASTD International Conference & Expo 2014もまた楽しみになりました。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事にコメントする

この記事に対するご意見・ご感想のコメントをご投稿ください。
※コメントの投稿をするにはログインが必要です。

※コメントのほか、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)がサイト上に公開されます。

※投稿をしたコメントは、『日本の人事部』事務局で確認後、掲載されます。投稿後すぐには掲載されませんので予めご了承ください。

イベントレポートのバックナンバー

『健康経営会議2017』開催レポート
2017年9月4日、経団連会館において、健康経営会議実行委員会の主催による「健康経営会議2017」が開催された。健康経営とは、経営の観点から戦略性をもって働く人...
2017/10/16掲載
ATD 2017 International Conference & Expo 参加報告
~ATD2017に見るグローバルの人材開発の動向~
2017年5月21日~24日に、米国ジョージア州アトランタで、「ATD 2017 International Conference & Expo(ICE)」が開...
2017/07/11掲載
『健康経営会議2016』開催レポート
2016年9月5日(月)経団連会館において、健康経営会議実行委員会の主催による「健康経営会議2016」が開催された。健康経営とは、従業員の健康を経営課題の一つと...
2016/11/01掲載

関連する記事

従業員の評価の結果を「人材開発・育成」に活用している企業は31.0%、「キャリア開発」に活用している企業は17.0%にとどまる
従業員に対する評価結果を何に活用しているのかを複数選択形式で聞いたところ、最も多かったのが「昇進・昇格」(84.0%)で、2番目は、「基本給」(80.4%)、3...
2017/07/07掲載人事白書 調査レポート
社員研修・人材育成の実務(1)自社にふさわしい教育体系をつくる
社員教育の「独自性」と「成果」を両立させるための教育体系を考える
2017/02/28掲載よくわかる講座
「学習する能力」を科学する「ニューロサイエンス(神経科学)」とは
~脳の学び方を知り、職場のパフォーマンスを高める~
2016年11月に東京で開催された世界最大級の人材開発会議「ATD 2016 JAPAN SUMMIT」の特別講演で初来日した、この分野の第一人者であるNeur...
2017/01/12掲載編集部注目レポート
中村和彦さん:
組織に関する問題を「人」「関係性」に働きかけることで解決
いま日本企業に必要な“組織開発”の理論と手法とは(後編)
組織開発をどのように進めていけばいいのか、また、その際に人事部はどう関わっていけばいいのかなどについて、組織開発の実践に取り組んでいる研究者の南山大学教授の中村...
2015/09/11掲載キーパーソンが語る“人と組織”
中村和彦さん:
組織に関する問題を「人」「関係性」に働きかけることで解決
いま日本企業に必要な“組織開発”の理論と手法とは(前編)
なぜ組織開発が近年注目されているのか?日本企業がどのように組織開発を進めていけばよいのか?組織開発の実践に取り組んでいる研究者の南山大学教授の中村和彦さんに、詳...
2015/09/04掲載キーパーソンが語る“人と組織”
受けさせたいスキルアップ系講座特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

<アンケートのお願い>採用マーケットの構造変化に関する意識調査

記事アクセスランキング

注目コンテンツ


『日本の人事部』受けさせたいスキルアップ系講座特集

コミュニケーションや英語力、個人の生産性やPCスキルなど、ビジネス上必須となる多彩なプログラムをご紹介



「健康経営特集」
従業員の健康づくりを通じて生産性向上を目指す!

健康経営の推進に役立つ多彩なプログラムをご紹介。資料請求のお申込みや資料のダウンロードも可能です。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


求人に特化した検索エンジンIndeedで自社採用HPへの集客を高め、「自立した採用力」を促す

求人に特化した検索エンジンIndeedで自社採用HPへの集客を高め、「自立した採用力」を促す

「企業が自社の「採用力」を高めていくためには、“自立した採用力”こそが...