企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

定昇「廃止・縮小」を行うとどうなる?
中小企業における「定期昇給見直し」の考え方と実務上の留意点【後編】[前編を読む]

特定社会保険労務士

増山 正紀

「前編」は、中小企業における「定期昇給」の位置付けの整理、「定期昇給見直し」の原点などについて紹介しました。「後編」では、定期昇給見直しの進め方(手順、法的問題点と留意すべき事項)について、具体的に解説していきます。

1. 定期昇給見直しの手順

(1)それでも定期昇給はなくならない

毎年春には恒例の本年度賃上げをめぐる労使交渉があります。中でも定期昇給をどうするかということは、最大の焦点となります。そこで、まず「昇給」について図表1のように整理をしてみました。

図表1. 昇給の区分け

図表1. 昇給の区分け

※この昇給にベースアップを加えたものが「賃上げ」です。

定期昇給の中でも、自動昇給の対象となるのは年齢給あるいは勤続給で、この2つは企業が見直しの対象とすることが最も多いものです。それ以外は人事考課の結果が反映される査定昇給で、この2つを合わせて「定期昇給」と呼んでいます。

これに対し、もともとの職務給は担当職務が上がった時のみ昇給するので、「不定期昇給」となります。しかしながら、日本では職務給を採用しているとする企業でも定期昇給を実施し、本来の職務給による運用がなされていないケースが多いのが実状のようです。

さて、現在の経営環境下では今までのような自動的な定期昇給は難しく、定期昇給の見直しは避けて通れません。では、具体的にどういう方向へ向かっていくのでしょうか。

それには、ほぼ2つの方向性が考えられます。1つは「定期昇給の縮小」であり、もう1つは、最近新聞や雑誌等でも取り上げられている「定期昇給の廃止」です。

まず、「定期昇給の縮小」は、定期昇給率あるいは定期昇給額を以前より縮小するものです。この方向で見直 しを行うのみで他の対策を打たない場合、賃金水準が低いままの状態、つまり賃金カーブが寝てしまうことになり、従業員の生活不安を招きかねません。そこで 「昇格昇給」を併用し、絶対水準を維持していくことが必要となりますし、現にそのように対応している企業もあります。

もう1つの「定期昇給の廃止」においても、極端なケースでは初任給21万円でスタートして定年までずっと 21万円となり得るため、実際は昇格昇給による絶対水準の維持を図ることが必要となります。ですから、単に「定期昇給の廃止」と言う場合でも、実は「年齢 給や勤続給などの定期自動昇給の廃止」を指すケースが多いようです。

こうしてみると、これから定期昇給が「まったくなくなる」ということは考えられず、各企業が様々なやり方を工夫しながら対応していくことになるかと思います。


記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

人事・労務関連コラムのバックナンバー

部門間で業績の差が大きい企業の人事対応
「全社的には業績に問題がないものの、部門間の業績の差が大きい会社で部門間異動をさせづらい場合」の対応について、どう考え、どう計画を立てて、どう実行していけばよい...
2021/01/13掲載
【印鑑レス時代の必須知識】
電子署名、eシール、タイムスタンプの機能と役割、種類別の違い等
電子文書の公的認証制度を整理する
テレワークの増加で、紙文書から電子文書へとペーパーレスへ動きが活発化しています。ここでは、電子文書を扱うための基礎知識を解説。とくに作成者を証明する電子署名、発...
2020/11/16掲載
この事例ではどう判断される?
テレワーク時の労働災害
テレワーク時にどのような労災が生じやすく、また、どのような対策が有効であるか解説します。なお、テレワークの形態では在宅勤務が圧倒的に多いようですので、本稿では在...
2020/09/16掲載

関連する記事

【本誌特別調査】〈速報〉2020年度決定初任給の水準
58.5%が「全学歴据え置き」、据え置き率は2年連続で上昇。
大学卒の水準は21万3276円で前年度比0.5%増
労務行政研究所では、2020年4月入社者の決定初任給を調査。ここでは、4月7日までに回答のあった東証1部上場企業164社について、速報集計を取りまとめた。 今...
2020/10/19掲載人事・労務実態調査
カギは「企業の繁栄」と「労働者の幸せ」の両立
組織の強みを引き出す、法との向き合い方
慢性的な長時間労働に歯止めをかける時間外労働の上限規制、雇用形態によらず仕事内容に見合う待遇を設ける同一労働同一賃金、そして、企業が職場のパワーハラスメント防止...
2020/07/08掲載編集部注目レポート
同一労働同一賃金の施行直前、約7割が対応不十分
『日本の人事部 人事白書2020』から、同一労働同一賃金の対応状況についての調査結果を紹介します。
2020/07/07掲載人事白書 調査レポート
2019年度 部長・課長・係長クラス・一般社員のホワイトカラー職種別賃金調査
~13職種に見る最新実態と諸格差の動向~
グローバル化の進展等に伴い、役割給・職務給に代表される仕事基準の人材マネジメントを志向する企業が、徐々に増えつつある。 こうした動向を踏まえて労務行政研究所で...
2020/06/12掲載人事・労務実態調査
労使および専門家の計452人に聞く2020年賃上げの見通し
~定昇込みで6495円・2.05%と予測。7年連続で2%台に乗る~
賃金交渉の最新動向がわかる!労・使の当事者および労働経済分野の専門家を対象に実施した「賃上げ等に関するアンケート調査」から見える2020年の賃上げ見通しは?
2020/02/20掲載人事・労務実態調査

最新の人事部の取り組みやオピニオンリーダーの記事をメールマガジンでお届け。

仕事と家庭(育児・介護)』の両立支援 会社の法律Q&A 「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

記事アクセスランキング

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


HR Techで人事が組織を変えていく<br />
~データやテクノロジーの活用と新しい人事の仕事~

HR Techで人事が組織を変えていく
~データやテクノロジーの活用と新しい人事の仕事~

人事や企業経営を大きく変えていくと言われる「HR Tech」や「ピープ...