企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

職場のモヤモヤ解決図鑑
【第1回】「1on1」をやってね、と言われたけど、話すことが見つからない……

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
職場のモヤモヤ解決図鑑

自分のことだけ集中したくても、そうはいかないのが社会人。昔思い描いていた理想の社会人像より、ずいぶんあくせくしてない? 働き方や人間関係に悩む皆さまに、問題解決のヒントをお送りします!

今週から1on1を実施してほしいと頼まれた。とは言うものの何をしたらいいんだ?
志田 徹(しだ とおる)
志田 徹(しだ とおる)
都内メーカー勤務の35才。営業主任で夏樹の上司。頼りないが根は真面目。口癖は「う~ん…(無言)」
児玉 夏樹(こだま なつき)
児玉 夏樹(こだま なつき)
社会人3年目の25才。志田の部下。ネットとサブカルが好き。仕事はビジネスライクにこなす。

どうやら志田さんは、コミュニケーションの最初の一歩でつまずいてしまったようですね。いきなり部下の休日の趣味に踏み込んだうえ、「夏樹さん」と下の名前で呼んでいる。これでは、「児玉さん」の拒否感あふれる反応も当たり前です。

こんな話をしていると、「親しくない部下といきなり一対一で話すことなんてないよ!」と志田さんから文句が聞こえてきそうですね。ごもっともです。よほどコミュニケーション能力がない限り、仲良くしていない人と最初から会話を弾むことはありません。職場で気まずい雰囲気で一緒に仕事をしている分、もしかするとお客さまと話すときよりも大変かもしれません。「難しい」ことを自覚しながら、落ち着いて対策を考えましょう。

話題を探さなきゃ! と焦るその前に

最初からつまづかないために、志田さんの失敗を振り返ってみましょう。あまり交流がない部下に対し、急に距離を詰める話題、名前で呼びかけ……そう、距離感を間違えているのです。少しさみしいですが、まずは「部下はまだ心を開いてくれていない! 仕方ない!」と自覚することです。

ずっと前からやっていたかも? 1on1の話題探し

そのうえで、最初に話すことを準備しましょう。できる営業は新規の営業先に行くとき、「最初に何を話すか」を入念に考えるといわれます。「1on1」も同じです。

用意したいのは、「上司・部下共通の話題」です。よく「最近の流行」が良いといいますね。なにも思い当たらなければ、「天気」についてでもいいでしょう。

ぜひ活用してほしいのは、「部下の仕事内容」に関する話題です。部下の朝礼発表や業務報告に注目してみましょう。ヤフーの吉澤氏は、仕事はもちろん、部下の一つひとつの行動から話題を考えるべきとアドバイスしています(ダイヤモンドオンライン)。細かく「あのメールの文面は良くなかった」とお説教をするのではなく、「あのタイミングで報告してくれて、スムーズに会議で発表ができたよ」と、事実をもとに褒めながら話を進めるのがベストです。

GOOD!上司と部下に共通の話題BAD!踏み込み過ぎる話題

避けたいのは、「踏み込みすぎる話題」です。志田さんが選んだ趣味や、仕事のミスは、親しくないうちから取り上げるものではありません。かといって、ある程度踏み込まなければいい1on1につながりにくいのも事実。踏み込む話題は、仲良くなった時のためにとっておきましょう。

部下を観察し、どの距離感まで踏み込むか。一対一の対話を成功させる準備は、もう始まっているのです。

まとめ
  • 最初は仲良くない! 当たり前のことを受け入れて入念な準備を
  • 上司・部下共通の話題を、世の中や部下の仕事にアンテナを張って事前に探しておく

最後に二つだけ。「1on1」の冒頭では、時間を割いてくれた部下へのお礼を忘れずに。部下は「なぜ、仕事が忙しいのに上司と話さなきゃいけないの?」と思っているかもしれません。また、あなたが準備した話題にどれだけ思い入れがあっても、部下が話し出したら、会話の主導権は譲りましょう。部下の話したいことを丁寧に聞けるのが理想の上司です。

本当は、せっかくもらった部下との時間を部下の成長のために生かしてほしいのですが……。まずは目の前の部下となごやかに話せるようになりましょう。それだけでも十分大変かつ大事な仕事です。

次回に取り上げるのは、「1on1、上司側がずっと話しちゃった!」という、話題が見つからない人からすれば贅沢なお悩みです。

あわせて読みたい記事

参考書籍


記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

編集部注目レポートのバックナンバー

有賀 誠のHRシャウト! 人事部長は“Rock & Roll”【第3回】
わが社にとってのグローバル人事とは……?(その3)
さまざまな課題を抱える、人事部長。常に明るく元気に突き進んでいくにはどうすればいいのか? さまざまな企業で人事の要職を務めてきた有賀誠氏が、課題解決のためのヒン...
2020/04/06掲載
タナケン教授の「プロティアン・キャリア」ゼミ【第5回】
経験を積んだミドル・シニアは、どのようにして新しいことへチャレンジすればいいの?
令和という新時代。かつてないほどに変化が求められる時代に、私たちはどこに向かって、いかに歩んでいけばいいのでしょうか。これからの<私>のキャリア形成と、人事とい...
2020/03/26掲載
酒場学習論【第6回】 銀座「しらたまや」とトランスファラブル・スキル
銀座のコリドー街の近く、ちょっと古びたビルの地下2階、そんな秘密めいた場所に「しらたまや」はあります。女将一人で営業する、料理と日本酒が中心の店。日本酒は燗酒好...
2020/03/19掲載

関連する記事

職場のモヤモヤ解決図鑑【第2回】
1on1で、ついつい上司ばかりが話してしまった
自分のことだけ集中したくても、そうはいかないのが社会人。昔思い描いていた理想の社会人像より、ずいぶんあくせくしてない? 働き方や人間関係に悩む皆さまに、問題解決...
2020/02/18掲載編集部注目レポート
酒場学習論【第2回】国分寺「燗酒屋がらーじ」と、決める・決めてもらうのが私たちの仕事
古今東西、人は酒場で育てられてきました。上司に悩み事を相談した場末の酒場、仕事を振り返りつつ一人で呑んだあのカウンター。あなたにもそんな記憶がありませんか。「酒...
2019/11/29掲載編集部注目レポート
世界で大反響を巻き起こした
“強みを伸ばす”新たなリーダーシップ開発法が
人と組織の継続的な成長を可能にする
世界14ヵ国で60万人以上に読まれている、グローバル・マネジメント誌『ハーバード・ビジネス・レビュー』で大反響を巻き起こした「飛びぬけたリーダー」論文の執筆者で...
2019/11/20掲載編集部注目レポート
管理職育成のヒントと課題解決のためのサービス
企業の重要課題の一つとなっている管理職育成について、管理職に求められるスキルと育成のポイントをまとめました。外部ソリューション活用のヒントとサービス内容もあわせ...
2019/05/20掲載人事支援サービスの傾向と選び方
定着率が高くても、注意が必要なワケ
採用難の状況にあって、従業員の定着は大変重要な課題です。 平成29年版パートタイマー白書によると、9割以上の企業が、パート・アルバイトに 長期継続して勤務してほ...
2019/04/17掲載新卒・パート/アルバイト調査

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


企業が社員の「睡眠改善」に取り組む時代<br />
働くひとのための「眠り方改革」とは

企業が社員の「睡眠改善」に取り組む時代
働くひとのための「眠り方改革」とは

睡眠改善への取り組みが今、注目を集めています。健康への影響にとどまらず...


これまでのやり方では、VUCAの時代を乗り切れない!<br />
いま日本企業に必要な人事マネジメントとは

これまでのやり方では、VUCAの時代を乗り切れない!
いま日本企業に必要な人事マネジメントとは

VUCAの時代となり、あらゆる意味でこれまでの企業経営が見直されていま...