企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A

相談数13206件   回答数27653

中途採用者の給与条件提示について

いつも大変お世話になっております。
さて、ご質問です。
当社は、新卒初任給が決まっており、大卒は20万、修士卒は23万です。
このたび中途採用で修士卒の方で30歳(卒業後数年他社勤務)の方の応募があり、合格としたいと思っていますが、能力レベル合格水準ぎりぎりなので、修士卒の初任給をしたまわる22万で提示しようと思っています。(賞与条件等は規定と同じ)
中途であれば新卒初任給をしたまわる条件を提示することは、問題ないでしょうか?
コンプライアンスの観点などもあり、ご教示いただけると幸甚です。
よろしくお願いいたします。

  • さのまるうさこさん
  • 栃木県
  • HRビジネス
  • 回答数:3件
  • カテゴリ:中途採用
  • 投稿日:2017/01/30 13:41
  • ID:QA-0069006
専門家・人事会員からの回答
3件中 1~3件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

専門家より
  • 投稿日:2017/01/30 21:27
  • ID:QA-0069014

オフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、修士卒で23万円というように学歴によって初任給が決められている場合ですと、中途採用であっても同額またはそれ以上の初任給を支給されるのが妥当といえます。

たとえ合格水準一杯のラインであっても、基準を突破し入社する事には変わりございませんので、そうした選考段階での差異を労働条件にまで持ち込む合理性はないものといえます。社会通念及び現実を見ましても、何らかの試験に合格した場合、トップ合格でも最下位での合格でもその後は同列の扱いとするのがほぼ常といえるでしょう。

  • 投稿日:2017/01/31 13:40
  • 相談者の評価:大変参考になった

ご回答をいただきましてありがとうございました。
理論が整理できましたので、しかるべき対応をしたいと思います。今後ともよろしくお願いいたします。

この回答は参考になった
参考になった:0名
専門家より
  • 投稿日:2017/01/30 22:01
  • ID:QA-0069015

代表者

修士卒初任給を上回る水準提示が筋

所謂、院卆者ですが、数年もの勤続経験を持ち、能力が《?》付でも、一応は、御社の目に留まっている者なら、新院卆者を下回る賃金の提示は、頂ける話ではないと思います。当然、試用期間を設けられるでしょうから、23万円を若干でも上回る水準を提示するのが筋でしょう。

  • 投稿日:2017/01/31 13:41
  • 相談者の評価:大変参考になった

ご回答をいただきましてありがとうございました。
理論が整理できましたので、しかるべき対応をしたいと思います。今後ともよろしくお願いいたします。

この回答は参考になった
参考になった:0名
専門家より
  • 投稿日:2017/01/30 23:05
  • ID:QA-0069016

人事・経営コンサルタント

給与

労働(雇用)契約は労働者と雇用者(会社)が納得の上で結ぶものですから、最低賃金などに抵触しない限りはコンプライアンスには関係ありません。あくまでその方の能力に応じた給与提示をすべきで、たとえば事情によっては学歴が優れていても能力が不足する人間を雇うことはありえる訳です。
新卒間で給与に差をつけることは能力差の合理性が無く(大学序列と能力は関係ありません)認められませんが、中途採用であれば、自由に設定すれば良いでしょう。もちろん欲しい人材であれば高く提示しないと逃げられますが、それほどでもない場合は無駄に高い設定は他の社員のやる気を削ぐことになりかねませんので、給与決定は戦略的に弾力性をもって進める必要があります。

  • 投稿日:2017/01/31 13:41
  • 相談者の評価:大変参考になった

ご回答をいただきましてありがとうございました。
理論が整理できましたので、しかるべき対応をしたいと思います。今後ともよろしくお願いいたします。

この回答は参考になった
参考になった:0名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

定番のQ&Aをチェック

26業務と自由化業務(一般派遣)の違いについて
いまいち26業務と自由化業務の区別がピンときませんので教えて頂きたく存じます。 両者とも派遣期間が3年ということは分かっているのですが、3年を超えた場合は26業務も自由化業務も両方とも派遣労働者へ「雇用契約の申込みをする義務」が発生するのでしょうか? また、自由化業務は絶対に正式雇用にしなければ...
規程と規則の違いについて
現在、規程類の見直しをおこなっているのですが、 規程類の中で就業規則だけが「規則」となっております。 なぜ就業「規程」と言わないのでしょうか。 定義に違いがあるのでしょうか。 会社ごとに決めることなのでしょうが、 多くの会社が就業「規則」としていると思います。 なにか意味があるのでしょうか。 ...
産休・育休取得者の翌年の有給休暇付与について
いつも的確な回答を頂き有難うございます。 産休・育休取得後、翌年の有給休暇付与についてお伺いさせていただきます。 これまで私の認識では、 ・育児休業だけでなく産前産後休暇を取得した期間についても出勤したものとみなす ・そのため産休・育休を取得しても翌年の有給休暇付与には影響しない、と考えておりまし...
新しい働き方を実現するソリューション特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

リクナビHRTech 管理者が成長するために必要なこと
相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

専門家回答ランキング

集計期間:09/01~09/22
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
小高 東 小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 
得意分野:経営戦略・経営管理、モチベーション・組織活性化、法改正対策・...
増沢 隆太 増沢 隆太
人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...

注目コンテンツ


新しい働き方を実現するソリューション特集

いま、『日本の人事部』が注目する『働き方改革』についての記事・セミナーやサービスをご紹介します。



定着率を高め、自発的に行動する新入社員を育成するソリューション特集

本特集では、自発的に行動し、早期に戦力となる新入社員を育成するための多彩なプログラムをご紹介。体験セミナーや資料請求のお申込みも可能です。万全の体制で春を迎えるために、ぜひご活用ください。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


2020新卒採用の“傾向”と“対策”

2020新卒採用の“傾向”と“対策”

大卒求人倍率は7年連続して上昇、300名未満の中小企業の求人倍率は9....


従業員フォローと組織改善の<br />
両方に“活用できる”<br />
ストレスチェックの条件

従業員フォローと組織改善の
両方に“活用できる”
ストレスチェックの条件

従業員50人以上の事業所で、年に一度の実施が義務化されたストレスチェッ...