企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A

相談数15075件   回答数32395

徹夜労働について

休前日から翌日(休日)にかけて徹夜労働をさせた場合の質問です。

①例えば翌日の朝9:00まで労働させた場合、夜中0:00から朝9:00までの間は、前日の労働時間とみなされると思うのですが、その時間分の時間単価は、休日労働の135%になるのでしょうか?それとも前の日からの労働時間として125%でよいのでしょうか?(この場合とりあえず深夜分の25%は無視しております)

②翌日(休日)の労働が、朝9:00で終わって、その日は家に帰って休んだとしても、休日は0:00から24:00を丸々休ませなければ、休日を与えたことにならないため、その日以外に他に1日休日を与えなければならないでしょうか?

以上ご回答宜しくお願い致します。

  • *****さん
  • 東京都
  • 情報処理・ソフトウェア
  • 回答数:4件
  • カテゴリ:人事管理
  • 投稿日:2005/11/14 09:04
  • ID:QA-0002695
プロフェッショナル・人事会員からの回答
4件中 1~4件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

プロフェッショナルより
  • 投稿日:2005/11/14 10:11
  • ID:QA-0002696

この回答者の情報は非公開になりました

徹夜労働について

おっしゃるとおりです。
平日から平日にかけての徹夜労働と違い、平日から休日にかけての徹夜労働は、午前0時をもって休日労働となります。したがって、休日労働の割増賃金の支払いが必要です。
また、休日労働したことになりますから、その日は「休日」を与えたことにはなりません。別途、休日をあたえなければなりません。
ただし、これらのことは法定休日の場合であって、法定を超える休日(法廷外休日)の場合は別です。
以上、ご参考まで。

プロフェッショナルより
  • 投稿日:2005/11/14 10:20
  • ID:QA-0002697

この回答者の情報は非公開になりました

徹夜労働について

①翌日の休日が法定休日という前提ですが、午前0時からの継続24時間の解放をもって休日とされますから、夜中0:00から朝9:00までの間は、前日の労働時間として前日の労働時間に通算されますが、あくまで休日労働としての評価です。したがって深夜労働に加えて休日労働の割増賃金を支払います。
②残業が翌日の休日に及んでも”その日以外に他に1日休日を与えなければならない”ということではありません。休日労働の割増賃金を支払えば別に休日を設けなくても問題ありません。もちろん他に1日休日を取れるのであれば、それに越したことはありません。

プロフェッショナルより
  • 投稿日:2005/11/14 10:26
  • ID:QA-0002699

坂井 求
社会保険労務士法人 坂井事務所 所長

徹夜労働について

①午前0時より休日労働となるため、135%となります。
②休日労働割増賃金を支払っているのであれば、休日を与える必要はありません。ただし、休日割増賃金を支給していさえすれば、休日付与の義務が免除されるというわけではありません。なお、24時間勤務後に継続した24時間使用者の拘束から解放されている場合は、これを休日とみなします。

  • 投稿日:2005/11/14 10:26
  • 相談者の評価:参考になった

 

この回答は参考になった
参考になった:0名
プロフェッショナルより
  • 投稿日:2005/11/16 10:32
  • ID:QA-0002726

この回答者の情報は非公開になりました

補足説明

マニュアルハウスの山田です。
過日の記述で誤解されそうな箇所がありましたので加筆させていただきます。

「また、休日労働したことになりますから、その日は「休日」を与えたことにはなりません。別途、休日をあたえなければなりません。」と述べましたが、平日の労働時間の延長としての割増賃金を支払っていたのであれば、当該日は休日を与えたことにはならず、別途4週4休日の原則に従い休日を与えなければならないということです。休日労働としての割増賃金を支払っている場合は、与える必要はない(与えてもよいが)、ということです。

他の先生方のご回答を拝見し、私の記述は誤解されそうでしたから補足させていただきました。
説明不足の点、お詫びいたします。

回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

定番のQ&Aをチェック

26業務と自由化業務(一般派遣)の違いについて
いまいち26業務と自由化業務の区別がピンときませんので教えて頂きたく存じます。 両者とも派遣期間が3年ということは分かっているのですが、3年を超えた場合は26業務も自由化業務も両方とも派遣労働者へ「雇用契約の申込みをする義務」が発生するのでしょうか? また、自由化業務は絶対に正式雇用にしなければ...
会社の緊急連絡網の作成について
総務では現在、従業員の連絡先(自宅、又は自宅+携帯電話)を把握している状態です。 他は、各従業員の意思により個人、又は上長に連絡先を教えあっている状態で、 会社としての連絡網は作成していません。 新任の部門中の発案で、会社としての緊急連絡網を作成して配布するよう指示がきたのですが、 総務で把握して...
通勤交通費の支給に関する規定、ルール
お世話になっております。 現在通勤交通費は、社内申請書の自己申告記載のみで支払っております。(6ヵ月毎)。 規程には「交通費の実費を支給する」とあるのみで、遠回りの経路を 申請している社員にも申請書に記載している遠回りの経路の金額を 支払っているのが現状です。口頭注意しても是正されず。 通勤交通...
勤怠管理システムを選ぶ6つのポイントとは?

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

残業削減、隠れ残業にはタイムクリエイター 電車が遅延?間に合わない時はWeb会議で
相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

プロフェッショナル回答ランキング

集計期間:01/01~01/25
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
増沢 隆太 増沢 隆太
人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...
川勝 民雄 川勝 民雄
代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理

注目コンテンツ


「勤怠管理」に役立つソリューション特集

勤怠管理システムを選ぶときのポイント、おすすめのサービスを紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


「ワーク・ライフ・バランス」実現に向けて<br />
~企業は何に取り組むべきなのか?

「ワーク・ライフ・バランス」実現に向けて
~企業は何に取り組むべきなのか?

近年、長時間労働の是正や育児支援制度の導入など、企業の「ワーク・ライフ...


イノベーションを生み出せるのは“現場”<br />
ICTによるスピーディーな個の連携が“最上のバーチャルチーム”を作り出す

イノベーションを生み出せるのは“現場”
ICTによるスピーディーな個の連携が“最上のバーチャルチーム”を作り出す

変化の激しい現在、企業には、市場の変化にスピーディーに対応したビジネス...