無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

既に会員の方は
こちらからログイン

ログイン

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

会員登録済み


選択したSNSアカウントは既に会員登録済みです。

人材派遣会社における労災保険料率について

すでに質問されている方がいた場合申し訳ありません。

当社人材派遣会社となります。

派遣先は複数ありまして、物流倉庫内での作業スタッフ派遣が主となります。

ただし、ドライバーの派遣や事務員などの派遣も一部行っております。

その上で、労災保険料率の算出について質問です。

今回派遣先の業種により料率が変わるというのを見まして、
例として、物流倉庫内作業が8割、ドライバーが1.5割、事務が0.5割の割合で派遣しているとして、労災保険の計算方法を教えていただけますでしょうか。

宜しくお願い致します。

投稿日:2022/06/15 20:07 ID:QA-0116249

ロッキー♪さん
東京都/HRビジネス

プロフェッショナル・人事会員からの回答

全回答4
投稿日時順 評価順

プロフェッショナルからの回答

服部 康一
服部 康一
服部賃金労務サポートオフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、派遣先での業務が複数の業種に及ぶ場合に関しましては、原則としまして実態において主たる業種の労災保険料率が適用される扱いになります。

従いまして、御社の場合ですと、物流倉庫内作業に関わる労災保険料率で計算される事になります。

投稿日:2022/06/16 09:36 ID:QA-0116264

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

小高 東
小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 

ご質問の件

主たる業種となりますので、物流倉庫内作業の料率としてください。

ただし、
念のため、派遣先がどの業種になっているか確認しておいた方がよろしいでしょう。

投稿日:2022/06/16 09:36 ID:QA-0116265

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

増沢 隆太
増沢 隆太
株式会社RMロンドンパートナーズ 人事・経営コンサルタント

対応

派遣先が業務多岐に及ぶ場合、派遣先の作業内容が複数あるときは「主たる作業実態」、すなわち各作業に従事する派遣労働者数、賃金総額等を総合して判断されます。
貴社の場合は物流倉庫業務が主たる事業(作業内容)が事業全体に適用されると考えられます。

投稿日:2022/06/16 11:11 ID:QA-0116276

回答が参考になった 0

人事会員からの回答

角五楼さん
神奈川県/保安・警備・清掃

派遣事業を営む事業所が、派遣事業だけですとすでに回答にあるとおりです。ただ貴社当該事業所が、派遣業以外を主とした事業がある場合は、その保険料率となります。

投稿日:2022/06/16 11:41 ID:QA-0116280

回答が参考になった 0

回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。
新たに相談する

「人事のQ&A」で相談するには、
『日本の人事部』会員への登録が必要です。