無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

既に会員の方は
こちらからログイン

ログイン

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

会員登録済み


選択したSNSアカウントは既に会員登録済みです。

出張旅費と労災の対象範囲

お世話になります。
社員の出張旅費と労災の対象範囲についてご質問です。
今回、社員が下記にのような日程で出張します。

木曜:出張
金曜:有給
土曜:休日
日曜:休日、帰宅

※出張の往路は社用車なので交通費支給はなし
※金~日は私用旅行とのこと

旅費規定はありませんが(今後作成予定)、今までも出張後に私用旅行をする場合は、その期間は出張(業務)として認めておらず復路の交通費支給はしてないので今回も支給しない予定です。

ここで質問です。
もし仮に復路の交通費を支給した場合、金~日も出張期間とみなされ、
その間に傷病した場合は労災の対象になる可能性はありますでしょうか。

投稿日:2021/10/21 15:07 ID:QA-0108928

mk1102さん
新潟県/半導体・電子・電気部品

この相談に関連するQ&A

プロフェッショナル・人事会員からの回答

全回答3
投稿日時順 評価順

プロフェッショナルからの回答

小高 東
小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 

ご質問の件

金~日は私用旅行であり、業務から逸脱してますので、

復路の交通費支給とは関係なく、労災対象とはなりません。

投稿日:2021/10/21 17:56 ID:QA-0108951

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

増沢 隆太
増沢 隆太
RMロンドンパートナーズ 人事・経営コンサルタント

業務

業務遂行性の有無が重要ですので、通常は往復旅費支給、私用観光などは業務外であり、会社が認めない観光中のケガなどは労災対象とならないでしょう。念を入れて、私的観光は業務外であることを都度警告しておいても良いと思います。

投稿日:2021/10/21 22:34 ID:QA-0108962

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

服部 康一
服部 康一
服部賃金労務サポートオフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、労災認定に関しましては、実際に業務に従事しているか、(通勤災害の場合)通勤しているかといった行為の実態によって判断されるものになります。

つまり、費用の支給有無等については原則考慮されませんので、仮に復路の交通費を支給されたとしましても、初日で出張業務自体が完結しているという事であれば、労災保険の適用はなされないものといえます。

投稿日:2021/10/21 22:55 ID:QA-0108966

回答が参考になった 0

回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。
新たに相談する

「人事のQ&A」で相談するには、
『日本の人事部』会員への登録が必要です。

関連する書式・テンプレート
出張規定

従業員の出張について、可否の判断、交通手段、旅費のルールを定めた規定例です。自社に合わせて編集してください。

ダウンロード
出張届

従業員が出張を希望する時、その可否を判断し、交通手段・宿泊先などを把握するための届出です。

ダウンロード
関連する資料

この相談に関連する記事

あわせて読みたいキーワード