無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

既に会員の方は
こちらからログイン

ログイン

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

会員登録済み


選択したSNSアカウントは既に会員登録済みです。

人は本来、たくさんの可能性を持っているもの――
若い人たちが自分の才能や価値観を大切にし、
「仕事を謳歌」していくために必要なこと

株式会社ジェック 代表取締役社長

葛西 浩平さん

小さな成功にスポットライトを当てるマネジメントを実践し、「美点凝視」し合える組織へ

とは言え現実には、企業や組織はもとより、個人もなかなか変えることができずに苦しんでいる現場担当者が大勢いるように思います。

そうですね。行動理論の改革と集団性格の革新を実践する上で、特に苦労するのは「美点凝視」です。人の良いところを凝視し、言い続けるということですが、これが対人関係における重要なキーワードになるのです。素質としてもともと美点凝視ができている人は良いのですが、失敗経験が多い人の場合は、他人の欠点ばかりが目につくようになってしまうこともある。人を味方ではなく、敵だと認識してしまうことが増えていきます。

株式会社ジェック 代表取締役社長 葛西 浩平さん

なぜそうなってしまうのか。私は、企業に入る前の教育にも原因があると思っています。マルかバツかの二極思考で、「100点でなければダメだ」という考え方のもとで育つと、いつの間にか自分に対しての欠点凝視をやってしまうんです。最近の学校教育は、個性を大切にしたり、考える力を伸ばそうとしたりと、随分変わってきています。家庭教育も、ほめて伸ばすという認識が当たり前になってきました。しかし、システムは変わっても、100点主義で育ってきた我々親世代・教師世代が、ついつい子供にそれを押し付けてしまう、ということなのではないかと思います。「私はこれができない」「私には無理」と子供が自分の可能性にフタをしてしまう。本当はそこから変えなければいけません。学校の勉強以外にも、感性や美的感覚など大切にすべき能力がもっとたくさんあります。

最近では「多様性のある組織」の重要性が叫ばれますが、そうした時代にはまさに、美点凝視し合う個人の集まりでなければ対応できないような気がします。

おっしゃる通りです。しかし企業の場合はまず「早く業績を上げなければ」という思考が先に立ってしまいがちです。そうではなく、早い段階で人の可能性に着目し、挑戦させてあげなければいけない。また、挑戦の結果に失敗があっても、マネジメントがそれを叩いてはいけません。「だから失敗するって言ったんだ」「やっても無駄だと言ったのに」などと指摘したり、「余計なことをするな」なんて言ったりすると、もうアウトです。そうではなく、小さな成功にスポットライトを当て、ほめて自信づけを図り、成功の発生確率をさらに高めていくことが必要なんです。本人はもちろん、マネジメントもそうできるように努力しなければいけない。

また、「学び方の多様性」もこれからは重要になっていくと考えています。年齢や性別、国籍といった属性がバラバラの人たちが集まる時代には、学び方にも多様性が求められます。仕事に直接リンクするかどうかにかかわらず、従業員が自分の人生を充実させるための興味・関心の対象を広く持って、自発的・自律的に学べる環境をつくっていくべきです。

学ぶことが楽しいと思った人は、貪欲にさまざまなことを学び始めます。自分の仕事や趣味以外の分野にも興味がわいてくるのです。そのようなときに、いつでも学ぶことができる環境を整えておく必要があります。そして、こうしてたくさんの学びを得て、自分の中に多様性を持っている人は、言ってみればたくさんのアイデアの引き出しを蓄えている状態なわけですから、今までにない状況に直面したときに、「前例・決まりごと」の枠からはみ出した解決策を生み出すことができます。これこそが、イノベーションを起こせる人であり、そういう人が増えると、良い組織が生まれるのです。

これからはどのようなことに注力していきたいとお考えですか。

お役立ちやY理論の考え方は、すでに多くの企業の理念や社是に書かれています。創業者は、利益を上げることはもちろんですが、「お客さまを大切にしよう」「役に立つ会社であり続けよう」ということを考えていたはず。そもそも「役に立つから買ってもらえる」というのがビジネスの原理原則なので、多くの企業がこれを理念や社是として表すのは当然のことであるとも言えます。

ジェックではこうした「すでに掲げられている精神」にもスポットライトを当て、磨き上げる活動を続けていきたいと思っています。これが、ビジネスを通じて世の中を良くすることにつながっていくはずです。こうした理念の実践を支援していくために必要なのが、個人の強みを引き出していくことです。人事部門の方々にとっても重要なテーマだと思うので、ぜひ一緒に取り組んでいきたいですね。

もうひとつ、私は多くの企業が、「価値創造」や、ドラッカーが言う「顧客の創造」というビジネスの本来の姿に立ち返る必要性に迫られていると感じています。ビジネスは新たな価値を作って世の中を良くしていくためにある。そのための人材を育て、大切にすることに意味があります。

しかし経営者はともすれば、「何のために事業をやっているか」を見失いがちです。私はこの年になって、この立場になって、これから日本を支えていく若い人たちに対しての思いを新たにしました。若い人たちが自分の才能や価値観を大切にして、仕事を謳歌できるような場所を作らなければいけないし、そのために事業を発展させていかなければならない。金をもうけるためだけに事業をしているわけではないんです。でも実際の経営は、ついつい道を見失ってしまいがちになります。自社の事業は本来、どうあるべきか。何を残したいのか。経営者はそれをしっかりメタ認知しなければいけませんね。

それはコンサルティング業界や研修事業を展開する多くの企業も同様に認識しておかなければいけないことかもしれません。

そうですね。日本社会が右肩上がりの時代には、単純に社員のモチベーションを上げていくだけでも業績が伸びていきました。しかし今は、本当に良いサービスを生み出し続けなければ企業は存続できません。そんな時代に、単なるテクニック論を教えるだけでお茶を濁しているようでは、組織コンサルティング業の意味がありません。だからこそ、この業界にはまだまだやりがいを感じますね。

最後に、人材サービス業界に携わる若い方々へ向けてもぜひ、メッセージをお願いします。

人間の能力には、いわゆる頭脳(勉強)以外にも、感性や体力などさまざまな要素があります。「テストで良い点を取れなければダメなんだ」と考えていたころの思考のまま自己否定してしまう枠組みは、一度忘れてしまいましょう。

そうしてふと自分を客観視してみてほしいのです。「自分にはこれができる」「自分にはあれができない」と決めつける必要はありません。人は本来、たくさんの可能性を持っているものです。自分自身がそれに気づくことはもちろん、ほかの多くの個人や組織にもその発見を共有できるよう、意欲的な人事企画やサービス作りに挑戦していただきたいと思います。ぜひ、一緒に人材サービス業界を盛り上げ、世界中の働く人々が仕事を謳歌し、価値創造が当たり前に行われている状況を創りましょう。

株式会社ジェック 代表取締役社長 葛西 浩平さん

(2018年4月13日 東京・豊島区のジェック本社にて)

社名株式会社ジェック
本社所在地東京都豊島区東池袋3丁目1-1 サンシャイン60ビル20階
事業内容需要創造型実践理念経営への変革支援 
・コンサルティング
・研修・トレーニング
・診断
・コンテンツ(出版・ツール)
設立1966年9月

企画・編集:『日本の人事部』編集部

Webサイト『日本の人事部』の「インタビューコラム」「HRペディア「人事辞典」」「調査レポート」などの記事の企画・編集を手がけるほか、「HRカンファレンス」「HRアカデミー」「HRコンソーシアム」などの講演の企画を担当し、HRのオピニオンリーダーとのネットワークを構築している。

HRソリューション業界TOPインタビュー

HRソリューション業界TOPインタビュー

? このジャンルの新コンテンツ掲載時に通知します このジャンルの新コンテンツ掲載時に通知します
フォロー

無料会員登録

フォローすると、対象ジャンルの新着記事が掲載された際に通知します。
利用には『日本の人事部』への会員登録が必要です。

メールアドレスのみの登録で、15秒で完了します。

日本を代表するHRソリューション業界の経営者に、企業理念、現在の取り組みや業界で働く後輩へのメッセージについてインタビューしました。

この記事を既読にする

無料会員登録

「既読機能」のご利用には『日本の人事部』会員への登録が必要です。
メールアドレスのみの登録で、15秒で完了します。

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

会員登録はこちら

既に日本の人事部会員の方は、ここからログイン

この記事をおススメ

あなたのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。
※コメント入力は任意です。

おススメ
コメント
(任意)
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

コメントを書く

あなたのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。

コメント
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

問題を報告

ご報告ありがとうございます。
『日本の人事部』事務局にて内容を確認させていただきます。

報告内容
問題点

【ご注意】
・このご報告に、事務局から個別にご返信することはありません。
・ご報告いただいた内容が、弊社以外の第三者に伝わることはありません。
・ご報告をいただいても、対応を行わない場合もございます。

HRソリューション業界TOPインタビューのバックナンバー

関連する記事