企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

HR業界TOPインタビュー「人・組織」ビジネスを牽引する希代の経営者

人は本来、たくさんの可能性を持っているもの――若い人たちが自分の才能や価値観を大切にし、「仕事を謳歌」していくために必要なこと

株式会社ジェック 代表取締役社長

葛西 浩平さん

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

バブル崩壊、営業所閉鎖の危機の中で生まれた「CPM経営」の原点

そうした気づきは、自社の組織マネジメントにも生かされていったのでしょうか。

個人として大阪でトップセールスになり、入社3年目の終わりには、名古屋に新たに開設する営業所の責任者となりました。自分だけでなく、今度はメンバーのお役立ち意識を引き出していくことも求められるようになったわけですね。しかし、赴任2年目にバブルが崩壊しました。商圏が大きい東京や大阪はすぐには影響を受けませんでしたが、名古屋では企業の財布のひもが一気に締められていき、ライバルとの関係も変化しました。

それまではライバルともすみ分けがありました。管理職対象の研修は某競合大手、営業職対象のものはジェックという形で、自然と色分けをすることで、最初からバッティングしないようにしていたんですね。しかしバブル崩壊後は、競合の名古屋拠点とことごとくバッティングするようになりました。彼らが営業職向けの研修にも進出してきたからです。しかも組織ぐるみで、総合力による営業を展開するようになりました。

市場が冷え込んでいる中で競合が戦略を変え、5人ほどいたジェックの営業は「商談へ行けども行けども新規が上がらない」という状態になっていました。本社の役員会では「名古屋営業所を閉めるべきではないか」という議論もされていると伝わってきました。

株式会社ジェック 代表取締役社長 葛西 浩平さん

非常に難しい局面で、営業所の舵取りを任されてしまった、と。

はい。もちろん、このままライバルに負け続けるわけにはいきません。そのときに考えついたのが「情報活用型組織」です。ヒントをくれたのはあのピーター・ドラッカーでした。その5年ほど前に、ジェックの20周年を記念して開催したイベントにドラッカーを招へいしたのですが、その際に彼が語ったのが情報活用型組織の可能性だったんです。

営業がお客さまのもとで聞いてきた情報を私のもとへ集め、お客さまの業界に関することや、場合によってはお客さまのお客さまに関することまで集約する。そうすると、さまざまなギャップや課題が見えてきます。それを解消するための提案を組織ぐるみで考えました。私がホストコンピューターとなって、メンバーが集めてきた情報を分析していたということですね。

しかし、私一人でできることには限界があります。1ヵ月経つころには、ホストコンピューターがパンク寸前になってしまいました。「これは一人では無理だ」と悟り、私だけでなく、メンバーそれぞれが考えられるようインストールしていきました。目的は「お客さまが、その先のお客さまに選ばれ続けるようコンサルティングする」こと。今ではこれに基づいた「CPM(コンサルティング・パートナーシップ・マーケティング)経営」という考え方でジェック全体だけでなく、お客さまへも展開しています。その後は、全国的に業績が低迷する中で、名古屋営業所だけは前年比130パーセントの結果を出すことができました。

現在のCPM経営の根幹は、名古屋営業所時代の苦労があったからこそ磨き上げられたものなのですね。

そうです。さらに根本には、先ほどお話しした営業時代に「お役立ち」を常に意識していたことがあると思います。お客さまの現場でどんなことを実現できれば「お役立ち」につながるのか。それを「コンセプト」として、短い言葉でお客さまと共有することを大切にするようにしていました。

例えば「マーケットイン」という言葉がありますね。当時はプロダクトアウトからマーケットインへの転換が叫ばれていた時代でした。そのため「現場におけるマーケットインの行動化」というコンセプトでお客さまと合意を取り、行動するためのプログラムを提案していったんです。コンセプトでセールスをするという手法の原点です。これをベースにしつつ、名古屋営業所の情報活用型組織の手法をかけ合わせ、最終的にまとめたものがCPM経営の理論となりました。

ジェックが、かつてのハードな風土から、CPM経営の理論と実践を中心とした組織へと変わっていった背景がよくわかりました。

とは言え社内には、新しい手法に対しての反発や抵抗もありました。理解者はほんのひと握りでしたよ。理解してくれる人はいったいどこにいるんだろう、と感じたこともありました。いくら正しいロジックがあって、実際にお客さまの役に立てる手法だったとしても、組織は簡単に変えられません。過去のやり方も、それはそれで業績を上げてきた歴史があるわけですからね。私は社内に向けても「社員一人ひとりのお役立ち意識を引き出したい」という思いを持ち続け、それは役員に就任してからもぶれませんでした。一人ひとりへ地道に働きかけ、少しずつでもいいから成功体験を持ってもらう。険しい道のりでしたね。

2009年には代表取締役社長に就任されました。

社長に就任したときには、CPMという、戦略であり理念でもある考え方を完成させたいと考えました。最終的には理念を実践する組織を形にしたかった。ジェックでは昔から「お役立ち」を大切にするとともに、「生来は、人は働くことが好きであり、環境と条件を整えれば好んで働いてくれるものなのだ」という考え方を受け継いできています。これはアメリカの経営学者ダグラス・マグレガーが唱えた「Y理論」に基づくものです。ジェックが実践してきたY理論は、日本の経営者で言えば松下幸之助さんや本田宗一郎さんが実践してきたものですね。そもそもジェックの創業者がやりたかったこともY理論の方向性でした。この方向性を明確にするとともに、ジェックがずっと言ってきたお役立ちも、部分的にではなく本当に実践していくための「お役立ち道」として中心軸に据えました。また「外発的な動機付け」が中心だったマネジメントも「内発的な動機付け」を中心にし、各々の中にある「お役立ちの意識」を引き出すことを意識しました。それと同時に、悪い部分を改めるのと良い部分を伸ばすマネジメントの比率を変え、良い部分を伸ばす方向に重点を置くようにしました。

「お役立ち道を世界に広める」というビジョンを、社長就任後に明確にしたということですね。企業理念としては「行動理論の改革と集団性格の革新で企業の発展を図る」と掲げられています。こちらについても詳しく教えていただけますか。

実はこれも、ジェックが長年大切にしてきたことなんです。行動理論の改革とはどういうことか。人は誰しも、自分自身のものの見方や考え方で、行動を選択し、その積み重ねが人生をつくっていますが、それは体験によってつくられたものがほとんどです。「仕事は自分の強みを生かせる面白いものだ」と考えている人もいれば、「適当にやり過ごしたほうが勝ちだ」と考えている人もいる。知らず知らずのうちに固定化されているこうした考え方で、自分の人生は形づくられているんです。いつも「渡る世間は鬼ばかり」だと考えて人を見ていると、本当に悪い人が寄ってくるんですよ。

でも、本当はそうではない。人はそれぞれ悪いところもあるけど、良いところもあって、誰しも善意を持っている。そう考えて生きていけば、自然とほかの人の共感を得られるようにもなっていきます。だから人生を良くしたければ、まずは自分のものの見方や考え方を良くすればいい。そうすれば、本来自分が持っている強みや、人とのコミュニケーションなど、いろいろな面で好転するようになっていきます。うまくいかないときにも、ものの見方や考え方を自分で修正できるようになる。仕事を通じて、自己実現の可能性を広げていけるんです。このように「行動理論を自分で変えられる」人材を育てていくことが大切だと思っています。

かつては知識教育やモチベーション教育が重視されていました。でも、ものの見方がずれたまま「やる気」を出すと大変なことになります。ニュートラルに自分の良さを認識して、ものの見方や考え方を育てる。それによって周りが共感してくれるようになり、関係性も好転していく。そうして味方が増えれば、さらに自分の良さを生かしやすくなっていきます。こうした個人が増えれば、集団性格も向上して「みんな良いものを持っているのだから生かし合おう」という組織になるはずです。新たな知恵をみんなで共有し、価値を創造し続けられる組織になる。これが集団性格の革新です。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

HR業界TOPインタビューのバックナンバー

武谷 啓さん(エイチアールワン株式会社 代表取締役社長):
銀行や中央省庁での仕事経験を糧に
人事BPOサービスで日本企業の生産性向上に貢献する
企業向けにシェアードサービスセンター一括サービスや人事給与業務のフルアウトソーシングサービスを提供するエイチアールワン株式会社。日本の人事BPO(ビジネス・プロ...
2019/02/22掲載
落合 文四郎さん(アルー株式会社 代表取締役社長):
育成の成果にこだわり、研修効果を“見える化”
人のあらゆる可能性を切り拓く、新時代に求められる教育のカタチ
労働人口の減少が著しい日本が国際競争を生きぬくためには「生産性の向上」が必要不可欠。その課題意識から「人材育成の成果にこだわる」をコンセプトに、新時代の教育・研...
2019/01/23掲載
新居 佳英さん(株式会社アトラエ 代表取締役CEO):
「世界中の人々を魅了する会社を創る」を掲げ
日本全体の「人材の流動化」と「組織変革の支援」を担う
「役職の撤廃」「日本初となる全従業員に対する特定譲渡制限付株式の付与」「勤務時間や働く場所を管理しない、自由度の高い働き方」――。従来の会社組織の枠にはまらない...
2018/11/28掲載

関連する記事

企業が研修を最も強化したいと考えている層は「ミドルマネジャー」と「新任マネジャー」。最も強化したいテーマは「リーダーシップ」
企業の育成担当者に、今後どの層を対象にした研修を強化するのかを聞いたところ、最も多かったのは「ミドルマネジャー」(63.7%)。次いで、「新任マネジャー」(55...
2018/07/19掲載人事白書 調査レポート
西田 忠康さん(サイコム・ブレインズ株式会社 代表取締役):
「グローバル・ストラテジー・アクセラレーター」――企業の戦略実行を加速させる、人材・組織開発のプロフェッショナル
「グローバル・ストラテジー・アクセラレーター」というコンセプトのもと、豊富なリソースとノウハウを生かしてグローバル企業の戦略を加速させる支援を行っているのが、サ...
2018/03/29掲載HR業界TOPインタビュー
小串 記代さん(株式会社富士ゼロックス総合教育研究所 代表取締役社長):
「営業革新」「リーダー革新」の二つの軸で社会に貢献
変化の激しい時代に必要な「野心」と「挑戦」
富士ゼロックス総合教育研究所は、複写機やプリンターの代表的メーカーである富士ゼロックスの関連会社で、富士ゼロックスに新規事業として発足した教育事業部門が独立し、...
2018/02/23掲載HR業界TOPインタビュー
人材育成・能力開発制度の実際
人材育成・能力開発の目的・方向性・進め方について、プログラムの考え方と実施のポイントについて解説する。
2017/06/30掲載よくわかる講座
聖路加国際病院:自分と真摯に向き合う姿勢が成長の原動力
“いのちの現場”を支える教育プログラムとは
奉仕、貢献、尽力――“SERVICE”という言葉の本来の意味からすれば、サービス業の真髄は、医療や看護の現場にこそ見出せるものかもしれません。近年、医療機関は、...
2010/09/27掲載となりの人事部
新年度に向けた情報収集に!注目のダウンロード特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

高尾の森わくわくビレッジ みらいプランナー画像

記事アクセスランキング

注目コンテンツ


新年度に向けた情報収集に!注目のダウンロード特集

今『日本の人事部』が注目するサービス・調査データ・事例など、業務で役立つ資料をご紹介します。
貴社の課題解決のヒントに、ご活用ください!


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


エンゲージメントサーベイの選択眼を養う<br />
~押さえたい設計の基礎と判断軸~

エンゲージメントサーベイの選択眼を養う
~押さえたい設計の基礎と判断軸~

従業員に長く活躍してもらうために、いかに組織の土台を作り上げていけばい...