無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

既に会員の方は
こちらからログイン

ログイン

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

「グローバル・ストラテジー・アクセラレーター」
――企業の戦略実行を加速させる、人材・組織開発のプロフェッショナル

サイコム・ブレインズ株式会社 代表取締役 

西田 忠康さん

プロフェッショナルとしてユニークな価値を提供してほしい

現在の日本企業の人・組織の課題をどのように捉えていますか。

変化のスピードはとても速くなっていますが、それに対して前向きな会社が多いと思います。それは大変良いことですが、日本においては会社と個人の関係がもう少しフラットでもいいのではないでしょうか。私は、会社に対して過剰適応している人がまだ多い気がしているのです。それでは会社の既存の枠組みの中でしか考えないし、会社の評価基準にとらわれてしまうことになります。個人が自分のゴールやスタイルを意識してもっと語るようになれば、新たな可能性が開けると思います。

ただ、最近の「ライフシフト」や「パラレルキャリア」などはいい動きですね。日本では、「キャリア開発」というと、社内でどういうキャリアを目指すかという話になり、その枠を取り払おうとすると異端児扱いされがちです。果たしてそれでいいのでしょうか。自分の会社に過剰適応すると、本人の市場価値は上がらずむしろ下がってしまう。そうなると企業も先進的なことができなくなってしまうのです。イノベーションを重視するのであれば、もっと会社の縛りを緩めるべきだと思います。当社もイノベーション人材の育成を手掛けているので、最近の社会の変化には大いに関心を寄せています。

西田 忠康さん(サイコム・ブレインズ株式会社 代表取締役)

現在の人材サービス、特に教育研修業界についてどのようにお感じになっていますか。

BtoBの業界にはバイヤーとベンダーが存在しますが、私はその間を行ったり来たりする人がもっと増えてもいいのではと思っています。例えば、教育研修会社の人が、メーカーの人事のポジションに転職して人材育成を担当する、などそうした動きは、業種・業界の成熟化にもつながります。その組織にいなければわからないことが数多くあるからです。

例えば、「ミレニアル世代」とは、1980年代から2000年代初頭に生まれた、新しい価値観を持つ世代を意味しています。この世代の人たちがどういうライフスタイルなのかを最も理解している人は、シニアのマーケティングコンサルタントではありません。彼ら・彼女らに自社の商品やサービスを売っている、あるいは社員として日々接している顧客企業の人たちです。

人材が流動化すると、業界の中で知見がより高まっていくと思います。アメリカのATD (The Association for Talent Development)の年次大会に行くと、企業の人もコンサルタントも一緒になって、人材開発の新しいトレンドやプラクティスを議論しています。残念ながら日本ではこういう場はまだまだ少なく、ベンダーによるプロモーションが多い。

サイコム・ブレインズの今後の展望をお聞かせください。

当社は、パフォーマンスを高めるための施策をグローバルに展開するときに選んでいただく会社になりたいと考えています。特にアジアではその人材ネットワークと経験においてナンバー・ワンになろうとしています。重点テーマは時代の変化に合わせて柔軟に変えていくことも考えています。

西田社長は、「学び方改革」や「ビジョン・戦略の世界展開支援」以外にも「ダイバーシティ&インクルージョン」の重要性も主張されています。具体的には、どのような見解をお持ちですか。

「ダイバーシティ&インクルージョン」は、持続的な成長のためにとても大切なテーマです。私たちも積極的に啓蒙・発信しています。そもそもの問題は、性別や人種といったバックグラウンドで人を分類しラベルを付けようとすることです。それがコミュニケーションや問題解決を阻害します。組織の構成員をそれぞれ個として対応する仕組みを作っていくことが大事だと思います。

最後に、現在人材サービス業界に携わっている皆さん、特に若い方々に向けてメッセージをお願いします。

「プロフェッショナルであれ」と伝えたいですね。プロフェッショナルとは、顧客に提供できるユニークな価値を持っている、ということです。人材サービス業界にはプロフェッショナルとしてのいくつかの軸があります。それは商品開発やマーケティング、ソリューションやアカウントマネジメント、オペレーションやエグゼキューション、講師・ファシリテーター・コーチなどです。どれでもいいので、その軸を高めていくと良いのではないでしょうか。そういう点ではキャリアとしての選択肢が多い業界です。私自身、この業界でプロフェッショナルを極めたい人を応援していこうと思っています。

西田 忠康さん(サイコム・ブレインズ株式会社 代表取締役)

(2018年1月29日 東京・千代田区のサイコム・ブレインズ本社にて)

社名サイコム・ブレインズ株式会社
本社所在地東京都千代田区外神田1-18-13 秋葉原ダイビル7F
事業内容国内外における研修の企画・運営・実施、公開講座、アセスメント、
新興国体験、オンライン教育事業、映像メディア制作事業、電子商取引事業
設立1996年

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

会員登録はこちら

既に日本の人事部会員の方は、ここからログイン

この記事をおススメ

(情報未登録)さんのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。
※コメント入力は任意です。

おススメ
コメント
(任意)
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

コメントを書く

(情報未登録)さんのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。

コメント
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

問題を報告

ご報告ありがとうございます。
『日本の人事部』事務局にて内容を確認させていただきます。

報告内容
問題点

【ご注意】
・このご報告に、事務局から個別にご返信することはありません。
・ご報告いただいた内容が、弊社以外の第三者に伝わることはありません。
・ご報告をいただいても、対応を行わない場合もございます。

HRソリューション業界TOPインタビューのバックナンバー

関連する記事

【用語解説 人事辞典】
リスキリング
互聴
リフレーミング
スモールステップ
OODAループ
マンダラート
正常性バイアス
ブリッジ人材
レディネス
ホーソン効果