企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

となりの人事部
第79回 武田薬品工業株式会社

人事はビジネスに貢献する戦略的パートナー
タケダのHR改革に学ぶグローバルマインドセットとは(後編)

武田薬品工業株式会社 グローバルHR グローバルHRBP コーポレートヘッド 藤間 美樹さん
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
武田薬品工業株式会社 グローバルHR グローバルHRBP コーポレートヘッド 藤間 美樹さん
武田薬品工業では現在、社内取締役の4割、経営会議メンバーの7割に外国人を登用しています。彼らが経営トップや各部門のヘッドに就き、組織のマジョリティーを占めるようになったことで、同社の人事改革も一気に加速しました(前編参照)。同社グローバルHR・グローバルHRBPグローバルヘッド、藤間美樹さんへのインタビューの後編では、タケダのグローバル人事の根幹をなす人材観や人事視点、とりわけ「経営に資する戦略人事のあり方」について、藤間さんご自身の志や思いも交えながらうかがいました。
プロフィール
武田薬品工業株式会社 グローバルHR グローバルHRBP コーポレートヘッド 藤間 美樹さん プロフィール写真
藤間 美樹さん
武田薬品工業株式会社
グローバルHR グローバルHRBP コーポレートヘッド
ふじま・みき●1961年大阪生まれ。神戸大学農学部卒業。1985年藤沢薬品工業(現アステラス製薬)に入社、営業、労働組合、人事、事業企画を経験。人事部では米国駐在を含め主に海外人事を担当。2005年にバイエルメディカルに人事総務部長として入社、2007年に武田薬品工業に入社。海外人事を中心にCMC HRビジネスパートナー部長などを歴任し、現在は本社部門の戦略的人事ビジネスパートナーをグローバルに統括するグローバルHRBPコーポレートヘッドの任務に従事。M&Aは米国と欧州の海外案件を中心に10件以上経験し、米国駐在は3回、計6年となる。武田薬品工業のグローバル化の流れを日米欧の3大拠点で経験し、グローバルに通用する人材像とその育成を探求。人と組織の活性化研究会「APO研」メンバー。

グローバル人材に必須の資質はダイバーシティ&インクルージョン

―― ドラスティックな人と組織のグローバル化に対し、日本人スタッフからはどのような反響がありましたか。貴社は日本屈指の老舗企業であり、現場にはまだ伝統的な文化も残っていると思うのですが。

二極化していますね。日本の企業にいながらグローバルなビジネスを、しかも本社として経験できるわけですから、日本人の若い社員にとって大きいのではないでしょうか。むしろ歓迎している向きが多いと思いますよ。逆にベテランや、いまさら英語はしんどいなという人には、ちょっと厳しいかもしれません。英語が要らないポジションはもうかなり限られてきていますから。英語ができる、できない以前に、マインドセットの部分で切り替えられず、批判ばかりしている人も当初はいましたが、だんだんと少数派になってきましたね。これだけ一気に改革が加速して、組織全体にドラスティックな変化が起こると、いわゆる抵抗勢力にもなりえないわけです。

たとえばHRでいうと、外国人のヘッドに対して、日本の伝統的な人事のやり方はこうだと納得させられるなら話は別ですが、それは後戻りの議論をしているだけで何の説得力もありません。そもそも人事は何のためにあるのかといえば、経営をサポートして、ビジネスに貢献するためです。そのビジネスの“矢印”が明らかにグローバルへと向かっているのに、いまさら「昔の人事のやり方はよかった」なんて言っていて、どうするのか。会社が進むべき事業の方向を定めたのなら、人事もその方向で進んでいかなければならない。退路も、別の選択肢もないのです。

―― では、人事のグローバル化について、あらためてうかがいます。藤間さんがお考えになるグローバル人材像とはどのようなものですか。

これは個人的見解ですが、グローバル人材とは「世界中のいかなる国・地域の人々と、世界中のいかなる国・地域においても、安定的に成果を出し続けることのできる人材」のことです。グローバル基準の人事についても同様で、「世界中のいかなる国・地域の人々に対し、世界中のいかなる国・地域においても安定的に成果を出し続けることのできる人事」と定義づけることができます。「安定的に」というのがポイントで、アメリカでならできるとか、アジアの人々とならできるとか、あの時はとか、そういうレベルではグローバルと言えません。場所も相手も選ばず、常に成果を出す――それができて初めてグローバル人材であり、グローバル基準の人事であると言えるのではないでしょうか。

―― そのために必要な資質とは何でしょうか。

ダイバーシティに尽きますね。国籍がどうとか、性別がどうとかではなくて、大切なのは「考え方のダイバーシティ」です。これは海外だけでなく、日本国内や日本人同士でも言えることでしょう。というのも、タケダに入って最初に驚いたことなのですが、私の仕事の仕方について「藤間さん、それは間違っていますよ」と言われたんです。しかし私は、藤沢薬品(現・アステラス製薬)でも、バイエルでも、ずっとそのやり方を続けてきました。それは、タケダ流の考え方ややり方と違うだけで、けっして間違っているわけじゃない。“違い”と“間違い”とでは、一字増えただけで大違いです。外からきた私の目から見ると、以前のタケダの企業風土はやや保守的で、「上司の言うことに黙って従っていればいい」というような風潮も少なからずうかがえました。だから、自分たちと違う考え方ややり方は、“間違っている”ことになってしまうわけです。

グローバル化を進めていく過程で、当初は海外でも、あるいは外国人に対しても、そういうスタンスをとっていたので、なかなかうまくいきませんでした。違うというだけで間違いと断じて排除するのではなく、まずはその違いを受けとめてみるべきでしょう。受けとめたうえで新しいと思ったら、柔軟に取り入れたほうがいいし、やはりおかしいと思ったら、相手を説得して自分の思う方向に導いたほうがいい。そのあたりをいち早く察知し、いろいろな引き出しの中から相手や状況に応じたソリューションを臨機応変に使える――すなわちダイバーシティ&インクルージョンの資質こそが、グローバル人材やグローバル人事のコンピテンシーとして最も重要だと、私は考えています。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事にコメントする

この記事に対するご意見・ご感想のコメントをご投稿ください。
※コメントの投稿をするにはログインが必要です。

※コメントのほか、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)がサイト上に公開されます。

※投稿をしたコメントは、『日本の人事部』事務局で確認後、掲載されます。投稿後すぐには掲載されませんので予めご了承ください。

となりの人事部のバックナンバー

スターバックス コーヒー ジャパン 株式会社:
顧客を感動させるサービスは従業員の「内発的動機」から生まれる 
マニュアルのないスターバックスは、なぜエンゲージメントを高められるのか(後編)
3万3千人を超えるパートナー(従業員)のうち、約8割がアルバイト。若手のスタッフも多いスターバックスではエンゲージメントを重視して、仕事や組織を自分ごと化し、顧...
2017/09/14掲載
スターバックス コーヒー ジャパン 株式会社:
顧客を感動させるサービスは従業員の「内発的動機」から生まれる 
マニュアルのないスターバックスは、なぜエンゲージメントを高められるのか(前編)
店内に入ると、明るくにこやかに迎えてくれる店員たち。何を注文しようか迷っていると、おすすめのドリンクやおいしい飲み方をアドバイスしてくれる。注文したドリンクを待...
2017/09/07掲載
株式会社クレディセゾン:
がんとともに生きていく時代 
社員が治療と仕事を両立するために人事ができることとは(後編)
36歳の時に乳がんと診断され、手術を受けた後、職場に復帰した経験の持ち主である、株式会社クレディセゾン取締役の武田雅子さん。前編では、ご自身の経験から、がんと診...
2017/08/21掲載

関連する記事

「グローバル化」推進のポイントがわかる記事14選
現在、日本企業の多くがグローバル展開を進めています。人材の面からそれらの事業を支えるのが人事の役割ですが、人事部門のグローバル化や、社員の語学力向上、グローバル...
2017/07/04掲載『日本の人事部』編集部 厳選記事
強い企業ではなく、変化できる企業が生き残る。
2020年以降を見据えたグローバル人材マネジメントの実現に向けて
日本企業の海外売上比率が高まっているが、一方でグローバル人材の育成やマネジメントには、まだ多くの課題が残されている。いま人事はどのような投資を行い、どのような方...
2017/06/08掲載注目の記事
武田薬品工業株式会社:
人事はビジネスに貢献する戦略的パートナー
タケダのHR改革に学ぶグローバルマインドセットとは(前編)
武田薬品工業は235年以上の長い歴史を持つ日本最大手の製薬企業ですが、約3万人いる従業員のうち、日本人が占める割合は何と2割しかありません。国内の企業では類を見...
2017/04/17掲載となりの人事部
ワーク・ライフ・バランスとは何か?
「仕事と生活の調和が実現した社会」の指針となるワーク・ライフ・バランスへの取り組みとは?近年社会に認知されてきた背景と現状について考察する。
2017/03/31掲載よくわかる講座
ユニ・チャーム株式会社:
「共振の経営」を実現する「共振人材」はいかに生まれるのか
社員の自律的行動を促す“ユニ・チャーム流”人材育成術(後編)
ユニ・チャームでは創業者による「トップダウン型経営」から、「共振の経営」へと経営スタイルを大きく変革しましたが、その際に重要なポイントとなったのが「SAPS手法...
2016/12/21掲載となりの人事部
マインドセットを促し、早期戦力化を実現する! 新人研修特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

記事アクセスランキング

注目コンテンツ


『日本の人事部』管理職育成特集

管理職育成のための多彩なプログラムをご紹介。



『日本の人事部』新人研修特集

社会人としての基礎固めと早期戦力化を促すプログラムをご紹介


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


求人に特化した検索エンジンIndeedで自社採用HPへの集客を高め、「自立した採用力」を促す

求人に特化した検索エンジンIndeedで自社採用HPへの集客を高め、「自立した採用力」を促す

「企業が自社の「採用力」を高めていくためには、“自立した採用力”こそが...


世界の有力ビジネススクールも大注目!<br />
「内省と対話」でミドルマネジャー再生のモデルケースを創る

世界の有力ビジネススクールも大注目!
「内省と対話」でミドルマネジャー再生のモデルケースを創る

会社の休み時間に、同じような経験や悩みを持つマネジャーが自主的に集まり...