企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】オープンスペーステクノロジー オープンスペーステクノロジー

「オープンスペーステクノロジー」(OST)は、関係者が一堂に会して話し合うホールシステム・アプローチの代表的な手法です。大まかなテーマに沿って、参加者自らが解決したい問題や議論したい課題を提示、進行の段取りも自主的に決めるなど、個人の主体性を重視することで参加者のコミットメントを最大限に引き出すのが特徴です。OSTは、参加人数の多少にかかわらず、生産的かつ創造的なミーティングやカンファレンスを実施し、集合的意思形成に向けた取り組みを促します。
(2011/12/26掲載)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

オープンスペーステクノロジーのケーススタディ

はじまりは“コーヒーブレーク”
本音を共有し合える話し合いの場作りを

会議中の議論は低調で退屈だったのに、打ち切ってブレークを入れた途端、がぜん本音トークで盛り上がった──。誰にでもそんな経験があるでしょう。何を、どう決めるか、検討課題や進行手順まであらかじめ細かく設定され、結論が読めるような予定調和の会議よりも、むしろリラックスした雰囲気の中で誰かがふと提起した話題のほうがメンバーの関心を集め、本音の話し合いを導きやすいものです。

OSTの提唱者であるハリソン・オーウェン氏も、1985年に行われたある会議で、参加者全員が最も充実していたと振り返った瞬間がコーヒーブレークだったという事実に着目。そこに見られる高い相互作用や創造性、リラクゼーションをシステムとして再現し、公式な話し合いの場に取り入れることはできないかと考えました。同氏はかつて西アフリカのある村に滞在した経験から、ヒントを得たといいます。その村の部族では何かを決めるとき、人々が必ず車座になって話し合っていました。OSTを実施する際も、参加者の座席配置は円形が基本。“車座”になることによって、場の中心を認識し、互いに顔を見合わせ、発言の順番や順位を無くし、立場や上下関係から参加者全員を解放することができるからです。

OSTの基本原理では、「参加者がすべてを自由意思で選択する」ことを何よりも重視します。したがってOSTによるミーティングやカンファレンスの参加者は、始まるまでアジェンダを知りません。アジェンダはそれを持っている参加者自身が提案するのです。議論したいテーマとセッション(少人数に分かれての会議)の時間帯、場所を紙に書いて張り出し、他の参加者はそれを見て、参加したいセッションを選びます。進行手順などに制約はなく、テーマに対して自由にお互いの“本音”を交換します。参加したセッションが面白くないと感じれば、ほかのテーマの会議に移ることも自由です。

OSTの手法はもはや先端的、実験的なものではありません。企業や部門のビジョンを策定したり、職場の構造的な問題を解決したりといった長期的かつ根本的なテーマの合意形成に有効とされています。P&GやIBM、イケアといった多くのグローバル企業で導入されているほか、世界各国の行政、教育、NPOなどで活用され、高い成果を上げています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい

立ち会議
「立ち会議」とは、文字どおり、参加者が立って行う短時間の会議や打ち合わせのこと。「スタンディング会議」「スタンドアップ・ミーティング」とも呼ばれます。あらかじめ会議室などを確保してメンバーを招集するやり方ではなく、必要な関係者が必要に応じてオフィスの一角に集まり、起立したまま時間を区切って、必要な要...
フューチャーサーチ
「フューチャーサーチ」とは、ホールシステム・アプローチと呼ばれる、大規模なダイアローグ(対話)を通じた組織開発の方法論の一つで、テーマに係わるさまざまなステークホルダー(利害関係者)が一堂に会し、対立や利害の不一致を超えて、より望ましい未来への合意とアクションを探求するためのファシリテーションの技法...
ファシリテーション
「ファシリテーション」(facilitation)とは、集団や組織において、対立しがちで相互理解や合意形成の難しい問題の解決を支援し、参加者の協働や活性化を促すことにより、事がうまく運ぶように舵取りをすることをいいます。狭義には「会議を効果的・効率的に運営するための働きかけ」と解釈され、ビジネスシー...

関連する記事

第20回 国際女性ビジネス会議
2015年7月26日(日)、東京・台場で「第20回 国際女性ビジネス会議」が開催されました。同会議は1996年から毎年開催されているもので、記念すべき20回目となった今回は、30~40代の働く女性を中心に1100人を超える方々が参加。60名を超える豪華講師陣を...
2015/09/25掲載イベントレポート
最近のマネジメント・管理職研修の「事例」
求められる役割が多様化、複雑化している近年の管理職であるが、大切なのは自社の管理職に対して具体的に何を求め、何を目的とした研修を行うのかを明確にし、プログラムを企画することである。以下、目的を絞り込んだ管理職研修のケースを紹介する。
2016/06/10掲載よくわかる講座
「本音」を語ってくれない求職者 心の壁を崩すために必要なこととは
転職を希望する理由は人によってさまざまです。表向きの理由は「キャリアアップしたい」「やりがいのある仕事をしたい」といったように前向きでも、突き詰めれば「年収をアップさせたい(お金が欲しい)」「仕事ができる人と思われたい(カッコよくなりたい)」といった欲望が背景...
2012/08/06掲載人材採用“ウラ”“オモテ”

関連するキーワード

テレワーク特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

3,650社が活用!業界唯一の統合型eラーニング タレントパレット

50音・英数字で用語を探す

新着用語 一覧

注目コンテンツ


テレワーク特集

「テレワーク」のメリット・デメリットを整理するとともに、導入プロセスや環境整備に必要となるシステム・ツール、ソリューションをご紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


「グロービス学び放題」導入で公募研修の受講者が増加<br />
“自発的に学ぶ”企業文化を醸成

「グロービス学び放題」導入で公募研修の受講者が増加
“自発的に学ぶ”企業文化を醸成

急速に変化する市場環境の中で競争力を維持・向上させていくためには、人材...


「見える化」による効果検証で テレワーク導入をスムーズに実現<br />
西部ガスが取り組む“業務・ワークスタイル改革”とは

「見える化」による効果検証で テレワーク導入をスムーズに実現
西部ガスが取り組む“業務・ワークスタイル改革”とは

福岡市に本社を構える西部ガス株式会社は、「働き方改革」の一環としてテレ...