無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

既に会員の方は
こちらからログイン

ログイン

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

【ヨミ】オープンスペーステクノロジー オープンスペーステクノロジー

「オープンスペーステクノロジー」(OST)は、関係者が一堂に会して話し合うホールシステム・アプローチの代表的な手法です。大まかなテーマに沿って、参加者自らが解決したい問題や議論したい課題を提示、進行の段取りも自主的に決めるなど、個人の主体性を重視することで参加者のコミットメントを最大限に引き出すのが特徴です。OSTは、参加人数の多少にかかわらず、生産的かつ創造的なミーティングやカンファレンスを実施し、集合的意思形成に向けた取り組みを促します。
(2011/12/26掲載)

オープンスペーステクノロジーのケーススタディ

はじまりは“コーヒーブレーク”
本音を共有し合える話し合いの場作りを

会議中の議論は低調で退屈だったのに、打ち切ってブレークを入れた途端、がぜん本音トークで盛り上がった──。誰にでもそんな経験があるでしょう。何を、どう決めるか、検討課題や進行手順まであらかじめ細かく設定され、結論が読めるような予定調和の会議よりも、むしろリラックスした雰囲気の中で誰かがふと提起した話題のほうがメンバーの関心を集め、本音の話し合いを導きやすいものです。

OSTの提唱者であるハリソン・オーウェン氏も、1985年に行われたある会議で、参加者全員が最も充実していたと振り返った瞬間がコーヒーブレークだったという事実に着目。そこに見られる高い相互作用や創造性、リラクゼーションをシステムとして再現し、公式な話し合いの場に取り入れることはできないかと考えました。同氏はかつて西アフリカのある村に滞在した経験から、ヒントを得たといいます。その村の部族では何かを決めるとき、人々が必ず車座になって話し合っていました。OSTを実施する際も、参加者の座席配置は円形が基本。“車座”になることによって、場の中心を認識し、互いに顔を見合わせ、発言の順番や順位を無くし、立場や上下関係から参加者全員を解放することができるからです。

OSTの基本原理では、「参加者がすべてを自由意思で選択する」ことを何よりも重視します。したがってOSTによるミーティングやカンファレンスの参加者は、始まるまでアジェンダを知りません。アジェンダはそれを持っている参加者自身が提案するのです。議論したいテーマとセッション(少人数に分かれての会議)の時間帯、場所を紙に書いて張り出し、他の参加者はそれを見て、参加したいセッションを選びます。進行手順などに制約はなく、テーマに対して自由にお互いの“本音”を交換します。参加したセッションが面白くないと感じれば、ほかのテーマの会議に移ることも自由です。

OSTの手法はもはや先端的、実験的なものではありません。企業や部門のビジョンを策定したり、職場の構造的な問題を解決したりといった長期的かつ根本的なテーマの合意形成に有効とされています。P&GやIBM、イケアといった多くのグローバル企業で導入されているほか、世界各国の行政、教育、NPOなどで活用され、高い成果を上げています。

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

会員登録はこちら

既に日本の人事部会員の方は、ここからログイン

この記事をおススメ

(情報未登録)さんのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。
※コメント入力は任意です。

おススメ
コメント
(任意)
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

コメントを書く

(情報未登録)さんのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。

コメント
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

問題を報告

ご報告ありがとうございます。
『日本の人事部』事務局にて内容を確認させていただきます。

報告内容
問題点

【ご注意】
・このご報告に、事務局から個別にご返信することはありません。
・ご報告いただいた内容が、弊社以外の第三者に伝わることはありません。
・ご報告をいただいても、対応を行わない場合もございます。

あわせて読みたい

関連する記事

関連するキーワード