企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ
となりの人事部人事制度掲載日:2017/03/01

プロクター・アンド・ギャンブル・ジャパン株式会社:
P&Gは「スキル」に着目したプログラムを、なぜ他社に無償で提供するのか?――「ダイバーシティ&インクルージョン啓発プロジェクト」発足の背景と活動内容とは(前編)

プロクター・アンド・ギャンブル・ジャパン株式会社 ヒューマン・リソーシス マネージャー

小川 琴音さん

プロクター・アンド・ギャンブル・ジャパン株式会社 ヒューマン・リソーシス マネージャー 小川 琴音さん

プロクター・アンド・ギャンブル・ジャパン(P&Gジャパン)株式会社は、ほかの日本企業に先んじて、25年前という早い段階からダイバーシティを推進してきた、ダイバーシティ先進企業です。長期にわたる取り組みを経て、最終的に「ダイバーシティ&インクルージョン」には「スキル」が必要だ、という結論に行き着きました。その「スキル」を身につけることができるトレーニングを社内で開発。2016年、これまで自社の社員に受講させていた、そのトレーニングを他社に無償で提供することを決めました。それが「ダイバーシティ&インクルージョン啓発プロジェクト」です。そのプロジェクトの意義と革新性が評価され、日本の人事部「HRアワード2016」では企業人事部門 特別賞を受賞しました。同社が導き出した「ダイバーシティ&インクルージョン」の「スキル」とは、どのようなものなのでしょうか。また、その「スキル」を教えるトレーニングを、なぜ他社に無償で提供するのでしょうか。今回は、P&Gジャパン ヒューマン・リソーシス マネージャーの小川琴音さんにインタビュー。前編では、まず、P&Gジャパン社内のダイバーシティ&インクルージョンの取り組みの変遷とその具体的な内容について迫ります。

Profile
小川 琴音さん
小川 琴音さん
プロクター・アンド・ギャンブル・ジャパン株式会社
ヒューマン・リソーシス マネージャー

おがわ・ことね●2011年東京大学経済学部経営学科卒業後、新卒で入社。研究開発部門の担当人事として約1年半就事。その後、人材採用・ 開発部門にて新卒採用と社内トレーニング開発・運用を担当。2014年より広報部門・IT部門・消費者市場戦略部門の部門担当人事を担当し、2015年に産休・ 育児休職取得。復職後、休職前と同じ部門担当人事を担当しつつ、コーポレート・ダイバーシティ・アンド・インクリュージョン、東京オフィス担当人事を兼任し、現在に至る。

「ダイバーシティ」は「インクルージョン」とセットでなければ意味がない

このたびは、日本の人事部「HRアワード2016」企業人事部門 特別賞の受賞、誠におめでとうございます。

ありがとうございます。多くの人事の皆さまから評価していただき、大変光栄です。今後も社内だけでなく、日本社会におけるダイバーシティ推進に貢献していきたいと考えています。

受賞された「ダイバーシティ&インクルージョン啓発プロジェクト」についてお聞きする前に、まず、御社の根本的な人事・HRに関する思想や取り組みについてお教えいただけますか。

当社の人事・HRは「ビジネスを伸張させること」を最大のミッションとしています。組織構造としては、コーポレートHR(プラクティス)部門と組織付きの人事の二つに分かれていて、私は二つを兼任しています。コーポレートHR部門は文字通り、全社的な人事戦略を立案し、実行します。組織付きの人事は、各部門の社員の声を吸い上げ、リーダーと一緒に戦略を考え、実行します。いわばトップダウンとボトムアップの両方にかかわるのが当社の人事だと言えます。

プロクター・アンド・ギャンブル・ジャパン株式会社 ヒューマン・リソーシス マネージャー 小川 琴音さん

また、当社では「内部昇進制」を採っています。「組織の構築を内部からの昇進によって行い、個々人の業績のみに基づき社員を昇進させ、報奨する」というものです。優秀な人材を採用し、内部で育成し、昇進させていく。同時に将来のリーダーを育てていく。このようにして、組織を強くし、ビジネスを伸張させ、業績を上げていくことに注力しています。

その上で、今回受賞されたプロジェクトにつながる「ダイバーシティ&インクルージョン」への御社の取り組みについてお聞きします。御社では、必ず「ダイバーシティ」と「インクルージョン」をセットの言葉として使っていますね。

はい。「ダイバーシティ」は組織が持つ多様性のことを指します。しかし、多様性がある状態だけでは意味がありません。ビジネスにつなげるためには「インクルージョン」(お互いの多様性を認め、受け入れ、生かし合うこと)が必要です。多様性を受け入れて生かすことで、どのように生産性を向上させ、イノベーションを起こし、業績を上げるのか。そこが重要です。


記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

となりの人事部のバックナンバー

ライオン株式会社:
人事部門が社員を「学ばせる」研修はもう終わり
自律的な学びを後押しする「ライオン・キャリアビレッジ」の効果とは
eラーニングなどの仕組みを作っても、使われなければ意味がありません。Edテックという概念もあるように、昨今は学び方が多様化していますが、ベースになるのは本人の主...
2020/08/07掲載
株式会社オカムラ:
人事部だけでなく社員全員が参加して現状を変えていく
働き方改革を自分ごと化するオカムラの「WiL-BE」
働き方改革は、誰が旗振り役を担うべきなのか? そう問われれば多くの人は「人事だ」と答えるでしょう。しかし現実には、人事が知恵を振り絞って制度を導入しても、現場で...
2020/07/22掲載
株式会社村田製作所:
応募者の入社意欲や面接満足度をどう高めればいいのか
テクノロジーで採用面接のコミュニケーションを“見える化”した村田製作所の取り組み
人材の採用難が深刻化する中、採用力強化に直結する「面接力の向上」を課題とする企業は少なくありません。しかし、面接官と応募者が閉じられた空間で対面し、定性的なレビ...
2020/02/25掲載

関連する記事

プロクター・アンド・ギャンブル・ジャパン株式会社:
P&Gは「スキル」に着目したプログラムを、なぜ他社に無償で提供するのか?――「ダイバーシティ&インクルージョン啓発プロジェクト」発足の背景と活動内容とは(後編)
日本の人事部「HRアワード2016」で企業人事部門 特別賞に輝いた、P&Gジャパン。前編では、「ダイバーシティ&インクルージョン」先進企業である同社が早い時期か...
2017/03/08掲載となりの人事部
島田由香さん:
人事は世の中でもっとも面白い仕事 注目の新制度「WAA」に込めた、
人と組織への熱く深い思いとは(後編)
日本の人事部「HRアワード2016」企業人事部門 個人の部 最優秀賞に輝いた、ユニリーバ・ジャパン・ホールディングス取締役人事総務本部長の島田由香さん。働く場所...
2017/02/23掲載キーパーソンが語る“人と組織”
島田由香さん:
人事は世の中でもっとも面白い仕事 注目の新制度「WAA」に込めた、
人と組織への熱く深い思いとは(前編)
ユニリーバ・ジャパン・ホールディングスでは、誰もがそれぞれのライフスタイルを継続して楽しむことで、自分らしく働き、生産性を高められるよう、働く時間・場所を社員が...
2017/02/16掲載キーパーソンが語る“人と組織”
株式会社アサツー ディ・ケイ:
応募者に「どんな人と、どう働きたいか?」というリアルなイメージを喚起
新卒採用活動の既成概念をリセットし、応募者と社員の相互理解を図る「相棒採用」とは(後編)
「コンシューマー・アクティベーション(消費者に行動を起こさせる)」をビジョンに掲げる、大手広告会社アサツー ディ・ケイ。クライアントの成長に貢献し続ける企業姿勢...
2017/02/13掲載となりの人事部
株式会社アサツー ディ・ケイ:
応募者に「どんな人と、どう働きたいか?」というリアルなイメージを喚起
新卒採用活動の既成概念をリセットし、応募者と社員の相互理解を図る「相棒採用」とは(前編)
グローバルレベルで繰り広げられる厳しいビジネス競争に打ち勝つために、多くの企業が新卒採用に力を注いでいます。大手広告会社のアサツー ディ・ケイでは、従来からの採...
2017/02/06掲載となりの人事部

最新の人事部の取り組みやオピニオンリーダーの記事をメールマガジンでお届け。

「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

記事アクセスランキング

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


優秀な人材の流出を未然に防ぐ ~リテンション・マネジメントの最新技術とは~

優秀な人材の流出を未然に防ぐ ~リテンション・マネジメントの最新技術とは~

「日本は雇用の流動性が低い」とよく言われます。「流動性が低いことは問題...