企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

となりの人事部
日本の人事部「HRアワード2015」受賞者インタビュー
第67回SCSK株式会社

やるだけでなく、やりきる仕組み
“働き方改革”でIT業界の常識を覆す
SCSKの「スマートワーク・チャレンジ」とは(後編)
[ 2/3ページ ]

執行役員 人事グループ副グループ長 河辺 恵理さん
2016/01/14

奇をてらうより、ふつうの施策をふつうにやりきることが大切

―― ところで、IT業界では、技術者などが客先に常駐するケースも少なくありません。そういう社員の場合、自ら主体的に働き方を改善しようと思っても、難しいのでは?

おっしゃるとおりです。SCSKではいま、全体で5900人のIT技術者のうち、約2000人がお客さまのサイトで、開発や運用保守の仕事をしています。大手金融機関などのお客さまの場合、たいてい弊社以外にSIが3社ぐらい入って、先方に常駐しているので、そういう状況下でスマチャレ、といってもなかなか伝わりません。現場の管理者の方から「SCSKさんだけ帰るの?」「休むの?」と言われてしまう可能性があります。実際、スマチャレの1年目にはそういうことがかなりあったようです。そこで、お客さまのご理解をいただくために、中井戸自らが手紙を書きました。その手紙を各本部長がお客さまの役員のもとへ持参し、ご協力をお願いしたのです。その結果、徐々に働き方改革への理解が広がり、いまでは「うちも働き方を見直さなくては」と共感してくださるお客さまもいらっしゃいます。スマチャレ2年目になると、お客さまの温度感も変わってきました。そして、このグラフ(図3)が、働き方改革に取り組んできたSCSKの4年間の軌跡です。

図3:働き方の改善に向けて
働き方の改善に向けて

―― 7~9月に期間限定で「残業半減運動」(※前編参照)に取り組んだ12年度は、その期間だけ残業削減が進んだものの、結局、期間が終わると、改革前の水準まで戻ってしまったんですね。

そうです。残念な結果に終わりました。ところが、現在のスマチャレの方法に変えて、トップのメッセージ発信やポータルサイトの開設といった工夫を仕掛けてみたら、どうなったか。青いラインを見てください。前年と比べて、全体的に下回っているだけでなく、繁忙をきわめる期末にさえあまり戻っていません。そして昨年の推移が緑のライン。4月にいきなり20時間を切って、18時間台から始まったので、人事としてはてっきり「モグリ残業が増えたんじゃないか」と、そう疑ったくらいです。ところが、各部長にヒアリングしてみると、みんな異口同音に「去年はいきなりだったから難しかったけれど、今年は大丈夫。ちゃんと始めていますよ」ということでした。

―― スマチャレにおける各部門の実施施策の内容については、河辺さんを始め、人事部は直接関与されていませんが、現場の取り組みをどうご覧になっていたのですか。

河辺恵理さん インタビュー風景

実は人事部もスマチャレ1年目は、現場で何が行われているのか、よくわかっていませんでした。1年目が終わったタイミングで、「スマチャレ特別表彰」というものを創設し、いい活動や取り組みを組織単位で募集したところ、かなりの数が集まりました。そこでやっと人事としても、現場がどうやってスマチャレを進め、目標を達成していったのかが、把握できました。その中で最優秀賞として表彰した取り組みが、三つあります。一つ目は「誰もが『スマチャレ係長』!」というもので、くじ引きで決めた「スマチャレ係長」がメンバー全員の残業申請の妥当性をとことん突き詰めたり、可否を課長に仰いだりして決定するという取り組み。「スマチャレ係長」はメンバーからの残業申請を受けると、「この残業は無駄では?」「やめられませんか?」と食い下がり、削減の可能性を探るわけです。コミュニケーション施策の一つといっていいでしょう。二つ目は「深夜残業が発生する場合は部長の携帯宛にメールを送り、判断を仰ぐ」や「提案書・設計書の作成時は上長があらかじめ目的や内容を明確に指示し、手戻りを防ぎ、成果物の共有や再利用を推進する」といった内容が中心の取り組み。三つ目は、毎日の昼休み後にPL・リーダーによる「昼会」を実施するとともに、残業削減で得た時間を有効活用し、自己研さんや勉強会の機会を多く持って知識不足を補うという取り組みでした。実は、人事部による当初の選考では、2番目、3番目は最優秀賞ではありませんでした。

―― なぜ、最優秀ではなかったのですか。

中井戸にも同じことを聞かれました。われわれとしては、内容があまりにも当り前だったので選ばなかったのですが、中井戸はこう言いました。「普通のことを継続してやり切ることがすごく重要であり、この部署は普通のことを普通にやりきっただけで、残業を大幅に削減し、有休取得も増やしている。だから、やり切ったという一点において最優秀なんだ」と。二つ目、三つ目の取り組みも、そうした趣旨から最優秀賞として特別表彰しました。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事にコメントする

この記事に対するご意見・ご感想のコメントをご投稿ください。
※コメントの投稿をするにはログインが必要です。

  • 1

1件中 11件を表示

1. 梅の花さん 情報処理・ソフトウェア 東京都
残業減に取り組む時、お客様の先で仕事をしている社員たちの残業が常に問題になります。SCSKさんの取組は会社としての本気度がつたわりました

※コメントのほか、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)がサイト上に公開されます。

※投稿をしたコメントは、『日本の人事部』事務局で確認後、掲載されます。投稿後すぐには掲載されませんので予めご了承ください。

となりの人事部のバックナンバー

個の多様性を広げ、働き方を変えるきっかけに
日本ユニシスの「目標値なし」「男女問わず」の育児休暇推進
女性活躍推進法が2016年4月に完全施行されて以来、多くの企業が女性に関する目標値を掲げ、ジェンダーギャップの是正に取り組んでいます。女性の活躍推進とセットで進...
2019/08/08掲載
新卒採用で会社を変える、業界を変える
徹底した「社員第一主義」を貫く、国際自動車の若手採用・育成の極意
ここ数年、新卒就職は売り手市場が続いています。国の調査では、2019年3月大学卒業予定者の就職内定率は77.0%。1997年の調査開始以来、同時期で過去最高を記...
2019/07/11掲載
人生100年時代をどう生きるか?
ソニーによるベテラン社員のキャリア支援施策「キャリア・カンバス・プログラム」
現在、多くの企業が社員のキャリア開発に取り組んでいますが、多くは若手・中堅社員を対象としたもの。ベテラン・シニア社員のキャリア支援を行っている企業は、まだ少ない...
2019/03/18掲載

関連する記事

テレワークに必要な労働時間把握と、コミュニケーション支援ツール導入のプロセスを大解剖!
~NECソリューションイノベータが取り組む 働き方改革 3本の矢~
2018年7月に公布された「働き方改革関連法」が、2019年4月から大企業を皮切りに順次施行されます。その改革の中で「労働基準法」が改正、多くの企業で「時間外労...
2019/03/20掲載注目の記事
【解説】働き方改革で導入が進む?「テレワーク」ガイドラインの変更点と実務対応
2017年度、厚生労働省が開催した「柔軟な働き方に関する検討会」で取り上げられた「テレワークガイドライン」(正式には「情報通信技術を利用した事業場外勤務の適切な...
2018/07/11掲載人事・労務関連コラム
ビジネスの競争環境が大きく急速に変化していく中、
人事がその変革のエージェントとして経営を支援していく
急速なデジタル技術革新、グローバルな競争環境の一層の多極化、働く人々の意識の多様化などから、ビジネスの構造そのものが大きく変化しようとしています。加えて、これま...
2018/03/01掲載注目の記事
荻島 浩司さん(株式会社チームスピリット 代表取締役社長):
思い切った事業の構造改革によって生み出された
働き方改革プラットフォーム「TeamSpirit」
「働き方改革」の必要性が叫ばれ、日本社会では長時間労働の見直しや生産性の向上が重要課題となっています。そんな中、「労働者一人ひとりが仕事の効率を上げることだけが...
2018/01/31掲載HR業界TOPインタビュー
強い企業ではなく、変化できる企業が生き残る。
2020年以降を見据えたグローバル人材マネジメントの実現に向けて
日本企業の海外売上比率が高まっているが、一方でグローバル人材の育成やマネジメントには、まだ多くの課題が残されている。いま人事はどのような投資を行い、どのような方...
2017/06/08掲載注目の記事
【用語解説 人事キーワード】
勤務間インターバル規制

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


ITエンジニアの「最適育成」と「最適配置」 ~スキル可視化が生み出した新しい可能性~

ITエンジニアの「最適育成」と「最適配置」 ~スキル可視化が生み出した新しい可能性~

ITエンジニアのスキルの細分化、高度化が進み、人事が知りたい「実務力」...


成果を生み出す 従業員「エンゲージメント」の主要10ステップとは?

成果を生み出す 従業員「エンゲージメント」の主要10ステップとは?

アジアを中心とした新興国市場の拡大に伴い、外国人従業員の採用、グローバ...