企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

学校法人立教学院:
立教学院が取り組む、学校職員の能力開発を促す
「リーダーシップ研修」とは(後編)

人事部人事課

原 正福さん

『前編』では、大学を取り巻く環境変化の下、立教大学が職員の能力開発を進めていくようになった背景と取り組みについて伺いました。『後編』では、職員の現場力を高めるために「質問会議」(※1)というアクションラーニングの手法を用いた「リーダーシップ研修」をいかに実施しているのか、詳しいお話を伺いました。(※1)「質問会議」は株式会社ラーニングデザインセンターの登録商標です。
(※1)「質問会議」は株式会社ラーニングデザインセンターの登録商標です。

Profile
原 正福さん
原 正福さん
学校法人立教学院 人事部人事課

はら・まさよし ●1976年生まれ。立教大学社会学部卒業後、1999年に住友銀行(現・三井住友銀行)入行。パソナキャレントを経て、2004年10月に学校法人立教学院へ入職。2012年5月まで、リサーチ・イニシアティブセンターに配属。科学研究費助成事業から産学連携・知的財産まで幅広く研究支援業務に従事する。2012年6月に人事部人事課に異動し、職員人事(主に採用・研修)を担当。

なぜ「ワークショップ」を導入したのか?

 「リーダーシップ研修」を導入した経緯についてお聞かせください。

原正福さん Photo

研修制度をより充実させる方法として、以前から「知の宝庫」である大学内のリソースを活用した研修の実施を考えていました。特に関心を持っていたのが、経営学部の「ビジネス・リーダーシップ・プログラム」(以下、BLP)です。BLPは、中央教育審議会大学部会の答申「予測困難な時代において生涯学び続け、主体的に考える力を育成する大学へ」において、唯一固有名詞で紹介されるなど、学内外で高い評価を得ているものです。「リーダーシップ」の修得が核となっていますが、ここで言う「リーダーシップ」は、権限やカリスマ性がなくても成果目標に向かって周囲の人を巻き込みながら成果を出すスキルとして、誰でも修得可能なもの。幸運なことに、BLPを担当する日向野幹也教授が、この活動を大学全体の教育プログラムへと波及させるために、本学で実施している「立教GP」(※2)に「立教リーダーシップ・プログラム」を申請し、採択を受けていました。そこで、同プログラムの実施計画にある教職員に対する研修の実施について相互に有効な方法がないかを検討し、まずは実験的な取組みとして、2014年2月に「リーダーシップワークショップ」を開催することになりました。

「リーダーシップワークショップ」という形にしたのは、いきなり正規な「研修」として導入することが難しかったからです。こうした研修は前例がありませんでしたし、次の展開を考えて、できるだけ早く実現したいという思いがありました。大学のような組織では、決まった枠組みの中に異質なモノが入ってくると、それだけで拒否反応があります。しかし、このワークショップを一度行ったことにこそ、大きな意味があります。大学は前例踏襲型の組織なので、それを逆手に取れば、「前回うまくいったから今回も開催したい」と言うと、スムーズに事が運びます。ポイントは、前例の作り方です。まずは正規の研修ではなく、あくまでも任意の活動で、希望者だけを募って開催する。そして、参加者から「良かった」という成果を引き出す。成果を上げれば、それを前例として正規のプログラムにステップアップすることができます。大学のような組織では、こうした根回しが重要です。

(※2)立教大学教育活動推進助成(Rikkyo University Promotional Fund for Good Educational Practice)の略称。学内の教育活動を奨励するために2009年度に発足した制度。各研究科・学部・事務部局において行なわれている取組をさらに発展するよう奨励し、また大学全体の財産として共有する立教大学独自の仕組み。

 これは、民間企業でも通じるやり方のように思います。

ワークショップには30人の定員枠を設けましたが、30代の若手職員を中心にすぐに埋まりました。まず、日向野先生によるリーダーシップに関する講義が行われ、社会のさまざまな変化に対応し、組織内での変化(イノベーション)を作り出すためには、組織の一人ひとりが発揮する「権限なきリーダーシップ」が必要であることを学びました。実用的なリーダーシップスキルとして「質問力」が挙げられ、自らの内で留めていた問題を他者に質問の形で提示することで他者を巻き込むことができる点、上司に対しての提言は煙たがられるが質問であれば受け入れてもらえることが多い点がリーダーシップにつながるとわかりました。

原正福さん Photo

続いて質問力によるリーダーシップを体感するために、アクションラーニングの手法の一つである「質問会議」を行いました。「質問会議」とは、質問とその質問に対する答えだけで会議を進めていくものです。当日は参加者が5~6名のグループに分かれて、なるべく直近の課題で、自分が解決したいと思っていることを出し合いました。日向野ゼミの学生が各グループにコーチとして付き、会議の進行を担当。メンバーの一人が抱える問題について、メンバー全員が相互に質問をしていくことで会議を進め、グループ全員で問題を再定義し、解決のための行動計画を考えました。

「質問会議」では、まず何を質問しようかと考えるために、相手の課題に対してコミットしていかないと良い質問ができません。そのため、相手の課題を自分の課題のように捉えることができるようになるというメリットがあります。つまり、当事者意識の自覚です。また、上下関係なく質問することができます。これは、課題を明確にするというプロセスで、非常に有効なアプローチです。その結果、皆がリーダーシップを発揮することができるようになります。

学生や教員だけでなく、さまざまなステークホルダーの意見を聞き、それを実現していくことは職員の役割です。その意味からも、質問をするということは、職員にとって非常に重要なスキルとなります。また、質問をしていくことで、チームワークが形成されていくという、組織の作り方(チームビルディング)の参考にもなります。


記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

となりの人事部のバックナンバー

株式会社村田製作所:
応募者の入社意欲や面接満足度をどう高めればいいのか
テクノロジーで採用面接のコミュニケーションを“見える化”した村田製作所の取り組み
人材の採用難が深刻化する中、採用力強化に直結する「面接力の向上」を課題とする企業は少なくありません。しかし、面接官と応募者が閉じられた空間で対面し、定性的なレビ...
2020/02/25掲載
キヤノン株式会社:
働き方改革から学び方改革へ
キヤノンが実践する人生100年時代に必要な「変身力」の育て方
人生100年時代に、ビジネス環境の目まぐるしい変化。今や一つのスキルだけで一生食べていける時代ではありません。技術の進歩に応じて、従業員も知識や経験を増やし続け...
2020/02/12掲載
株式会社LIFULL:
「日本一働きたい会社」から「世界最高のチーム」へ
経営理念に命を吹き込む、企業文化のつくり方
日本最大級の不動産・住宅情報サイト「LIFULL HOME'S」を運営する株式会社LIFULL は、2017年3月、リンクアンドモチベーション社主催の「ベストモ...
2019/12/05掲載

関連する記事

人材育成・能力開発制度の実際
人材育成・能力開発の目的・方向性・進め方について、プログラムの考え方と実施のポイントについて解説する。
2017/06/30掲載よくわかる講座
今日的な社員研修・人材育成の考え方
企業の成長戦略に欠かせない人事育成のポイントとは?
2017/02/28掲載よくわかる講座
ユニリーバ・ジャパン・ホールディングス株式会社:
年齢も役職も関係ない。会社を変革したい人が内省を通してリーダーシップを学ぶ
ユニリーバ・ジャパン・Uリーダーシッププログラム(UJUL)とは(後編)
初めての取り組みに不安や懸念の声もありましたが、島田さんの中にあったユニリーバ・ジャパンという会社組織への愛情と問題意識、そして下から変革を起こし組織を変えてい...
2015/10/27掲載となりの人事部
ユニリーバ・ジャパン・ホールディングス株式会社:
年齢も役職も関係ない。会社を変革したい人が内省を通してリーダーシップを学ぶ
ユニリーバ・ジャパン・Uリーダーシッププログラム(UJUL)とは(前編)
ユニリーバ・ジャパンは、会社に変革を起こしたい人が変革をリードするためのリーダーシップを学ぶ場UJULを2014年に導入。役職や年齢に関係なく、社内公募で集まっ...
2015/10/20掲載となりの人事部
人事マネジメント「解体新書」第82回
「次世代経営リーダー」をいかに育成していけばいいのか(後編)
『前編』は、次世代経営リーダーに関する考え方と、その確保・育成のあり方について見てきた。『後編』では、経営層自らが先頭に立って、新しいマーケットを切り開くために...
2015/04/10掲載人事マネジメント解体新書
【用語解説 人事キーワード】
ハロートレーニング
リベラルアーツ
水平的評価

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

記事アクセスランキング

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


ウィズコロナ時代の働き方改革<br />
デジタルシフトで変わる!店舗が実施した非対面の人材開発、職場コミュニケーションとは

ウィズコロナ時代の働き方改革
デジタルシフトで変わる!店舗が実施した非対面の人材開発、職場コミュニケーションとは

新型コロナウイルスの感染拡大は、店舗事業者に甚大な影響をもたらした。さ...


いま求められる“効率的”人事給与業務とは?(第1回)

いま求められる“効率的”人事給与業務とは?(第1回)

日々激しく変化する、ビジネス社会。企業を取り巻く環境も、厳しさを増して...