企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】リベラルアーツ リベラルアーツ

「リベラルアーツ」とは、人間性を豊かにはぐくむ幅広い知識や物事を深く専門的に追求する上で土台となる基礎的学問の総体、あるいはそれを身につけるための教育手法を指す言葉です。日本語では、一般に教養と訳されます。リベラルアーツの原義は“人を自由にする学問”。もともと古代ギリシアで奴隷と一線を画す市民を育成するための学問として発祥し、その後、言語系3学(文法・論理・修辞)と、数学系4学(算術・幾何・天文・音楽)から成る「自由7科」(セブンリベラルアーツ)として確立、普及しました。リベラルアーツは人としての根幹をつくる学びであり、近年は人材開発の一環として、とくにリーダー育成のための研修などに取り入れる企業が増えています。
(2015/1/8掲載)

リベラルアーツのケーススタディ

グローバル人材に不可欠な人間力を磨く
経営・管理職の8割が学ぶ必要性を認識

古代ギリシアに起源をもつ「リベラルアーツ」の概念は中世のヨーロッパを経て、近代以降、アメリカに継承されました。アメリカには、リベラルアーツ教育に特化した「リベラルアーツ・カレッジ」とよばれる4年制大学があります。数千人程度の小規模校が多く、少人数制の授業によって基礎的な教養と論理的思考力を徹底して習得することに、重点を置いているのが特徴です。リベラルアーツ・カレッジの卒業者数はアメリカの大学卒業者全体の3%にすぎませんが、ある調査によると、全米の企業の最高経営責任者(CEO)の8%がリベラルアーツ・カレッジの出身者であり、アメリカ大統領に至っては、じつにその2割近くを輩出しているといいます。

リベラルアーツを身につけることが、グローバル人材や次世代リーダーに必須の条件であるという認識は、日本企業にも広がりつつあります。リクルートマネジメントソリューションズ組織行動研究所が2014年6月に実施した「経営職・管理職のリベラルアーツ実態調査」によると、従業員500名以上の企業に所属する部長以上の経営職・管理職で、リベラルアーツについて聞いたことがあるという人に、「経営職、管理職で成果をあげる上でリベラルアーツは必要か」を尋ねたところ、「必ず必要だと思う」(14.5%)、 「必要だと思う」(35.1%)、「どちらかといえば必要だと思う」(32.8%)をあわせて、全体の8割強が必要と答えています。

グローバル人材というと、「語学に堪能」「海外経験が豊富」などのイメージが先行しがちですが、多くのトップリーダーが異口同音に指摘するのは、最後にモノを言うのは、人柄も含めた本人の“人間力”だということでしょう。厳しいグローバル競争の現場では、会社の看板や組織の肩書よりも、ときには商品やサービスの品質よりも、一人のビジネスパーソンとしての“個”の資質が問われるからです。リベラルアーツはその個を確立するための教育として、いつの時代も重視されてきました。

また、リーダーであれば、チーム全体に進むべき方向性を明示し、その上で各メンバーとのコミュニケーションや、外部との交渉・折衝を円滑に進めなければなりません。そのためには、論理的な思考力や多様なものの考え方ができる客観性、視野の広さが必須だといわれます。こうした力は一朝一夕で身につくものではないでしょう。リベラルアーツを学ぶことが遠回りのように見えて、じつは最も近道なのかもしれません。

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

あわせて読みたい

リーダーシップ・パイプライン
「リーダーシップ・パイプライン」とは、会社の変革・発展を導くリーダーを組織全体で体系的に育成しようとする考え方です。燃料がパイプラインを流れるように、ボトムからトップまで組織の各階層・世代間でとぎれることなく、連綿とリーダーを輩出するためのしくみづくりを指し、ゼネラル・エレクトリック(GE)をはじ...
CDP(キャリア・ディベロップメント・プログラム)
CDP(Career Development Program)とは、個々の社員のキャリア形成を、中長期的な視点で支援していくためのしくみです。数年先から10数年先のキャリア目標を定め、達成するために必要な能力や経験を計画的に積み重ねていきます。必ずしも教育研修に限られるものではなく、個人の希望や適性...
CHRO
「CHRO」は日本語で最高人事責任者と訳されます。人事に関する一切の責任を負う立場であり、CEO(最高経営責任者)やCFO(最高財務責任者)などとともに、経営幹部の一員として事業運営に携わります。これまでCHROは外資系企業を中心に配置されてきましたが、最近では日本でも役割が重視され、CHROを登用...

関連する記事

3. グローバル人材研修の傾向
一口にグローバル人材研修と言っても、各社が置かれている状況やグローバル戦略に応じて、さまざまな形式や内容がある。最近多く見られるグローバル人材研修の傾向について考える。また、その際に注意したい点にも言及する。
2012/10/24掲載よくわかる講座
2. グローバル人材研修の現状
産業能率大学が実施した「グローバル人材の育成と活用に関する実態調査」を見ると、グローバル展開に伴って、多くの企業が日本人の「グローバルリーダー」「グローバルマネジャー」「ローカルマネジャー」が不足していると回答。グローバル人材を取り巻く状況について整理する。
2012/10/24掲載よくわかる講座
人事マネジメント「解体新書」 第34回 人材育成の費用対効果(ROI)の測り方(前編) 教育の効果測定を出すことは、経営的には当たり前の行為である
厳しい経営環境の中、人事・教育部門には教育コストの抑制と、効果的な教育が求められている。しかし、「教育の費用対効果(ROI)は測ることができない」と、最初から諦めている人材育成担当者は少なくない。どうすれば教育のROIを測ることができるのか。その考え方と方法に...
2010/02/08掲載人事マネジメント解体新書

関連するキーワード

分類:[ 人材開発 ]

注目のキーワード解説をメールマガジンでお届け。

「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

50音・英数字で用語を探す

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。